>
>
>

相手の気持ちがわからない!問題・原因・対処法を解説

相手の気持ち


相手の気持ちが分からない!本当の思いを知る方法-臨床心理士が解説⑤

相手の気持ちを理解しよう

今回が「相手の気持ち」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

コラム①では、相手の気持ちがわからない3つの原因をご紹介しました。

・相手の言葉をそのまま受取ってしまう
・相手に自分の気持ちを伝えていない
・相手の気持ちを考えすぎてしまう

でしたね。相手の気持ちがわからないと、仕事やプライベートでの人間関係が悪くなり、多くの問題を引き起こしてしまいます。しっかり対策していきましょう!

相手の気持ちが分からない問題

相手の気持ちを知る3つの対策

コラム②③④では、相手の気持ちが分からない3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:本音と建て前を見抜く方法
相手の気持ちが分からない1つ目の原因「相手の言葉をそのまま受取ってしまう」の対処法です。相手の気持ちを見抜くために、注目する点が2つありました。

・ 表情(眉間のシワ)
・ 声のトーン

でした。本音が出やすい部分を意識すること、相手の言葉をそのまま受け止めるのではなく、違う可能性を考えることも必要です。コラム②を参考に相手の本音に配慮できる力をつけましょう。

2:自分が先に自己開示
相手の気持ちが分からない2つ目の原因「自己開示不足」の対処法です。自分の気持ちを相手に伝えていないと相手が警戒してしまい心を開いてくれません。まずは自分から積極的に自己開示する事が大切でしたね。練習問題を交えた詳しい解説はコラム③で確認してください。

3:心の読みすぎ(過剰な読心術)をやめる
相手の気持ちが分からない3つ目の原因「相手の気持ちを考えすぎてしまう」の対処法です。断片的な情報から相手の気持ちを悟ってしまう「心の読みすぎ」は悪い方向へ考えて相手との関係性を悪化する可能性もあるため正しい対処が必要です。「時間を決める」「思い切って確認「嫌われる覚悟」が大切でしたね。コラム④をチェックしてみてくださいね。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「相手の気持ち」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!相手の気持ちがわからないことは、決して特別なことではありません。むしろ、誰にでも思い当たることがある悩みかもしれません。

ちょっとしたコツをつかんで、相手がさりげなく出しているサインに目を向けてみましょう。あなたが相手の気持ちを理解し、信頼し合える人間関係を築けるようになることを応援しています。まずは、ご紹介した対処法や練習問題をやりながら、日常生活の中で意識してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★相手の気持ちを知るために3つの方法を活用していきましょう



3つの原因に適切な対処を