>
>
>
飲み会嫌いの対処法!下戸でも楽しめる飲み会略法

 飲み会嫌いの対処法!お酒が飲めない方の飲み会攻略法を紹介⑤

飲み会と上手に付き合おう

コラム④では、飲み会嫌いの対処法の3つ目「飲み会を好きになる考え方」について解説しました。好きになるコツを参考に自分なりの考えをもって飲み会を楽しむようにしてみてくださいね。今回は、飲み会嫌いの対処法の4つ目「下戸でも楽しめる飲み会攻略法」について解説します。

これまでのコラムでもお伝えしてきたように、会社の飲み会にはたくさんのメリットがありますから、お酒が飲めなくてもコツをつかんで、飲み会と上手く付き合っていきましょう。

飲み会嫌いの攻略法

 

下戸でも楽しめる飲み会攻略法!

「お酒が苦手」「お酒が飲めない」といっても、重要な飲み会は断れない場合もあります。せっかく参加するなら楽しみたいですよね。そんな時のために、お酒無しでも楽しむ方法を知っておくとよいでしょう。飲み会の苦手意識が随分軽減できると思います。

お酒が無くても飲み会が楽しめる「下戸でも楽しめる飲み会攻略法」としてポイントを4つご紹介します。

1:とりあえず1杯!ちょびのみ法
実は私(川島)はめちゃめちゃお酒に弱いです。ビール一杯で心臓がバクバクいって、フラフラになってしまうレベルです。そんな私でもとりあえず1杯目はお酒を頼むようにしています。

これはお酒を飲むというより、類似性の原則に沿っている行動です。人間は似たもの同士が仲良くなりやすいので、お酒のため・・・というより、みんなと合わせるために頼んでいる感じですね。

そのうえで、そのお酒を飲むかというと、ほとんど飲んでいません(笑)。ちょびちょび口を付けますが、1ミリぐらいしか飲んでいないので、実は飲んでいるようで飲んでいません。

ですが大概これで、十分乗り切れます。というのもお酒が好きな人はさっさと酔っぱらってしまい、だれがどれぐらい飲んだかなんてほとんど気にしていないからです。もちろん最初からウーロン茶など頼める間柄であればOKですが、営業などの方は、どうしてもお酒を頼んだほうが有利なこともあるでしょう。その場合は、とりあえず1杯!ちょっびのみ法を試してみてくださいね。

飲み会を楽しむための方法

2:料理でワリカンの元をとる!
お酒が苦手な人は、ワリカン負けをしてしまうので、飲み会が嫌だ!という方も結構多いとおもいます。それなら「飲み会で、普段は食べられない料理を楽しむ!」と気持ちを切りかえてみましょう。

自分の食べたいメニューをオーダーしたり、美味しかった料理を余分に食べたり…。飲み会では、お酒が飲めなくてもワリカンの場合があります。好きな料理を食べるのは飲めない人の特権!というくらいの気持ちで、しっかり食べて満足できるといいですね。

3:同じタイプの人と意気投合
あなたと同じように、お酒が飲めない人や、飲み会が苦手だと感じている人はいませんか?同じような雰囲気の人を見つけて、話をしてみてください。普段話さない相手でも、お酒が苦手という共通点から親近感が生まれ、一気に仲良くなれるかもしれませんよ。料理の味や、上手な断り方など、その場の状況から話題を広げるのもいいですね。飲み会で損しないために

4:自分に役立つ情報収集を!
お酒を飲まないからこそ、その場の情報を冷静に判断して、自分に役立つ貴重な情報収集ができる可能性があります。特に会社の飲み会なら、お酒好きな先輩や上司の近くに行って、話を聞いてみてください。会社では聞けないような意見やアドバイス、会社の情報を教えてもらえるかもしれませんね。

飲み会を自分なりに楽しもう

「下戸でも楽しめる飲み会攻略法」はいかがでしたか。お酒が苦手だと、飲み会に誘われたらまずは断り方を考える方が多いかもしれません。しかし、飲み会にしかない魅力もありますから、断り方を考える前にご紹介したポイントを元に、飲み会をポジティブに捉えて上手に付きあっていきましょう。

飲み会嫌いの対処法

次回は飲み会が嫌いコラムの最後です。飲み会と上手く付き合うコツ「スマートな断り方」をご紹介します。

★ 飲み会が嫌い!を4つのポイントでポジティブに捉えよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなくコミュニケーション講座で練習したい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



楽しむコツで気軽に参加してみよう