>
>
>

アンガーマネジメントで自分が楽な人間関係を作ろう

アンガーマネジメント


アンガーマネジメントで楽な人間関係を⑤

今回が「アンガーマネジメント」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

アンガーマネジメントの重要性

コラム①では、怒りの問題として、以下の3つをご紹介しました。

・我慢から激怒に発展してしまう
・自分,または相手を責める
・攻撃的にやり負かす

このように怒りは相手を責めたり、攻撃的な態度となって表れます。怒りまかせに相手を攻撃してしまうと、人間関係が壊れてしまう可能性があります。身体的、心理的にもマイナスが大きいです。相手にイライラした場合は注意が必要でしたね。

 

アンガーマネジメントで怒りに対処

コラム③④⑤では、アンガーマネジメントできない原因について対処法をご紹介しました。

1. 怒りの種をみつけよう
本当は心の中に湧いている不快感、モヤモヤ、怒りに気づいていないと、心の中で火種としてくすぶり続け、形を変えて対人関係で再現されてしまいます。そんなときは、まずは自分の気持ちに気が付くことが大事でした。今の感情を、時々立ち止まって考えることを大事にしましょう。自分の怒りに気づくことができるようになると、その解決方法も見えてきます。コラム②で練習問題を交えて詳しくご紹介しています。

2. 他責思考を直す
怒りを感じた時、他責思考が強いと周りとも対等な関係を築けなくなり、対人関係がぎくしゃくしてしまいます。認知行動療法で、自分の“受け止め方のクセ”に気づき、問題への対処方法をあげてゆく方法がありました。自分がどんな思考パターンなのか、まだの方はコラム③の自責的怒りコラムの問題にチャレンジしてみてくださいね。

 

3. 深呼吸をしよう
怒りを感じた時に、コントロールが効かず、暴言、暴力など力で抑え込もうとする怒りのことを言います。衝動的な怒りは、人間関係を壊してしまうことになりかねません。自信のなさや辛さ、悲しさなどの気持ちを、“怒り”に置き換えていませんか?

コラム④では、具体的な対処法を3つご紹介しました。

衝動的な怒りへの対処法
・時間を取る(一呼吸入れる)
・タイミングをずらす(腹式呼吸)
・つい怒ってしまった時の反省法

以上を大事にして怒りとうまく付き合っていきましょう。

アンガーマネジメントの重要性について

「アンガーマネジメント」コラムでは、怒りをタイプ別に分け、解消およびコントロールの仕方について解説してきました。怒りをどう相手に伝えてゆくか、誰もが悩む部分です。

“怒り”は自分を守る盾になるものであると同時に、相手に対する攻撃となるものです。発散方法は難しいですが、怒りは “適切に”、自分の中にためず、“外に”出してゆくことが大切です。アンガーマネジメントに取り組み、怒り方を振り返っていただくことで、適度に自己主張し、対等な人間関係や心地よい関係を築いていただけることと思います。

最後に、「アンガーマネジメント」コラムにお付き合いいただき、ありがとうございました。自分のパターンを考えつつ読み進めてくださったなら、嬉しく思います。また、実際に試す中で少しでも気が軽くなったり、対人関係に生かしていただくことが出来たら幸いです。

まずは、ご紹介した技法や自主トレを使って実践してみてください。そして、もう少し深く学びたい!という方は、弊社のコミュニケーション講座への参加してみませんか。弊社では年間500人が参加されるコミュニケーション講座を開催しています。気軽な気持ちで足を運んでみてくださいね、お待ちしております。

地方の方は通信講座で頑張っている方もたくさんいらっしゃいます(^^) みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!

★アンガーマネジメントできない問題を知ろう
★アンガーマネジメントできない3つの原因を対策
★アンガーマネジメントを対人関係で活かそう



怒りに応じて対処していこう