>
>
>
アサーティブを育む「価値観ワーク」とは⑨

アサーティブを学校や職場できるワーク⑨

コラム⑧では、アサーティブトレーニング「感謝+断り法」をご紹介しました。相手に期待されていることに、まずは感謝を伝えましょう。今回は、学校や職場で使える「価値観ワーク」について解説していきます。

アサーティブを学ぶ方法として、もっとも分かりやすいのが価値観を使ったワークです。価値観は人それぞれ変わってくるため、グループの意見をうまくすり合わせる必要があります。

価値観ワークを実践しよう!

それでは、さっそく価値観ワークに取り組んでいきましょう。

1.以下の項目についてあなたの人生観における
    優先順位の高い順に順位をつけてください。

       愛 仕事 お金 自由 遊び

2.チームのメンバーに発表しましょう。

3.次にチームとして話し合い、
 チームとしての優先順位を決めましょう。
 制限時間は8分です。

  愛 仕事 お金 自由 遊び

4.話し合いをが終わったら、
 チームごとに結果を発表しましょう。

先ほどのワークですがいかがでしたでしょうか?実は価値観ワークは結論を出すことが目的ではありません。チーム内で以下の事項を話し合ってみましょう。

1 結論にみんなの意見が入っていますか?
2 それぞれが少しずつ譲り合えましたか?
3 全く主張しない人はいませんでしたか?
4 主張できない人に声をかけましたか?

ワークがそれなりにうまくいったチームは、これから学ぶアサーティブ力がある方が多いと言えます。逆に、チームとして議論がうまくいかなったなあ~と感じる方が多いチームは、アサーティブ力が不足しています。ぜひこれからしっかりと学習していきましょう。

次回は、「断りワーク大人編」についてご紹介します。

★アサーティブでお互いの価値観を認め合おう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

目次

①意味やトレーニング方法
②アサーティブの意味や歴史
③3つの自己表現タイプ
④アサーティブタイプ診断
⑤人間関係を円滑にする効果
⑥「アイメッセージとは」
⑦「段階的主張-DESC法」
⑧「感謝+断り法」トレーニング
学校や職場できる価値観ワーク
⑩「断りワーク」大人編
⑪「断りワーク」子ども編

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→