>
>
>
ぼっちから抜け出す

ぼっちから抜け出す「ソーシャルスキルトレーニング」とは⑤

コラム④では、ぼっちから抜け出すための3つ目の方法「エクスポージャー」をご紹介しました。まずは、小さな成功体験を積み重ねて友人を増やしていきましょう!今回は、ぼっちから抜け出すための方法4つ目「ソーシャルスキルトレーニング」をご紹介します。

ぼっちとSST

ぼっちから抜け出すには他者と協調しつつ、自立している状態を目指す必要があります。こうした社会生活を健康的に過ごすための能力を専門用語で、「ソーシャル・スキル(Social Skill)」と言います。

そしてその技術を身につける訓練をソーシャル・スキル・トレーニング(Social Skill Training : SST)と呼びます。ソーシャルスキルとはざっくり言えば、人間関係を築くための会話の方法のことです。

大学生、1,002名(男性435名,女性567名) を調べた論文によると(相川、2005)、ソーシャルスキルと孤独感は深い関係があることが報告されています。(-.40の負の相関関係)。

つまり、ぼっちから抜け出すためには、ソーシャルスキルトレーニングが有効でかることが考えられます。本コラムでは、ソーシャルスキルとして少なくとも 抑えたい2つのポイントを紹介します。

初対面を乗り切るソーシャルスキル

初対面から対人関係はスタートします。つまり、初対面を乗り切ることができれば、他人とのつながりを増やし、人との関わりを回避する気持ちが軽減できぼっちで悩むことも少なくなってきます。それでは、初対面で活用できる2つのスキルを解説しましょう。

SST2つのコツで孤独感を緩和

①自己紹介を作る

初対面ではお互いに緊張するものです。まずは少し自分から自己開示をして、相手と親しくなるチャンスを増やしていきましょう。相手に安心感が芽生えれば、会話を進めてくれるようになります。備えあれば憂いなし!ということで事前準備を大切にしていきましょう。

初対面での定番ネタは、
・住所
・出身
・趣味
・家族構成
・仕事
です。この5つについては必ず1分以上は話せるように考えておくと良いでしょう。

②ウイキペディアの仕組みを利用する

次に、ウイキペディアの要領で会話を続けていきます。これは何を話していいか・・・と迷った時におすすめの方法です。ウキペディアの原理について軽くおさらいすると、例えば、ウイキペディアで「倉吉」を調べてみると

鳥取県中部の市。当市は鳥取県中部の玄関口としての役割もある。市内には打吹玉川地区をはじめ土蔵が多く、白壁土蔵の街として知られている。

と表示されます。そして

↓打吹玉川地区をクリックすると↓
打吹玉川(うつぶきたまがわ)は鳥取県倉吉市にある伝統的建造物群保存地区。通称は白壁土蔵群。国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

このように、分からない単語を詳しく説明してくれますよね。

このウイキペディアの仕組みを実際に「会話」 に活用してみましょう。

(例)相手の発言
「私の好きな食べ物は王将の餃子です。大口にある王将に毎日のように通っています。」

クリックする感じで下記の質問をしてみましょう!

・王将の餃子はどんな味ですか?
・大口ってどこにありますか?
・王将にはどんなメニューがありますか?

簡単ですね♪コツは相手の発言の中に「固有名詞」が出てきたら、それをクリックをするような感覚で質問をしていくことです。この考え方を持つことで自然と質問が出でくるようになりますよ。

それではここで練習問題をやってみましょう。

練習問題

「私はマクドナルドでBIGマックをよく食べます。またデザートにプチパンケーキを頼むことが多いですね。」

相手の発言から質問を3個作ってみよう!

 

解答例
(質問を作ったら見てみましょう♪)

・BIGってどんなハンバーガーですか?
・○○さんが行っているマクドナルドはどこにありますか?
・プチパンケーキは何個入りですか?

練習問題はいかがだったでしょうか。なかなか出てこないと感じた人も多かったと思います。トレーニングを繰り返すことで、初対面でもスラスラと言葉が出てくるようになりますよ。ぼっちを克服するためにぜひ何度も練習してみてくださいね。

ぼっち以外にも幅広く効く

今回ご紹介した、2つのコツはSSTの中でもごく一部です。実際には核となるスキルが20種類ほどあります。いずれも人間関係をスムーズかつ、円滑にしていくために大切なスキルです。

孤独感を解消して人間関係を円滑に

より深く学びたい方は、私たちが開催しているコミュニケーション講座でも学ぶ事ができます。実践的にトレーニングしたい場合はぜひお待ちしています。

次回は、ぼっちコラムの最終回です。これまでご紹介した内容をおさらいしていきましょう!

★ぼっちはソーシャルスキルトレーニングで解決!初対面を乗り切ろう

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→