>
>
>
雑談力を向上させるオウム返しとは?

雑談力を向上させるオウム返しとは?②

コラム①では、雑談力が不足する問題や原因、その対処法をご紹介しました。3つの具体的な対処法は「発話力を伸ばす」「傾聴力をつける」「雑談力をUPする心理学」でしたね。

今回は、雑談力が上がる傾聴スキル「オウム返し」についてご紹介します。相手の会話を繰り返すことで、雑談力UPが図れますよ。

雑談力を伸ばすオウム返しとは?

オウム返しとは、相手のことばを繰り返したり、言い換える傾聴スキルです。傾聴の基礎となるため、雑談力を伸ばすためにはぜひマスターしておきたいスキルといえます。

オウム返しの基礎には3つの方法があります。

①事実のオウム返し
②感情のオウム返し
③言い換えのオウム返し

雑談力がグッと上がるオウム返しについて、それぞれ確認していきましょう。

雑談力を練習問題で伸ばしていこう

①事実のオウム返し

事実のオウム返しは、相手の言ったことをそのまま返す方法です。オウム返しの中で、もっとも簡単なため、すぐに取り入れることができます。

例えば、

相手が「天気がいいね」と言ったら、
自分も「いい天気ですよね」と伝え返します。

このように、相手の発話に相槌をするようなイメージです。

事実のオウム返しは、相手の気持ちと100%ズレることがないため、会話がスムーズに進みます。相手の発話が短い時にぜひ使ってみてくださいね。

②感情のオウム返し

相手の発言に感情が入っていたらその感情を取り入れて返す方法です。

例えば、

相手「友達と映画に行って楽しかったなぁ」
自分「映画を楽しんだんですね!」

このように相手の感情表現だけを切り取って返しため、相手の感情に100%沿うことができます。また、事実のオウム返しより自然な印象の会話になるのも特徴です。

③言い換えのオウム返し

相手が言った言葉から、ほぼ同じ意味となる言葉を使って言い換える方法です。事実のオウム返しを少し応用した方法になりますね。

例えば、

相手が
「今日は仕事にやる気でないな」
と言ったとします。

事実のオウム返しの場合
「やる気が出ない時ありますよ」
となりますね。

言い換えのオウム返しの場合は
「モチベーション上がらない時あるよね~」
といった感じで伝え返します。

やる気ない⇒モチベーション上がらない

このように、相手の発話にあるキーワードから「ほぼ同じような言葉」に言い換えて伝えるため、より自然な雑談ができるようになります。

実践!3つのオウム返し-練習問題

それではご紹介した、3つのオウム返しを練習問題で実践してみましょう。

練習問題
あなたは、同僚数人と雑談をしながらランチを食べています。同僚の一人が「先月からボクシングジムに通い始めたんだけど、ストレス解消になってるよ」と話しました。先ほどご紹介した3つの方法それぞれで、雑談の返答を考えてみてください。

事実のオウム返し

 

 

感情のオウム返し

 

 

言い換えのオウム返し

 

 

解答例
事実のオウム返し
⇒「ストレス解消になってるんだね」

感情のオウム返し
⇒「ボクシングかぁ、気持ちがリフレッシュできそうだね」

言い換えのオウム返し
⇒「身体を動かすと心身共にすっきりしそうだね!」

3つのオウム返しで雑談力を伸ばそう

雑談が楽しくなる!まずは傾聴力UPを

いかがでしたか?オウム返しは雑談の必須スキルです。まずは雑談の場面で、ご紹介した3つオウム返しを心がけてみてくださいね。

練習問題をやってみて、思ったより難しいな…と感じた方は、事実のオウム返しからはじめればOKです。慣れてきたら、感情や言い換えのオウム返しもチャレンジしてみてくださいね

次回は、雑談力が上がる傾聴スキル「肯定返し」についてご紹介します。

★雑談力UPは傾聴姿勢から!3つのオウム返しで伸ばしていこう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



練習問題を取り組んで身に付けよう