>
>
>

雑談力を上げる2つのコツとトレーニング集で好印象を

雑談力


雑談力が上がる2つのコツとトレーニング集!質問スキルで好印象を②

雑談力が上がる話し方のコツ

コラム①では、雑談が苦手な3つの原因をあげました。具体的には「①どんな話をすればいいかわからない」「②他者評価を気にしすぎる」「③雑談を楽しめない」でしたね。また、「雑談力がない」「雑談が苦手」と感じる人は、雑談に「正解」を求めてしまうこともお伝えしました。

今回は、原因の1つ目「どんな話をすればいいかわからない」を解決するためのコラムです。雑談の中で、うまく相手に質問する方法について、詳しく解説していきたいと思います。雑談力が上がる話し方のコツの1つですから、ぜひ身に付けてくださいね。

質問スキルを身に付けよう

質問スキルで雑談力を上げよう「どんな話をすればいいかわからない」の対処法としては、様々なアプローチが考えられますが、当コラムでは「うまく質問できるスキルを身に付けること」をご紹介します。

質問上手になることで、相手から様々な情報を引き出すことができます。そこから、またうまく質問をして新たな情報を引き出し、また質問をして…というように、自然と会話が成立できるようになるでしょう。

うまく質問するには、いくつかのコツやポイントがあります。それらを理解して身に付けることで、雑談力はUPしていきますよ。

上手に質問する2つのコツ

それでは、雑談力を上げる質問のコツを2つご紹介します。

①5W1H法 
この方法は、最もスタンダードな聞き方と言えるかもしれません。中学校の英語の授業で習って、覚えているという方も多いのではないでしょうか。具体的には、次の6項目です。

・When(いつ)
⇒いつ頃の話なのか、
 いつまで続いたのか
・Where(どこで)
⇒場所はどこなのか
・Who(誰と)
⇒どんな人がいたのか、登場人物は誰か
・What(何を)
⇒具体的に何をしていたのか
・Why(なぜ)
⇒なぜそのような言動になったのか
・How(どのように)
⇒どんな方法をとったのか、
 どのように対応したのか

普段の生活でも、無意識にこれらを使って質問していることが多いと思いますが、ここで改めて5W1Hを確認しておきましょう。

②オープン&クローズドクエスチョン 
オープン&クローズドクエスチョンとは、日本語に訳すと「ひらかれた質問」「閉ざされた質問」という意味です。それぞれの特徴は次の通りです。

「オープンクエスチョン」
「はい」「いいえ」や、選択肢では答えられないような質問の仕方。理由や本音、気持ちを語ってもらう時に有効です。

例えば、
「どうしてそう言ったんですか?」
「その時はどんな感じでしたか?」
という質問の仕方です。

メリット
・多くの情報を得られる
・深い話が聞ける

デメリット
・相手との関係次第では抵抗がある
・答えづらさがある

「クローズドクエスチョン」
「はい」「いいえ」や、選択肢で答えられるような質問の仕方。効率的に話を進める時に有効です。

例えば、
「お昼ご飯を食べましたか?」
「富士山に登ったことはありますか?」
という質問の仕方です。

メリット
・答えやすい
・効率的

デメリット
・事務的な会話になりやすい
・話が広がりづらい

これら2つの質問方法は、どちらが良くてどちらが悪いというものではありません。話の流れや相手との関係性によって、臨機応変に使い分けていくことが必要になります。

 

雑談力のコツをトレーニングしてみよう

雑談力が上がるコツと練習問題それでは、先ほどの5W1H法オープン&クローズドクエスチョンを使った練習問題に取り組んでみましょう。問題にある雑談の場面で、それぞれの方法を使って質問してください。

練習問題1
会社の同僚との休憩時間です。その同僚とは、これまでに何回か話をしたことがあります。同僚は「この間の休みに、家族で国内旅行をしたんだよね」と話し始めました。

5W1Hを使って質問してください。

 

 

オープンクエスションで聞くと…

 

 

クローズドクエスションで聞くと…

 

 

解答例
5W1H
⇒「国内のどこに行ったんですか?」
(Where)

オープンクエスチョン
⇒「家族旅行はどうでしたか?」

クローズドクエスチョン
⇒「家族旅行は初めてでしたか?」

この問題のポイントとしては、相手が少しは話す間柄の同僚であるという点です。ですから、多少突っ込んだ質問をしてみても良いかもしれませんね。5W1H法では、「家族何人で行ったのか」や「なぜ家族旅行に行ったのか」を聞いてみることもできるでしょう。

 

練習問題2
あなたは、ある飲み会に参加しました。周りの人達はみんな初対面です。近くにいたAさんがあなたに「初めまして。Aと言います。今日は埼玉から来ました。よろしくお願いします。」と話しかけてきました。

5W1Hを使って質問してください。

 

 

オープンクエスションで聞くと…

 

 

クローズドクエスションで聞くと…

 

 

解答例
5W1H
⇒「今日はお1人で参加ですか?」
(Who)

オープンクエスチョン
⇒「なぜ参加しようと思いましたか?」

クローズドクエスチョン
⇒「これまでに参加したことはありますか?」

この問題では、相手が初対面です。お互い緊張もあるので、最初はクローズドクエスチョンで答えやすいこと(例えば、星座、血液型、出身など)から始めて、徐々にオープンクエスチョンを増やしていくと良いでしょう。

 

雑談力が上がる話し方を目指そう

雑談力が上がる話し方を目指そう練習問題をやってみていかがでしたか。5W1H法やオープン&クローズドクエスチョンのように、質問の枠組みを自分の中に持っていると、どのような質問をしたらいいのか考えやすくなると実感していただけたでしょうか。

「質問の仕方」という“武器”を持っていると、雑談する時に、とても心強く感じられると思います。それが自信につながり、「雑談力に自信がない」「雑談が苦手」という意識を少しずつなくしていってくれるはずです。

あなたなりのペースでいいので、日常生活の中で、これらの質問のコツを意識して使ってみてください。経験を重ねると、意識しなくても自然とうまく質問ができるようになりますよ。

次回は、雑談力が上がらない原因の2つ目「他者評価を気にしすぎる」の対処法をご紹介します。

★雑談力が上がる「5W1H法」「オープン&クローズドクエスチョン」で質問しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



好印象な話し方を身に付けていこう