>
>
>

雑談力向上させる傾聴のコツとトレーニングで身に付けよう

雑談力


雑談力が上がる「傾聴スキル」とは?トレーニング③

コラム②では、雑談力が上がる心理学を紹介しました。今回は、雑談力が上がる方法の2つ目「傾聴力をつける」についてのコラムです。練習問題を交えながらご紹介していきます。

質問に頼らないー雑談力をつける1歩

皆さんは「傾聴力」と言葉にどのような印象を持つでしょうか?多くの方が「質問すること」をまず第1に挙げると思います。しかし、実は傾聴において、

「質問」は優先順位はそこまで高くありません

なぜなら、質問ばかりしていると、相手は尋問されているような感覚になってしまうからです。私はトレーニングをする際にまずは、「質問癖の矯正」から入るようにしています。

意外だと思われるかもしれないですが、質問はそこまで優先順位が高くないとまずは覚えておきましょう。

 

雑談力が上がる話し方とは

雑談中に使える!うまい返し方とは

では雑談力をつけるにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。今回は最も重要なスキルを3つ紹介します。

①オウム返し法 
オウム返しとは、返答をする中で最も簡単な方法です。相手の話したことを、そのまま相手に伝えて返せば良いのです。

例えば、
相手が「疲れたな・・・」と言ったら、
自分も「疲れますよね。。。」と伝え返すのです。

もちろん棒読みはだめですよ!!気持ちを込めて繰り返しましょう。

②言い換え法 
言い換えとは、先ほどのオウム返し法を少し応用させたものです。

例えば、
会社の同僚が
「今日は雨か…なんかやる気でないな」
と言ったとします。

オウム返し法だとそのまま
「雨だとなんかやる気でないよね」
となりますね。

言い換え法では
「天気悪いと、モチベーション下がっちゃうよね」
と伝え返します。

雨⇒天気悪い
やる気ない⇒モチベーション下がる

と、ほぼ同じ意味の別の言葉に言い換えています。このように、相手が言ったことと「ほぼ同じような言葉」に言い換えて伝えることを言い換え法といいます。そのまま返すオウム返しよりも、自然な返し方になります。

③肯定返し法
肯定返しとは、先ほどのオウム返し法、言い換え法のさらに応用編といった感じです。簡単に言うと、相手の発言を受けて「オウム返しor言い換え+ポジティブな意味付け」という感じにアレンジします。例えば、友人が
「夏の海っていいよね」
と言ったとします。そこで
「夏の海は気持ちいいよね。+開放的な気分になってリフレッシュするよね!」
とポジティブな意味をプラスアルファするのです。ポイントは、イメージ力、連想力です。肯定返し法では、相手の言葉を受けて、いかにうまく良い言葉を付け加えるかということが大切なのです。

質問で雑談力が上がる

3つの方法をトレーニングしよう

それではここで、練習問題をやってみましょう。先ほどご紹介した3つの方法それぞれで、雑談の返答を考えてみてください。

 

 

練習問題
あなたは、友人数人と食事をしながら雑談しています。ある1人の友人が、「この間、ひとりカラオケを初めてしてみたんだけど、ストレス解消できたよ」と話し始めました。

オウム返し法で返答

 

言い換え法で返答

 

肯定返し法で返答

 

 

解答例
オウム返し法で返答
⇒「ストレス解消かあ~!」

言い換え法で返答
⇒「一人カラオケ、スカッとしそうだね」

肯定返し法で返答
⇒「一人だと好きな曲を選びたい放題だから時間いっぱい歌えるね」

 

傾聴力で雑談は楽しくなる♪

いかがでしたか?オウム返し、言い換え、肯定返しは雑談の必須スキルです。質問に頼りすぎず、この3つを優先して返すように心がけましょう!

質問の優先度は紹介した3つスキルの次ぐらい・・・という感覚がちょうどいいです。もちろん練習問題をやってみて、「返答を考えるのもなかなか大変だな…」と不安に思ってしまった方もいるかもしれません。

基本的には、まずはそのまま返すオウム返し法からはじめて、余裕があれば、言い換え法や肯定返し法をやってみよう!とステップアップしていきましょう。

次回は、雑談力が上がる方法の3つ目「発話力を伸ばす」についてご紹介します。

★3つのコツ「オウム返し・言い換え・肯定返し」で雑談力を上げよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。今回紹介した雑談スキルはほんの一部です。もっと練習したい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



傾聴のコツを確認してを身に付けよう!