>
>
>
雑談力UP!ポジティブ雰囲気をつくる発話法

雑談力UP!ポジティブ雰囲気をつくる発話法⑥

コラム⑤では、雑談力が上がる発話スキル「5W発話法」についてご紹介しました。「結論+5W」を暗記して、発話にボリュームを出してくださいね。

今回は、雑談力が上がる発話スキル「自分への質問法」についてご紹介します。

雑談力を伸ばす「自分への質問」とは?

自分への質問法とは、自分自身の中に聴き手をつくり、自分から質問を投げかけて会話を広げていく発話法です。

例えば、次の発話を考えたとします。

「スポーツジムに行くことが多いです。
 いつでも気軽に寄れるので便利ですね」

この発話は、5Wで分かりやすく構成されていますが、もう少しボリュームが出せると雑談が広がりやすくなります。

そこで次のように、自分への質問をしていきます。

スポーツジム…と言うと

「最近スポーツジムは人気だから、いつも混んでいて驚きます!ダイエットや健康増進が目的の人から、筋トレでボディーメイクを頑張っている方も多いかな。熱心な女性が多いことには関心するね

このように「と言うと」という質問を自分に投げかけて、発話にボリュームを出していきます。雑談力をグッと伸ばすポイントは、発話に感情表現を追加していくことです。

ポジティブな感情もプラスしよう!

感情発話法とは、発話に自分が「どのように感じるか」を織り交ぜていく発話法です。

会話に感情や考え方をプラスすることで発話が豊かになり、雑談の場面が楽しい雰囲気になります。また、ポジティブな環境は自分自身の幸福感にもつながりますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

ポジティブな感情を織り交ぜて雑談力を高めよう

雑談力UPのコツ‐例文・練習問題

ここからは例文を参考に練習問題に取り組んでみましょう。

例文
次の発話について、自分への質問法を使って会話を広げていきます。

「朝食はコーヒーとパンです。最近は自分で淹れたコーヒーを飲むのが日課です」

・朝食?と言うと
・自分で淹れる魅力?と言うと

「朝食といえば、バランスの良さを重視して食べているよ。家族みんなで食べるから、朝から幸せだと思う

「自分で淹れる魅力といえば、香りと出来立ての美味しさですね!コーヒー豆も弾いているので、風味がとにかくよくて朝から気持ちが上がります

このように、自分への質問を「と言うと」で進めていき、感情表現を織り交ぜながら会話を作っていきます。

それでは、練習問題にチャレンジしてみましょう。

練習問題
「朝食は何を食べますか?」という質問について、解答と自分への質問をしてみましょう。

質問の解答
「                」

自分への質問

雑談力を伸ばして楽しい場面をつくろう

雑談力を伸ばしていこう!

今回は、自分への質問法をご紹介しました。ポイントは、感情表現を織り交ぜる事でしたね。感情表現には、言葉選びのセンスも必要なため、少し難易度は高めのスキルですが、練習問題を繰り返す中でぜひ身につけて雑談力UPを図っていきましょう。

次回は、雑談力が上がる傾聴スキル「2種類の質問」についてご紹介します。

★自分への質問で雑談力UP!ポジティブな場面を作っていこう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。今回紹介した雑談スキルはほんの一部です。もっと練習したい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座