>
>
>
雑談力UPは笑顔づくりから「表情筋を鍛えよう」

雑談力UPは笑顔づくりから「表情筋を鍛えよう」⑦

コラム⑤では、雑談力が上がる発話スキル「自分への質問法」についてご紹介しました。感情をプラスした発話で、雑談の場面を楽しい雰囲気にしていきましょう。

今回は、雑談力が上がる発話スキル「笑顔で話そう」についてご紹介します。

好印象は笑顔から

ここまでのコラムでは、話を聴くコツ・発話をするコツで雑談力を伸ばしていくお話をしてきましたが、雑談力を伸ばすうえでは、相手に与える印象についても意識することが大切で。

ここで、梅野(2015)が行った非言語コミュニケーションと好感の関係についての研究を見ていきましょう。

調査は、大学生230名を対象に「好感をもたれる・やや好感につながる・あまり好感につながらない・好感につながらない」の4段階で行われました。その結果、好感には笑顔が最も重要であることが分かりました。

笑顔(平均3.7)>目の表情(平均3.1)>髪色(平均2.8)>ボディタッチ(平均2.4)

印象を良くするために、髪型や服装を整える人も多いと思いますが、まずは「笑顔」を意識することが大切です。笑顔で話すことで、雑談力を伸ばしていきましょう。

笑顔で雑談力UPを

本コラムでは、雑談力を伸ばす方法の1つとして笑顔で話すための「表情筋トレーニング」をご紹介します。

5つのトレーニングを解説!笑顔で話そう

笑顔をつくるには、顔にある約20種類の表情筋を鍛えることが効果的と言われています。しっかり鍛えることで、表情が柔らかくなり相手に印象の良い笑顔をつくることができます。

今回は次の5つの表情筋のほぐす方法をご紹介しますよ。

1:口輪筋(こうりんきん)
表情筋の約7割とつながっている筋肉で、表情全体に影響を与えます。特に、口周りの複雑な動きに必要な筋肉ですよ。

2:小頬骨筋(しょうきょうこつきん)
笑顔づくりには欠かせない要の表情筋です。筋肉頬(ほお)を上げる働きがあるため、しっかり鍛えると口元を斜めに引き上げてくれ、ほうれい線予防にもなります

3:大頬骨筋(だいきょうこつきん)
ダイナミックな笑顔に欠かせない表情筋です。口角を上げる時につかうため、表情を活き活きをさせてくれます。

4:頬筋(きょうきん)
口角を外側に動かす役割の表情筋で、フェイスラインをシャープにする効果もあります。

5:笑筋(しょうきん)
あごや口角の皮膚とつながっている、口元を横にひっぱる表情筋です。笑顔づくりに欠かせない筋肉の1つです。

それでは具体的なトレーニングを見ていきましょう。

1:口輪筋(こうりんきん)

口輪筋トレーニングで笑顔を作って雑談を楽しもう前歯を8本見せながら「いぃー」と発声します
②唇をすぼめて「うぅー」と発声しましょう

2:小頬骨筋(しょうきょうこつきん)

小頬骨筋を鍛えて雑談力を伸ばす①右半分の口角だけ引き上げ右目を閉じて5~10秒止める
②自然な表情に戻す
③①・②を左右交互に行う

3:大頬骨筋(だいきょうこつきん)

雑談力を大頬骨筋を鍛えて伸ばす①口を大きく開けて、そのまま口角を上にします
②前歯がみえないように上唇をかぶせたままで5秒程止めます
③その後自然な表情に戻します

4:頬筋(きょうきん)

雑談力を頬筋を鍛えて伸ばす①頬の高い部分を意識しながら笑顔をつくります
②口角を横に思い切り引きましょう
③①・③の動作を繰り返します

5:笑筋(しょうきん)

雑談力を笑筋を鍛えて伸ばす

①上下の前歯を軽くかみ合わせ、自然な形で口を閉じ5秒程止めます
②両方の口角をゆっくりと外側にひき5秒程止めます
③ゆっくりと元の表情に戻しましょう

笑顔で雑談力を高めよう!

今回ご紹介した笑顔づくりのトレーニングいかがでしたか。いずれのトレーニングも筋肉を意識して、ゆっくりと数回、繰り返して行ってくださいね。豊かな笑顔で雑談力を高めてくださいね。

★5つのトレーニングで好印象の笑顔!雑談力を伸ばそう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。今回紹介した雑談スキルはほんの一部です。もっと練習したい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座