>
>
>

会話が続かない時の対処法!4つのコツで話題を広げる

会話が続かない


会話が続かない時の対処法!4つのコツで話題を広げる「傾聴姿勢」とは②

「聴く姿勢」で会話を弾ませよう

コラム①では、会話が続かない3つの原因をあげました。具体的には「①傾聴の基礎ができていない」「②勇気を出して自己開示ができない」「③話題を見つけるのが苦手」でしたね。

今回は、会話が続かない原因の1つである「傾聴の基礎ができていない」を解決するためのコラムです。簡単に取り入れることのできるテクニックを、練習問題を交えながら解説していきます。

話しやすい人になるには?

会話が続かない人にとっては、会話の基本である「話す」ことより、まず「聴く」ことが大切です。きちんと聴く姿勢を身に付ければ、会話が続くようになるだけでなく、

・ミスやトラブルの削減
・新しいアイデアの創造

など、相手との信頼関係を築く上で必要な嬉しい効果も表れます。

「聴く」ということは、相手の気持ちに寄り添い、相手の話を理解することです。その姿勢が伝われば、相手は気持ちよく話すことができ、あなたは「話しやすい人だな」と思ってもらえます。

とはいえ、会話の内容になかなか関心が持てない時もありますよね。そんな時でも「傾聴の姿勢」を示すには、どうすればよいのでしょうか。

簡単テクニックで会話が続かないを解消

傾聴姿勢で会話が続かないを改善傾聴の姿勢を示すには、会話の中で相手の言葉を繰り返す「オウム返し」という方法が有効です。「関心がありますよ」という姿勢を効果的に表すことができますので、身に付けておくと良いでしょう。オウム返しには2通りの方法があります。

①そのまま繰り返す
相手の話や、語尾のキーワードをそのまま繰り返します。相槌を打つイメージで、話しやすい雰囲気を作り出せます。「よかった」「楽しい」「大変」など、感情を表す言葉を繰り返すと、より効果的でしょう。

②要約して繰り返す
「つまり○○ということですね」のように、相手の話を要約して返します。相手の話をちゃんと理解している印象が伝わり、会話が弾みます。

 

練習問題で対処法を確認!

それでは、ここまでのことを踏まえて、練習問題をやってみましょう!

練習問題
会話している相手が、次のように発言しました。あなたならどのように「オウム返し」をしますか。

例文1
「最近、東京から引っ越してきました。まだ町のことが全くわからないので、地元の講座に積極的に参加しています。」

オウム返し⇒

 

 

 

 

解答例
「引っ越しをして間もないから、新しいお友達を作りながら町のことを知ろうとしているんですね!」

例文2
「福祉のボランティアを手伝っています。お金にはなりませんが、本当に楽しいです。」

オウム返し⇒

 

 

 

 

解答例
「ボランティアを通して、お金以外の楽しさをしっかり見つけているんですね!」

例文3
「会社のバスケチームに入って体を動かしています。学生時代バスケ部だったので、すぐ一生懸命になっちゃうんですよ。」

オウム返し⇒

 

 

 

 

解答例
「体を動かして健康管理しているんですね。昔やっていたなら熱が入りますよね!」

 

いかがですか?コツさえつかめば、とても簡単ですよね。最初は少しぎこちなくなってしまうかもしれませんが、繰り返し練習することで、自然と会話が続くようになりますよ。

4つのコツで会話を弾ませよう

会話が広がるオウム返し4つのコツオウム返しは、とても簡単で取り入れやすいテクニックですが、単調にオウム返しをするだけでは、気持ちが入っていないと思われてしまうかもしれません。オウム返しをするときは、下記のことを意識してみてください。

①自分の言葉で自然な流れを
オウム返しはシンプルなテクニックのため、一歩間違うと機械的な返しになってしまう恐れがあります。一字一句同じ言葉を繰り返すのではなく、気持ちを込めた自分の言葉で、自然な流れを作りましょう。

②相手の話の腰を折らない
「聴く」に徹して、相手の話題を途中で区切らないようにしましょう。相手が話し終えたタイミングで自分の意見を伝えると、印象が良いでしょう。

③全てを受け入れる
相手と自分の意見が違っていても、まずは、いったん受け入れましょう。否定や批判は避け、もしアドバイスしたいなら、相手の意見を肯定した上で自分の考えを伝えるようにしましょう。

④積極的に反応する
会話の中で、笑顔やうなずき、相槌を意識的に取り入れましょう。雰囲気がなごみ、自然と話題が広がるようになります。

オウム返しをより効果的に使うコツを、4つご紹介しました。このコツを上手に使うことができれば、だんだんと会話が続くようになりますよ。

 

傾聴で「会話が続かない」を克服!

簡単にできる傾聴テクニックはいかがでしたか。オウム返しは、効果的に「傾聴の姿勢」を示すことができる方法です。そして、聴く姿勢ひとつで話題が広がり会話が続くことが、おわかりいただけたかと思います。

オウム返しは、会話が続かない問題を改善する大きなチカラとなるはずです!会話の中に、ぜひ取り入れてみてください。また、その他にも傾聴スキルはたくさんあります。興味がある方は、こちらのトレーニングコラムもぜひ参考にしてみてください。(傾聴スキルをもっと詳しく練習♪

次回は、会話が続かない原因の2つ目「勇気を出して自己開示ができない」の対処法をご紹介します。

★オウム返しのコツを知って、効果的に傾聴の姿勢を示そう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



4つのコツで会話を弾ませよう