>
>
>

会話が続かない時に実践!特徴・原因・会話を続けるコツ

会話が続かない


会話が続かない時に使える3つの対処法!特徴・原因・会話を続けるコツ⑤

心を開いて楽しい会話をしよう

今回が「会話が続かない」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

会話が続かない3つの原因

会話が続かない人の3つの特徴コラム①では、会話が続かない3つの原因をご紹介しました。

・傾聴の基礎ができていない
・勇気を出して自己開示ができない
・話題を見つけるのが苦手

会話が続かないと、人間関係をスムーズに築くことができず、仕事面でもマイナスの評価を受けやすいというデメリットがありました。何より、会話が続かないことはストレスになりますから、体調不良を引き起こす前に、しっかりと対策していきましょう!

会話が続かない時の3つの対処法

コラム②③④では、会話が続かない3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:オウム返しテクニックで解消
話題を広げる方法会話が続かない1つ目の原因「傾聴の基礎ができていない」の対処法をコラム②でご紹介しました。

オウム返しには2通りの方法がありましたね。

・そのまま繰り返す
・要約して繰り返す

そして、上手にオウム返しをする4つのコツをご紹介しました。

・自分の言葉で自然な流れを
・相手の話の腰を折らない
・全てを受け入れる
・積極的に反応する

オウム返しは、簡単に「傾聴の姿勢」を示すことができ、取り入れやすいテクニックです。会話が続かない時には、ぜひ実践してみてくださいね。

2:自己開示の事前準備
会話が続かない2つ目の原因「勇気を出して自己開示ができない」の対処法をコラム③でご紹介しました。

事前に話したいことや相手の情報をチェックして、会話の準備をすることが大切でしたね。勇気を出して自己開示することで、相手にプラスの印象を与えることを理解し、「気遣い無用」の精神で取り組んでみてください。会話が続かない悩みが随分軽減されるはずですよ。

3:4段構えのネタで会話力UP
4段構えのネタで話題を広げる会話が続かない3つ目の原因「話題を見つけるのが苦手」の対処法をコラム④でご紹介しました。具体的には、

・YES・NOで答えられる質問を!
・目に入る情報をネタにしよう!
・関心があることをネタにしよう!
・共通のネタを探ってみよう!

でした。この「話題作りのコツ」を意識して使うだけで、少しずつ会話がつながるようになるはずです。焦らずに取り組んで、会話が続かない悩みに対処していきましょう!

気軽に話題を提供してみよう!

「会話が続かない」コラムでは、会話が続かないことで悩んでいる方、話題が見つからず会話に苦手意識がある方向けに、正しい知識を解説してきました。

コラムを読み終えて、会話が続くコツを意識し、やってみよう!と思っていただけたら嬉しいです。会話が続かない人は、相手の気持ちを考えるために控えめになってしまう、心優しい人なのかもしれません。まずは気軽に話題を提供してみましょう。それが「会話が続かない」を克服する一番のコツです。

 

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「会話が続かない」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!会話をすることは、より豊かな人間関係を築くことにつながります。そして何より、会話をすることは、とても楽しいことです。身構えず、焦らず、気軽に、取り組んでくださいね!まずは、ご紹介した対処法や練習問題をやりながら、日常生活の中で意識してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★「聴く」と「話す」のコツを意識して、会話が続かない悩みを克服しよう



3つの対処法で対処しよう