>
>
>
第一印象Up現代病の猫背を解消ー姿勢をピンとさせよう

第一印象を上げるアイコンタクトのコツ「5センチずらす」④

コラム①では、第一印象について概観していきました。今回からは具体的な高め方をより深く解説していきます。少しおさらいすると、「①表情筋トレーニング」「②アイコンタクト練習」「③身振り手振り」「④正しい姿勢」「⑤色彩心理学」でしたね。

今回は、「②アイコンタクト練習」について解説していきます。

動画でも説明もあります。テキストベースがご希望の方は飛ばしてください。

アイコンタクトで第一印象が左右

「相手の目をじっと見てしまう」「相手を全く見ることができない」などアイコンタクトの不自然なクセは、第一印象を悪化させてしまいます。アイコンタクトは、自然な頻度で行うのがベストです。4つのコツを意識して身に付けていきましょう。

自然なアイコンタクトのコツを紹介

アイコンタクトのコツ4つ

それでは、第一印象を高めるために、自然なアイコンタクトする4つのポイントをご紹介します。

①5センチずらす
アイコンタクトが不得意な場合、椅子を少しだけずらしてみると良いでしょう。本当にわからないぐらいでOKですので、相手の正面ではなく、気持ち5センチほど相手とずれて座るようにしましょう。それだでもアイコンタクトがしやすくなります。

②目の周りを見る
第一印象が悪くなりがちな人は、相手の目を見て話すことに心理的な抵抗があると思います。そこで、まずは目の周りを見るにしましょう。目に近い、鼻やオデコなら相手には目を見ているように映ります。特に、左右の眉の真ん中あたりの「眉間」を見るようにするとアイコンタクトしているように見えます。目の周辺をみるのも厳しい場合は、とりあえず顔を相手に向けて、あとは顔全体ぼやっと見るぐらいでもOkです。

アイコンタクトのコツ自然な目線

③目線は縦に外す
たまに目線を外すと、相手も会話しやすい自然なアイコンタクトができます。目線を外す時は「縦に外す」のが重要です。目線を横に外すと、否定している印象を相手に与えてしまいます。縦に外すことで、肯定している印象になり、第一印象も高められます。

アイコンタクトのコツ目線の外し方

④アイコンタクトは「傾聴重視ー話すときはぼちぼち」
アイコンタクトは基本、「傾聴側」になっている時に意識しましょう。逆に話すときはアイコンタクトが少なくてもそこまで不自然になることはありません。重要な話題の時だけ、アイコンタクトするぐらいでOkです。ここぞという時だけ相手の目を見ると、自分の意見をしっかり伝える事ができます。全体としては3割ぐらいは相手の目を見て、実際に視線が合うのは会話の10%ほどで充分です。

アイコンタクトのコツ大切な時だけ目線を合わせる

練習してみよう!

それでは第一印象を高めるために、アイコンタクトをスマートフォンを使って練習しましょう。まずは、スマフォの動画機能と人形やアイドルなどポスターを用意してください。

1:撮影の純部
ポスターの人形(又はアイドル)にスマフォを立てかけ、自分の顔が映る位置に移動して、スマフォを挟んで人形と向きあいます。

2:人形との会話を動画撮影する
会話をしているつもりで、話をしてその様子を動画で撮影します。会話は、趣味はなんですか?どこに住んでいますか?など思いつくことを1分程度で進めてみましょう。

3:動画を確認します
会話の様子を撮影した動画をチェックしましょう。ガッツリ相手の目を見るのは30%程度でOkです。「目線が泳いでないか」「外す時は上下になっているか」「凝視していないか?」も合わせてチェックしてみてくださいね。

自然なアイコンタクトへ!

第一印象を高めるアイコンタクト4つのコツとスマフォ練習はいかがでしたか。最後に注意点をお伝えします。「アイコンタクトしなきゃ!」というこだわりが強いと、かえって苦手意識を強待ってしまいます。

また、練習のしすぎもNGです。アイコンタクトの練習は「一日5分程度」にしましょう。会話で実践する場合も、「たまに意識する」など柔軟な気持ちで取り入れていきましょうね。繰り返し練習することで、自然なアイコンタクトができるようになります。焦らず練習していきましょう!

次回は、第一印象を高める方法の3つ目「身振り手振り」についてご紹介します。

★自然なアイコンタクトで第一印象UP!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①第一印象-概観
②診断とチェック
③「笑顔」が王様!
④アイコンタクトのコツ
⑤「身振り手振り」で表現
⑥姿勢をピン第一印象UP
⑦色使いと第一印象

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→