>
>
>

友達がいないなら「わたしメッセージ」で気持ちを伝えてみよう!

友達がいない


友達がいない人は「肯定+わたしメッセージを発信しよう」で気持ちを伝えよう!③

わたしの気持ちを伝えてみよう

コラム②では、自他尊重のコミュニケーション手法「アサーション」をご紹介しました。アサーションを意識して友達がいないという悩みを改善していきましょう。今回は、2つ目「肯定+わたしメッセージ」についてご紹介します。

友達がいないなら気持ちを伝えよう

友達がいない人は気持ちを伝えよう

友達が欲しくても照れくさくて伝えることができないと感じたことはありませんか?確かに気持ちを相手に伝えることって簡単ではありませんよね。ただ・・・これからは少しだけ勇気を出してみませんか?

相手と親密な関係を築きたいときには、「友達がほしい」という気持ちを伝えることが大事です。Oswald(2004)の研究によると自己開示は、友達関係への親密性や満足感につながることがわかりました。また、Duck(1991は、言語的コミュニケーションを適切に行うと、関係性が深まり、親密性を増すことができると報告しています。

友達がいない・・・友達を作りたい!という人は、やはりその思いを表に出して伝えてみることが大事なのです。恥ずかしいですし、勇気が必要だと思いますが(^^;

肯定+わたしメッセージの作り方を解説!

ここで役に立つのが「肯定+わたしメッセージ」です。わたしメッセージとは、「肯定的な表現」「わたし」を主語にしたメッセージを加え、伝える言い方のことです(松本, 2005)。例えば、友達がいないという悩みを解決するためにサークルに参加したとします。初めて参加したサークルでは、飲み会があり、隣に話しやすい同性の方がいたとします。あなたはその方と友達になりたいとしましょう。この時勇気を出して誘ってみましょう。

「肯定」
〇〇さんはめちゃめちゃ話しやすいですね

「わたしメッセージ」
また飲めるとうれしいです。ライン交換したいのですが・・・

はい!照れくさい・・・と感じたあなた!人間関係は言葉にしないとなかなか自分の意志は伝わりません。そして「肯定的なメッセージ」は、ほとんどの場合、相手もうれしいものです。これは心理学的に「好意の互恵性」という言葉を使います。相手に好感を持っているという気持ちの自己開示がマイナスになることは稀で、ほとんど肯定的な結果に結び付きます。

いきなり友達になりたい!と主張すると相手がちょっと身構えてしいまうかもしれません。まずは肯定することで相手の心を少しほぐしてそのうえで誘ってみるといいでしょう。まずは話しやすい方からでOKです。少しずつ実践していきましょう。

練習問題① 考えてみよう!

製造系のメーカーに勤めている営業のA男君は、最近大阪に転勤になりました。配属先は体育会系が多く、おとなしいA男君は、友達がいない状態になってしまいました。最近同年代の同期が、今度の日曜日にみんなでスノーボードに行くことをうわさで聞きました。A男君もぜひ行きたいと考えています。そして、タイミングよく同僚と食堂で一緒にご飯を食べることになりました。この時どのように声をかけるといいでしょうか?

「肯定」

「わたしメッセージ」

 

 

解答例

「肯定」
 ⇒大阪の営業はみんな元気でたのしい方が多いですね~

「わたしメッセージ」
 ⇒今度スノボ行くみたいですね。私も行ってみたいと考えているのですが、どうでしょう?!

このようにまずは相手を肯定してから友達希望のメッセージを伝えるといいでしょう。


練習問題② 断れたら?!

さて!せっかくお誘いしたのに、全部うまく行くとは限りません。時には断れてしまうこともあるでしょう。そんなときは、前回学習したアサーションを思い出しましょう。アサーションとは、「自他尊重」のコミュニケーションでしたよね。もし自分が主張をしてみて、相手に断られたらそれはそれで尊重しなくてはならないのです。このとき自分の中でちゃんと処理できるようにならないと、断られた時のショックが大きすぎて、もう友達はいらない!と極端に考えることになってしまいます。そこで1つ練習問題を解いてみましょう。

 

例題の続き

製造系のメーカーに勤めている営業のA男君はスノボに誘ったのですが、
「もう予約してしまったので難しいな・・・
 ごめんね。今年はもう難しいな~」
と断られてしまいました。この時A男君は

「せっかく勇気を出して気持ちを伝えたのに断られてしまった。
 やっぱり人間関係はろくなことがない。
 もう気持ちを言うのはやめよう」

と考えています。この考えを、アサーティブに直すとどのようになるでしょうか?前向きに考えてみましょう。

 

 

解答例

人間はそれぞれ考えがある。残念だったが相手の気持ちも大事にしよう。でも気持ちをちゃんと伝えることができたのは1つ成長した。そこは自分の気持ちを大事にできた。自信にしたい。またタイミングがあれば同僚に限らず誘ってみよう。

わたしメッセージのメリット

わたしメッセージはメリットがたくさん

練習問題はいかがでしたか。友達がいないと感じた方は参考にしてみてください。自分の本音を大切にし、友達にわかりやすく自分の気持ちを伝えと

・自信がつく!
・相手に無理なくわかってもらえる!
・実際にOKがでることがある!

などのメリットがあります。自分の気持ちを率直に伝えることで、あなたの気持ちや考えが相手にわかりやすく伝わります。そして、友達はあなたに親密感を感じ、これまでよりももっと仲良くなれるでしょう。

言わなくてもわかるだろう、というコミュニケーションは卒業しましょう! はじめは難しくてもいろいろな場面で実践してみることでコツがつかめてきます。 ぜひ実践してみてください!

次回は、良好な友人関係を築く方法の3つ目「会話力をつける」についてご紹介します。

★「わたしメッセージ」を実践して、友達がいない状態を克服しよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

*出典・参考文献
Duck, S., Rutt, D. J., Hoy, M., & STREJC, H. H. (1991). Some evident truths about conversations in everyday relationships all communications are not created equal. Human communication research, 18, 228-267.
Oswald, D. L., Clark, E. M., & Kelly, C. M. (2004). Friendship maintenance: An analysis of individual and dyad behaviors. Journal of Social and Clinical Psychology, 23, 413-441.
松本 啓子(2005).大人も知らない「本当の友だち」のつくり方, 講談社.



わたしメッセージで気持ちを伝えてよう