>
>
>
夫婦喧嘩を緩和する人間関係前向きメガネ⑥

夫婦喧嘩を緩和する人間関係前向きメガネ⑥

コラム⑤では、夫婦喧嘩を和らげる「感謝を伝える」について解説しました。普段の感謝をぜひ口に出して伝えてみてくださいね。今回は「人間関係前向きメガネ」についてご紹介します。

人間関係前向きメガネで魅力に気づく

人間関係前向きメガネは、相手のポジティブに目を向けていく方法です。夫婦喧嘩ではお互いの悪い面ばかりに視点がいきがちなので、意識して相手のいい面を探していきます。心理学的にはポジティヴ幻想という言葉を使うのですが、幻想というとちょっと嘘くさい用語になってしまうので人間関係前向きメガネとネーミングしました。

相手の魅力に注目して寂しい気持ちを軽減

実際に、Martzら(1998)の研究では、幸福度の高いカップルは、相手をポジティブな面をどんどん見つけ、理想化して捉える傾向にあることが指摘されています。

たとえば、相手に嫌なところを見つけたときでも、「でもこの人は○○をしてくれる」「○○は接してると安心させてくれる」などと「人間関係前向きメガネ」で相手の魅力をどんどん見つけるのです。この研究はカップルにおいての研究なので、夫婦喧嘩でも同じことが言えるでしょう。

人間関係はネガティブに考えようと思えばいくらでもネガティブに見えてきます。しかし、せっかく一度しかない人生で会えた相手なのです!できる限り、相手を肯定的に見る人間関係前向きメガネを掛けるように心がけましょう。あなたは相手の良いところがみえますか?!それでは、少し練習問題にトライしてみましょう。

ポジティブ眼鏡で寂しい気持ちを緩和しよう

練習問題

人間関係前向きメガネを夫婦関係に使う場合はシンプルです。
パートナーの魅力的な部分を3つ挙げてみましょう。

 

解答例
どんなものが思いつきましたか?解答例も参考にさまざまな例を考えてポジティヴ幻想を実践してみましょう。

・いつも料理を作ってくれる
・いつも洗濯をしてくれる
・傘を忘れた時駅まで持ってきてくれた

寂しい気持ちを軽減する捉えかた

いかがでしょうか?3つ思い浮かびましたか?夫婦喧嘩になった時やなりそうな時は、「パートナーの良いところはどんなところだろう?」と探す視点をぜひ持つように心がけましょう。

否定的な気持ちとの付き合い方

人間関係前向きメガネについて以下のような反論する人もいるかもしれません。

「見えていないだけで、悪いところも多くあるはずだ」
「理想的な面ばっかり期待したって、どうせ裏切られる」

その可能性はもちろん否定できません。しかし、最初から相手のネガティブな面ばかりを見つける癖を持っていると、夫婦関係は悪化の一途をたどります。

まずは相手のポジティブな面が見つからなくてもOKです。相手の良い部分を見つけようと姿勢そのものは絶対に相手に伝わります。そうした雰囲気や態度が夫婦喧嘩の解決に何よりも大事なのです。

夫婦喧嘩を解決させるために

今回のコラムは、人間関係前向きメガネについてお話をしました。夫婦喧嘩しそうな時はどうしても相手の悪い面に目を向けがちです。そのまま、相手のことを嫌いになってしまうこともあるかもしれません。

その時こそ踏ん張り時です。相手に不満を持つよりも、魅力を探してプラスな感覚を増やせるときっと、今後の夫婦関係も円滑になっていきます。

そうした自分自身の心構えを持続させることで、最後は暖かい人間関係にたどり着き、「寂しい」という感覚が和らぐのではないでしょうか。是非試してみてくださいね。

★理想と期待で夫婦喧嘩を軽減しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→