>
>
>

不信感を抱く原因と解決策で心をラクに!専門家が解説

不信感


不信感を抱く原因と解決策。正しい方法で心をラクに!臨床心理士が解説⑤

不信感の対処法を身に付けよう

今回がこの「不信感」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。コラム①では、不信感を解消できない問題と3つの原因をご紹介しました。

・考えと現実の混同
・回避癖
・自己開示不足不信感を抱く3つの原因と問題とは不信感を解消できなければ、気分や感情に影響を与える、対人関係にストレスが多いということでしたね。コラム②③④では、3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:脱フュージョン力をつける
不信感を解消できない1つ目の原因は「 考え」と「現実」を混同してしまうことでした。この点、「他人は信用できない!」という認知的フュージョンを振り返り、その考え方を「現実的」に脱フュージョンすることで、不信感を解消する方法をお伝えしました。ポイントは3つでしたね。  

・思考をみつける
・現実検討する
・脱フュージョンをする

コラム②では、人を信じられないという考えに飲み込まれた時に、脱フュージョンして現実的な行動を取ることを目指しました。 認知的フュージョン・脱フュージョンのワークに慣れると、、不信感に支配されている状況から抜け出し、思考と現実を区別することができます。そして、思考に支配されない現実的な行動を取ることが不信感の解消につながります。是非チャレンジしてみてください。

3つの方法で不信感を解消しよう

2:不安階層表で回避行動を克服
不信感を解消できない2つめの原因は「回避癖」でした。回避癖については回避行動を減少させる不安階層表を紹介しました。不安階層法を実施するポイントは3つでしたね

・チャレンジプランを創る
・段階で不安を振り分ける
・一番小さい不安から実行

コラム③では、不信感を持っているために回避している行動を整理し、段階的に実行していくことを学びました。是非実践して、回避行動を解消していきましょう。 

3:適切な自己開示で相互理解
不信感を解消できない3つめの原因である「相手のことを良く知らない」への対処方法をご紹介しました。適切な自己開示を行うことで相手を良く知ることを目指しました。適切な自己開示のコツは以下の3つでした。

・共感・文脈的配慮
その場の話の流れに気をつかうなど 
・聞き手の選択
周りに多くの人がいる場合は個人的な話をしない 
・時間及び場所の選択
静かで落ち着ける場所、聞き手が忙しくない時を選ぶ 

コラム④では、3つのポイントを中心に読み進めることで、適切な自己開示をし、相手のことを良く知ることが目的でした。自己開示には、単に自分の情報を伝えるだけでなく、相手も情報を開示しやすくなるという効果がありました。相手を信用するためにもまずは、相手を良く知ることが大切です。そのためにはあなたの積極的な自己開示が必要になるのです。

不信感を解消して心をラクに 

「不信感」コラムでは、不信感を解消できない悩みを対象に全5回のコラムで解説してきました。コラムを読み終えて「明日から1つやってみよう」と思って頂けると嬉しいです。

正しい対処法で不信感を軽減しよう

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「不信感」コラムにお付き合いして頂き、ありがとうございました。新しいことを生活に取り入れ、これまでの習慣を変えるのはなかなか大変なことです。焦らず、できそうなことから根気強く取り組んでみて下さい。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★3つの解消法で心をラクに。円滑な人間関係を作っていきましょう



3つの対処法で心をラクに!