>
>
>
感謝の気持ちを高める「内観療法」とは⑦

感謝の気持ちを高める「内観療法」とは⑦

コラム⑥では、感謝の気持ちを伝える「サプライズ法」について解説しました。ぜひ、特別な日を使ってプレゼンとイベントを行ってみてくださいね。今回は、感謝の気持ちを高める「内観療法」についてご紹介していきます。

「感謝の気持ち」を活用した内観療法

感謝を活用した心理療法もあります。元々吉本伊信という僧侶が精神修行として取り入れていたものを、学問の世界の心理療法家が検討を加え、現在でも病院などで活用されています。

内観療法はしっかりやると数日かかるため、本コラムでは日常的に取り組めるように内観療法に少しアレンジを加えて紹介します。もしよろしければ実際にやってみましょう!

①家族一人を思い浮かべる
身近な家族の中で最もよくしてもらったと思う人物を具体的に一人思い浮かべましょう。
例:妻、母親、兄弟

②してもらった行動を思い浮かべる
してもらった行動について、その時の状況を具体的に考えます。それはいつのことなのか?また、どんなことをしてもらったのか?

例:毎朝、1年前、学生だったとき
例:お弁当を作ってもらった、励ましてもらった、洋服を用意してもらった

③どう感じたかを記入
相手にその行動をしてもらった時に、あなたはどのように感じましたか?その時の感情や思ったこと書き出しましょう。
例:嬉しかった、楽しかった、感動した

①②③のポイントがでたら、下の表に記入してください。

感謝の気持ちに気づく方法振り返ってみてどうだったでしょうか?予想以上に家族から様々な感謝すべきことをしてもらっていたと思います。

今回は家族に限定して振り返ってみましたが、例えば、会社や良くいくお店など視野を広げてみると、より感謝の気持ちでいっぱいになる持つきっかけが増えると思いますよ。

感謝の気持ちに気づく

離婚危機を脱したタナカさん

私は以前、社会人向けに個人カウンセリングを行っていました。ある日、深刻な顔をした33歳のタナカさんがいらっしゃいました。タナカさんはある有名企業に勤めて10年になり、出世頭になっていました。

また、結婚して5年経ち、子供も2歳になりました。しかし、夫婦仲が悪く、このままでは離婚するかもしれないということでした。

家庭でも妻に子育ては任せっぱなしでした。そんな中で料理が少しでも手抜きだと注意するので、夫婦喧嘩が絶えませんでした。タナカさんは、日々の生活に慣れてきており、周囲にやってもらっていることについて感謝の気持ちを忘れてしまっていました。

例えば、家庭に関して
・妻に料理を作ってもらっていること
・子育てをがんばってくれていること

について感謝の気持ちを表すことをしていません。

ありがとうの数が20回に

タナカさんはカウンセリングの中でそういった態度を反省し、内観療法を勉強しました。自分と向き合う中で日々の生活の中に埋もれていた「感謝」に気が付く必要があると考えました。

タナカさんは「当たり前」という気持ちをひとまず置いておいて、これまで様々な人にしてもらったことに感謝することを意識して生活をしました。

具体的には「ありがとう」をいつもの3倍に増やすと決意されました。毎回のカウンセリングで回数を数えてみると、最初は1日3回程度だったのが、2か月後には20回も言えるようになったのです。

2か月後、奥さんの笑顔を久しぶりに見ることができた!とタナカさんは充実した表情になっていました。離婚の問題も解決されたようでした。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「感謝の気持ち」をテーマにしたコラムにお付き合いしていただき、本当にありがとうございました!

当コラムを読んで、感謝の気持ちを伝えるということについて理解を深めてもらえたでしょうか?人間関係において感謝の気持ちを伝えることはとても大事なことです。うまく感謝の気持ちを伝えて、良好な人間関係を築いていきましょうね!

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★ 内観療法で感謝の気持ちを高めよう!

人間関係講座

①感謝の気持ちの伝え方概観
②感謝の気持ち診断とチェック!
③ありがとう発見法とは
④「理由」をつけると2倍伝わる
⑤非言語を意識しよう!
⑥サプライズで思い出に♪
⑦「内観療法」で感謝UP

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→