>
>
>

配慮ができない!を解決する

配慮


か配慮ができない!を解決する「限界設定」とは?②

コラム①では、配慮の力を高める方法を3つご紹介しました。「①限界設定」「②あいさつ、声掛け」「③相手の立場になって考える」でしたね。今回は、配慮の力を高める方法の1つ目「限界設定」についてのご紹介します。練習問題を交えながらご紹介していきます。

配慮と「過剰適応」の関係

相手に配慮をしようと考える時に、問題なのが「過剰適応」です。過剰適応とは、必要以上に置かれた環境に自分を合わせてしまう状況を指します。

以前カウンセリングに来られたAさんは過剰適応で悩んでいました。

Aさんは、お金が無い状態で家賃など10万円が必要な友人がいました。悩む友人の姿を見てと、Aさんはお金を工面して何とかお金を貸しました。

ただ、次はAさん自身のお金がなくなり、月末まで食費を節約しなければならない状態になってしまったようです・・・こうした援助のしすぎがいままで1度や2度ではなく、繰り返し同じようなケースがあったようです。
協調性を高めるには想像力が必要

このような場合、過剰適応が原因だと考えられます。相手へ配慮する時は自分に心理的な負担がかかったり、時間を失うことがあります。自分に余裕がないのにもかかわらず、過剰に配慮しようとするとメンタルヘルスに悪影響となってしまう恐れがあります。

では、健康的に相手へ配慮するにはどのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか?

正しい配慮の仕方

健康的な配慮をするには以下の3点を心がける必要があります。

①相手に置かれた状況を考える
はじめに相手の状況や環境を考える

②限界設定をする
自分にどれだけ余裕があるかを考える

自分の限界を定めておく

③心よくサポートする
限界設定したら、その範囲内で心よく配慮する

このような流れで行います。重要なのは、「限界設定」です。限界設定とは「自分にできることと、できないこと」を区切って決めておくことです。

自分の限界を明確にすると、自分ができる範囲内で相手に配慮することができるをので、過剰適応が起こることはありません。

限界設定を使ったAさんの例

①相手に置かれた状況を考える
「そうかぁ、〇〇さん家賃払えないのか・・・大変だな」

②限界設定をする
「自分の月末までの余裕は、現実的に3万円まで。限界設定は3万円にしよう」

③心よくサポートする
「お金がなくても大変だね。。ただ、僕もそこまでお金に余裕があるわけではなく、3万円までは助けることができるんだけど、それ以上は厳しいんだ。でも3万円だったら、貸せるから困っていたら助けるよ!」

このように素直に相手「限界」を示すことが大切です。

協調性を高める方法

配慮できるラインが曖昧になってしまうと、相手が大きな要求をしてきた時に自分を犠牲にしてしまうことがあります。

配慮は自分ができる範囲内で行う。そして、一度限界を設定したら、その範囲までは気持ちよく配慮する!ことを心がけましょう。

練習問題

最近、友人から恋愛相談について頻繁に電話かかってくるようになりました。現在関係がうまくいかずに悩んでいるようです。ただ、毎回長電話になってしまい、あなたは正直なところ、少し疲れを感じています。サポートしてあげたい気持ちはあるものの、このままではあなたの時間と労力が削られていく一方です。上記のような状況で以下の3つのステップを考えてみましょう。

①相手に置かれて状況を考える

②限界設定

③気持ちよく手伝う

 

 

解答例

①相手の状況を考える
恋人との関係が良くない時は、モヤモヤした気持ちを相談したくなるものだ。友人も今混乱しているだろうな・・

②限界設定
相談に乗ってあけまたい気持ちはあるものの、仕事で疲れている時や次の日の朝が早い時は難しい。電話は厳しいことを伝えて、お互い休日の毎週土曜日のお昼に一緒にランチをして悩みを聞くようにしよう。

③心よく配慮する
ごめん!最近、朝早く起きる必要が出てきたので、平日に電話をすることは厳しくなってきんだ・・・もし空いてたら、毎週土曜日にランチしよう!そのときゆっくり話そう!→実際ランチの時はしっかり話を聞く

配慮する時は健康的に

このように、配慮する時は限界設定をが大切です。相手も自分も過剰に配慮することなく、適度な距離感を保つことができるようになります。

配慮がゼロだったり、逆に過剰な配慮もNGです。健康的な範囲内で相手をサポートすることができるように、助けあいの精神を持ちましょう。

視点を変えて協調性を高めよう

人には返報性の心理があり、サポートした分は相手も助けてくれることが多いです。次回は、配慮の力を高める方法の2つ目「あいさつ、声掛け、ウェルカム」についてご紹介します。

★配慮は自分に余裕があって始めてできること!自分の限界を設定しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

 



「限界設定」を覚えよう