>
>
>

配慮にかける問題点と解決策!

配慮


 配慮にかける問題点と解決策!メールや謝罪など配慮のコツ⑤

配慮の力を高めて人間関係向上

今回が「配慮」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。コラム①では、配慮にかける3つの原因をご紹介しました。

・自己犠牲への不安
・言葉が足りない
・完璧主義な考え

配慮にかけると、人間関係がスムーズにいかなくなってしまいます。そして、自分にとっても、周りにともっても心理的に追い詰められる状態となってしまうケースがよくあります。

また、相手の気持ちを察して行動できることが配慮できる人の特徴でしたね。まずはセルフチェックで確認してみましょう。まだの方はぜひやってみてくださいね!

1:「限界設定」で無理せず配慮
配慮にかける1つ目の原因「自己犠牲への不安」へ対策するためには、限界設定をすることがポイントでした。そのために、以下のような3点を意識するようにしましょう。

・相手に置かれた状況を考える
・限界設定をする
・限界までは快く配慮する

コラム②の練習問題も活用しつつ、自分の限界を決めて、できる範囲で相手に尽くしていきましょう。

2:あいさつ・声掛け・ウェルカム
コラム③では、配慮にかける2つ目の原因「言葉が足りない」を対処する方法として、3つの方法をご紹介しました。

・あいさつで相手の元気度を判断
・質問による声掛けを行い
・別れ際やメールの最後に言葉を添える

このような、些細な心がけと新しい考え方を持つことでで、配慮の力は高まっていきます。少しずつ実践して習慣づけしていきましょう。

3:相手の立場になって考える
コラム④では、配慮ができない3つ目の原因「完璧主義できつく当たる」を解決する方法をご紹介しました。偏った考え方を柔軟にするワークを通して、寛容な心を身に付けることが目的でした。

質問1:自分が相手と同じ状況だったら?
質問2:自分の考えは正しいといえるだろうか?
質問3:相手に配慮する考え方はできますか?

この3つの質問を自分に投げかけることで、完璧主義の狭い思考を修正し、自分にとっても周りにとっても精神的に丁度いい振る舞いができるようになります。また、相手にきつく当たりすぎたことを素直に謝罪できるようになります。そして、相手の立場に立って行動することで配慮の力を各段に高めることができます。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「配慮」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!まずは、ご紹介した方法や練習問題を参考に実践してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★3つの改善策で配慮の力を高め、充実した人間関係を築こう!



メールや謝罪など配慮のコツ