>
>
>
腹黒い人との付き合い方

腹黒い人との付き合い方「読心術をやめる」⑤

コラム④では、腹黒い人の特徴と上手に付合うための「自己開示」について解説しました。2つのポイントを意識して、実践してみてくださいね。今回は、腹黒い人との付き合う方のコツとして「読心術をやめる」について解説します。

過剰な読心はNG

皆さんは相手の本心を考えすぎてしまうことは、ありませんか?他人の気持ちを考えることは大切なことです。しかし過剰に読心してしまうと懐疑的になって相手の本心がますます分からなくなることがあります。

過剰な読心をする人は、
相手に不信感を抱く傾向があります。

必要以上に読心しない人は、
本音で付合う人間関係を作ることができます。

読心しないほうがいい理由

相手の心を必要以上に意識することで、

・疑心暗鬼になる
・みな腹黒い人に見えてくる
・ちょっとした一言に反応してしまう

などが増え、相手を信じることができなくなっていきます。日常的に疑いをもつ機会が増えてしまうため、コミュニケーションで不信感が増してしまうのです。一方で、必要以上に読心しない人は、相手を信頼するとその期待に応えようとする気持ちが芽生えます。その結果、以下のような恩恵を得ることができます。

・相手も本音で話してくれる
・嘘が周りから少なくなる

たとえ腹黒い人がいたとしても、必要以上に心を読みすぎないことが信頼関係を構築する上で大切になります。

読心術をやめる方法

では相手の本心を過度に気にしてしまう場合、どう対処法すればでしょうか。読心術をやめて、腹黒い人とうまく付き合う方法は3つあります。

①今すべき事に集中する
腹黒い人の本心を考えることが止まらない場合は、今やるべきことに集中しましょう。1つのことに注意を向けることで、考えごとが生まれなくなっていきます。どうしても集中できない場合には、5分だけでも手を動かして見ましょう。1度、やり始めてしまえば次第に集中力が増していきます。

②相手に質問する
腹黒い人の本心が気になって仕方ない時には、直接質問することもいいでしょう。質問する時には、自己開示をしっかりとした上で、相手の本音を聞くようにしましょう。相手の本音は、思いのほか自分の読みと外れていたという場合も多いです。

③良い意味で諦める
どこまで行っても腹黒い人の気持ちを100%理解することはできません。仮に相手が「本心を打ち明けるよ」といったとしても、それが真実だとは言い切れませんし、自分に疑念の心があれば嘘へと変わってしまいます。良い意味で諦めることも有効な方法です。

3つのコツで腹黒い人と付き合う

3つの点を意識して、必要以上に相手の心を読みすぎないようにしてみてくださいね。

腹黒い人を見抜いていこう

最後に、これまで「腹黒い人」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!腹黒い人との付き合い方ついて、日常的に悩んでいるかもしれません。まずは、ご紹介した腹黒い人特徴や付き合い方を実践するなかで、相手を見抜く力を養っていただければと思います。

・専門家の講義を受けたい方へ

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→