>
>
>
人が嫌いを改善する

人が嫌いを改善する「積極的な完璧主義とは」②

コラム①では、人が嫌いに対して3つの対処法をあげました。具体的には「①ポジティブな完璧主義を目指す」「②考え方を変換する」「自己評価を適切にする」でしたね。今回のコラムでは、人が嫌いな気持ちの対処法として「ポジティブな完璧主義を目指す」について解説していきます。

2つの完璧主義タイプ

突然ですが、皆さんは完璧主義な傾向があると思いますか?誰しもミスなく完璧に物事をこなしたいという考えは誰にでもありますよね。しかし、この完璧主義が実は人が嫌いな感情を高めていることが考えられるのです。

完璧主義は2つのタイプに分類することができます。1つは消極的完璧主義、2つ目は積極的完璧主義です。

・「消極的な完璧主義」
 会話中に失敗してはいけない
 恥をかいたら人生終わりだ
 相手に嫌われてはいけない

・「積極的な完璧主義」
 絶対に明るく会話するぞ!
 必ず場を盛り上げよう!
 今日は絶対にユーモアを大事にして話すぞ!

どの考え方も、極端なので完璧主義であると言えるのでしょう。前者はミスしてはいけない、という消極的な完全主義で視点がネガティブに向いています。逆に積極的な完璧主義はポジティブな方向に目を向けていますね。

マイナス完璧主義で人が嫌いに

齋藤(2009)は、東京都の大学生474名に対して、完璧主義と心理的な影響について調査を行いました。その結果、失敗を恐れる完璧主義のある方は「集団にとけこめない」「人の目が気になる」「社会的場面で当惑する」傾向があることがわかりました。以下の図を眺めてみてください。

まず失敗過敏の段を見ると、「集団に溶け込めない」「人間関係の当惑」がUPしていることがわかります。ただ、同じ完璧主義でも目標を高く持つ積極的な完璧主義を持つ方は、こうした傾向はみられなかったのです。それどころか幸福感がUPしていることが見て取れます。

人が嫌いという感覚が大きい方のほとんどが「ミスをしたくない」「嫌われたくない」という完全主義な傾向が強いです。こうした思考が自分自身に過剰なプレッシャーをかけ、さらに人が嫌いな気持ちや不安を高める1つの原因なのです。

ネガティブに気を取られるとミスをする

ミスしてはいけない・・・という感情が強いと、実際によくない結果を招くことにもつながりやすくなることがわかっています。ミスしてはいけないと強く考えることで、本当に失敗してしまう心理を「ゴーレム効果」と言います。根気のない考えや予言を信じて、行動することで、(予言)が本当に現実になってしまうのです。

日々の生活では、例えば、「絶対に嫌われたくない」「絶対に相手に迷惑をかけてはいけない」と考えて人と会話するとします。しかし嫌われたくない!と強く思うと嫌われてしまった場合に、意識が向いてしまい、会話の至るところで顔色を伺ってしまいます。

その結果、うまく話すことができず、失敗経験を重ねやすくなります。こうしたミスを繰り返すと、自信がなくなってきてその場面が嫌になってしまうものです。失敗体験の多さが人と嫌いな気持ちを強めてしまうのです。

積極的な完璧主義とは

繰り返しになりますが、ミスを過度に回避しようとする完璧主義の特徴は、
「絶対に○○はダメ」
「〜しなくてはしなくてはいけない」
「〜は厳禁だ」
という思考を持ってしまうことです。思わず力んで入ってしまうようなフレーズで、気持ちも前向きになりづらいですよね。このように人が嫌いという気持ちの原因にもなってしまう完璧主義ですが、必ずしも悪いことばかりではなく、完璧主義がプラスの働きをしてくれることがあります。それは

「〇〇するぞ!」

と考える完璧主義です。

例えば、サッカーの試合1点リードしている状況で、「失点してはならない」「崩されてはいけない」と思うのが消極的完璧主義です。こうした状態では、緊張してしまって返ってミスをしやすくなります。ここで、積極的な完璧主義のひとは、 

「ワンプレー、ワンプレーに集中して守り抜こう!」と考えるのです。失敗してはいけない・・・ではなく、守り抜く!というマイナスな表現をつかっていることがわかります。

対人関係の場面で考えると、「話しかけて悪い印象を持た(=だから話しかけない)」と思うのが消極的完璧主義です。これに対して、「貴重な機会だからどんどん話しかけよう!」と思うのが積極的完璧主義です。

とはいえ、今まで消極的完璧主義の考え方が癖付いていた方が突然に意識を変えるのは難しいかと思います。まずは、口にする言葉だけでもOkです。数か月、失敗を怖がるイメージではなく、積極的な完璧主義を行っていきましょう。

人が嫌いの考え方を変えよう!

ここで、練習問題に挑戦してみましょう!以下に、人が嫌いの原因である「消極的な完璧主義」の考えが示されています。これを、積極的な完璧主義の考え方に変えてみましょう。

練習問題1
プレゼンでは絶対にミスをして迷惑をかけてはいけない

プラスに変えてみましょう

 

解答例
プラスに変換
⇒声をハッキリと出すことに集中するぞ!

 

練習問題2
初めての挨拶なので、不快な印象を与えてはならない

プラスに変えてみましょう

 

解答例
プラスに変換
⇒打ち明けるために、すこしユーモアを入れて緊張をほぐそう!

「人が嫌い」をプラスの完璧主義で克服!

ワークいかがでしたか。解答例は、あくまで1つの例です。みなさんが積極的になれて、人が嫌いが和らぐ回答であれば、それも正確です。またプラスの感情がすぐに思いつかなくても大したことではありません。マイペースに積極的な完璧主義の考え方を習得していきましょう。

少しずつ挑戦してみて、積極的完璧主義をしてみてくださいね♪完璧主義を前向きに変えることができれば、人が嫌いを改善できるでしょう!

次回は、人が嫌いを克服する2つ目の方法「考え方を変える」についてご紹介します。

★人が嫌いは消極的を積極的に変えることで克服できる

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

・・自己志向的完全主義の特徴 : 精神的不健康に関する諸特
性との関連から 2009 齋藤, 路子; 今野, 裕之; 沢崎, 達夫
対人社会心理学研究. 9 P.91-P.100



積極的な完璧主義を身に付けよう