>
>
>
人が嫌いを克服する方法

人が嫌いを克服する方法とトレーニング集⑤

「人が嫌い」の改善方法を確認!

今回が「人が嫌い」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

「人間嫌い」が起こる原因は?

コラム①では、人が怖いと感じている3つの原因をご紹介しました。

・消極的な完璧主義
・ネガティブに注目する
・周りの評価を気にし過ぎる

人が嫌いな気持ちが強くなると、ストレスが長引いてしまい大きな負担をかけてしまいます。最悪の場合、精神的にも肉体的にもネガティブな影響が出てしまいます。

簡単診断できる対人不安度チェックで、今の自分の状態をチェックして改善に向けた第一歩を踏み出しましょう。まだの方はぜひトライしてみてくださいね。

コラム②③④では、人が嫌いな気持ちを強めている3つの原因を解決する方法をご紹介しました。

1:ポジディブな完璧主義を目指す
人が嫌いの1つ目の原因「消極的な完璧主義」の解決策をコラム②でご紹介しました。

消極的な完璧主義は、失敗しないように考えるあまり相手への不安も膨らましてしまうため「消極的→積極的に変える」ことが大切でしたね。「ベストな結果を残そう!」と考える完璧主義はプラスの力になります。消極的な完璧主義の考えによって行動できなくなった時には、特に意識してみましょう。

2:ポジティブに注目する
人が嫌いの2つ目の原因「ネガティブな部分に注目する」を解決する対処法です。

1つの視点だけはなく、幅広い視点で物事を捉えることが大切でしたね。相手がニヤリと笑っているだけで、自分がからかわれていると考えるのは早計です。常にさまざまな可能性を考えられるよう、コラム③でご紹介した練習問題を取り組むことで視野を広げていきましょう。

3:自分の考えを大切にする
人が嫌いの3つ目の原因「周りの目を気にしすぎる」の対処法です。

自分らしさを確立させることで、他人の評価に一喜一憂しなくなります。そのため、過剰に周りの意見や視線が気になる人は価値観を見定めることが大切でしたね。コラム④の改善事例を参考に、周囲に評価に振り回されない考え方を覚えていきましょう。

人生の可能性を広げよう!

ここまで「人が嫌い」コラムを読んでピンと来た方もいらっしゃるかもしれませんが、実は人が嫌いや対人不安などは必ず改善できます。それは自分の考え次第で、人間関係での新しい側面をいくらでも発見することができるからです。

ご紹介した解消方法を実践する中で、人が嫌いな気持ちを高めていた3つの原因を克服できたら幸いです。また、人が嫌いな気持ちはどんな人にも少なからず感じるものなので、無理に抑え込まず「おっと、また出てきたぞ」ぐらいの感覚で柔軟に対応できるといいですね。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「人が嫌い」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!まずは、ご紹介した解消方法やトレーニングを使って実践してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、心理学講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★人が嫌いな自分を受け入れて、3つの方法を実践しよう!



トレーニングで少しづつ克服!