>
>
>
人間嫌いと診断を紹介!克服する方法とは

人間嫌いと診断‐3つの克服法

みなさんはじめまして!精神保健福祉士の川島です。現在、精神疾患を抱える方へのカウンセリングや心理学の講義を行っています。当コラムは「人間嫌い」をテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。コラム1ではまずは「人間嫌い」の理解や診断、コラム2~5では改善策を解説します。

人への不安を克服しよう

日々生活している中で、人間嫌いな気持ち抱く事は、どんな人にも少なからずあると思います。例えば、こんな経験をしたことはありませんか?

・人と話すときに緊張してしまう 
・初対面の人と話すと疲れる

・周りの人にどう見られるかが気になる
・人と話すときに手が震えたり、汗をかく

これらの症状に当てはまる方は注意が必要です。人間嫌いな状況が長く続くと、人と接することが難しくなってしまい、深刻化すると対人恐怖症に発展してしまうこともあります。病的なレベルでは「自分は変な顔や容姿をしている(容貌恐怖)」「人の目線に恐怖を感じる(視線恐怖)」などと診断されることもあります。

日本人は相手の迷惑をよく考える

日本の教えとして「人に迷惑をかけてはいけない」といった言葉を頻繁に耳にします。こうした日本人の感覚は対人不安を強く持ちやすいと考えられてきました。相手の目が気になるという状態を日本人は克服しにくいのですね。森田正馬という心理療法家は最初の対人恐怖の治療家と言われています。

もう100年近く前のことで世界的に見てもめずらしい研究でした。森田の研究をベースとしてその後日本では人間嫌いと近い意味として「対人恐怖」について様々な研究がされてきました。

音羽ら(2015)は人が怖い人の特徴を以下の2つに分けています。

「自己主体性」による「恐怖」
“人前で恥をかく”といった自分主体の考え方

「他者主体性」による「恐怖」
“相手に迷惑をかける”という相手主体の考え方

皆さんはいかがでしょうか?人間嫌いという気持ちは人によって様々ですが、大きく分けると、恥をかきたくないか・・・他人に迷惑をかけるのが嫌・・・という2つのパターンがあるのです。

人間嫌いと心理的影響

人間嫌いという気持ちは誰しも心のどこかに存在するものなのですが、具体的にどのような心理的な影響があるのでしょうか?堀井(2014)は大学生4461人を対象として、対人恐怖心性について調査を行いました。その結果、下図のような結果になりました。対人恐怖心性は、様々な恐怖の感情と関連していることがわかります。

この図では、0.85、0.82・・・という数字が示されています。これは統計的な影響の強さを表す数字なのですが、心理学の世界では0.4未満以下は弱い影響、0.4~0.7はある程度影響、0.7以上でかなり影響すると考えます。対人恐怖心性は、孤立恐怖、自己視線恐怖、加害恐怖、登校回避に影響することがわかります。

*親密恐怖とは?

上記の図の親密恐怖というのは、「親密になることを恐れる」という恐怖症です。親密恐怖の方は初めて人と会うシチュエーションはOKなのですが、関係が深まっていくほど、恐怖が強くなっていくという心性を持っています。心理学的には見捨てられ不安と言ったりします。仲良くなるにつれて、逆に自分は見捨てられるのではないか?という気持ちが過剰になり、これ以上親密になるのは怖いという気持ちが高まっていきます。

周囲からのサポートで「人が好き」に

人間嫌いな人は周りからソーシャルサポートを得られる機会が少ないかもしれません。特に励ましてもらったり、悩み相談できる相手がいると「他人の良い部分」に目を向けられるようになることが分かっています。

細田ら(2009)の研究では、中学生305名を対象にソーシャルサポートの種類と自己肯定感についての関連を調査しました。

上記の図のように、どのソーシャルサポートも他者肯定感を高める効果がありますが、特に両親からのサポートからが得られるとより他人の良い部分に目を向けられることが分かります。両親から「励まし」「応援」などの情緒的なサポートをもらっている人は、別の人間関係でも他人を受け入れやすくなるのです。

さらに、同研究では、ソーシャルが得られると人間嫌いが和らぐだけでなく、自分も好きになれることが分かっています。下記の図は、ソーシャルサポートと自己肯定感、他者肯定感の関連を示したものです。

すべての数字に置いて「正の相関」が確認できます。つまり、ソーシャルサポートが得られることで「他人が好き」になり、その結果、「自分も好きになる」のです。その逆もしかり。

このように、ソーシャルサポートと自他肯定感は、相互に影響し合っていると考えることができるのです。人間嫌いを克服するためには、サポートしてくれそうな人を探したり、自己肯定感を高めることが大切だと考えることができそうですね。

人間嫌いは治療が遅れやすい

日常生活や仕事に支障が出るほどの人間嫌いの悩みは、心理学で「社交不安症」に分類されます。社交不安症の要因はいくつもありますが、小学校でいじめを経験した、友人と喧嘩して心に傷を負った、人の輪にうまく入れなかったなどが発症原因になることが多いです。

そして、社交不安症を発症した人の約75%が15歳以下で発症しています(図1)。同じことが精神保健疫学調査(1993)やこころの健康についての疫学調査(2006)でも示唆されています。

図1. 社交不安障害の発症年齢(DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルより、一部改変)

しかし、社交不安症の特徴は、克服への行動が遅れてしまう事です。病気であることが気づきにくいため、発症年齢と専門機関に診断を受けに訪れる年齢が異なるケースが多くあります。発症は15歳までがほとんどにも関わらず、なかなか悩みを打ち明けられず、何年も引きずってしまう。実際に15歳以下の人が「人間嫌い」という悩みで専門機関に通っている姿はイメージしずらいでしょう。

ある研究では、発症年齢と10年以上ずれた30代半ばで医療機関や心理相談を行っている機関を訪れる傾向があることが報告されています。こうした相談の遅れが症状を深刻化させる要因にもなると言えます。

音羽・森田(2015)は個人の性格や日本特有の文化要因などによって社交不安症が見逃されるケースが多くあると述べています。また、社交不安症はうつ病や自殺といった他の精神的な問題と関連があることも報告しています。

人が嫌い傾向診断

それではここで実際に今の状況を知るために、「人が嫌い傾向診断」をしてみましょう。

人が嫌い傾向診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
人から見られるのが怖い
2.
ダメな部分を見られてはいけない
3.
人を信用できない
4.
相手の欠点を発見する
5.
雑談場面を避ける
6.
飲み会などの参加を避ける
7.
人と話すと緊張する
8.
人と話すと表情がこわばる
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は?  
あなたのお住まいは?
診断についての注意

人が嫌い傾向診断 注意事項
・当尺度は社会心理学の大学院を卒業した者の監修の元作成しました
・当尺度は医療的な診断を行うものではありません
・当尺度は予備調査の段階となります
・参考までにご使用ください
以下診断についての、趣旨や作成の手順が明示されています。尺度について疑問を持たれた方、専門家の方、興味がある方はご一読ください。


尺度作成の趣旨
現代社会では、主にスマーフォトフォンでの検索やアプリが入り口となっており、多くの方がメンタルヘルスに関わる疑問や、問題解決の糸口をWEB検索から模索を始める傾向があります。当該入り口において方向性を誤ると、メンタルスの改善の迷路に迷い込む恐れがあるため、限られた時間の中で、ある程度簡易的に自分の状態を把握するコンテンツや診断が必要と考えています。
そのため、弊社では、メンタルヘルスの問題となりやすい根源的な感情に焦点を当て、簡易的な自己判断ができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、予防機能、メンタルヘルスに関心をもって頂くことを趣旨として作成します。

?
尺度作成の条件
尺度を作成するにあたっては以下を意識して作成する。
・電車・バス内でも簡易的に読める文章を心掛ける
・学術的なフレーズは避ける
・あくまでヒントとして診断をする
・尺度の限界を示す
?

尺度作成手順
尺度抽出について
「人が嫌い」という言葉は「対人恐怖」「社交不安」と近接した概念であると言える。人が嫌いという表現を使った学術的な先行研究は見当たらない。そのため、尺度の作成については以下の対人恐怖症診断の尺度の作成手順と解釈で進めていく。
https://www.direct-commu.com/chie/mental/fear1/

わが国では対人恐怖について1930年代から森田療法を中心として継続的に研究がなされてきた。対人恐怖症状は、山下(1977)は対人恐怖を緊張型・確信型の2種類に分類する立場や、自己臭恐怖、赤面恐怖、会話恐怖など細かく分類する立場などがある。

本尺度ではDSM-5やICD-10など医学的な基準もある程度参考にする。なお、DSM-5の分類においては、尺度項目には薬物乱用に関する要素も存在するが、本尺度の趣旨は医学的なものではなく、あくまでスマートフォンユーザーを主体とした、一般化された尺度である。そのため、自己臭恐怖や赤面恐怖など特定の部分ではなく、「人が嫌い」基本的な心性を理解、予防する診断を目的とした尺度を作成することとする。

具体的には対人恐怖近接する論文や国際基準、臨床心理士・社会心理学の大学院を卒業した者が協力し質問項目をブレーンストーミングし、質問項目を網羅した。

 

参考文献
DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引?
2014  American Psychiatric Association
ICD‐10 精神および行動の障害―臨床記述と診断ガイドライン2005 
融 道男 (翻訳), 小見山 実 (翻訳), 大久保 善朗 (翻訳), 中根 允文 (翻訳), 岡崎 祐士 (翻訳)
医学書院
Liebowitz Social Anxiety Scale Liebowitz MR. Social Phobia. Mod Probl Pharmacopsychiatry 1987;22:141-173
対人恐怖  新臨床医学文庫 1984 山下格
社交不安障害の診断と治療 2015 朝倉聡 精神神経学雑誌117巻6号 413-430

 

?抽出された尺度についてKJ法によりグルーピングを行い4グループにまとめ、ラベリングを行った。WEB対応簡易型尺度とするため、グループ質問項目をそれぞれ2つの質問に削ったまたスマフォ画面に収まるように文言を微調整した。

*通常であれば予備調査で説明変数から多い順に
 採用するが今回は川島の判断で選択した

・・・・・・・・・・

*マイナスの評価過敏
人から見られるのが怖い
ダメな部分を見られてはいけない

*他者否定感
人を信用できない
相手の欠点を発見する

*回避欲求
雑談場面を避ける
飲み会などの参加を避ける

*身体的緊張
人と話すと緊張する
人と話すと表情がこわばる

 

・・・・・・・・・・・
診断については、5件法で行う。因子ごとの評価は行わず総合点について4群に分類し解説文を200文字程度で作成した。結果については、利点と注意点の2つの面からバランスよく記述することを心掛ける。診断結果については提案程度にとどめ、自己選択できるように記述を行う。
?
  今後の予定
  →回答数が充分集まった段階で
   因子分析と他の尺度との関連を精査し、
   精度を高めていく予定である

診断結果
・人が嫌い傾向(強い)32?40
*長所
人が嫌い傾向が強いと言えます。人が嫌いな傾向が強い方は、慎重に他人に接するため、リスク回避ができます。また過剰に自分をひけらかすことをしないので、周りから不快に思われることも少ないでしょう。対人関係に敏感なので、人の内面を正確に描写できる方もいます。距離を取りながらじっくり関係を築きたい方と相性がよさそうです。

*注意点
人が嫌いな傾向が強いと回避行動が多くなると言われています。対人場面を長期的に避け続けることでと社会性が弱まり、生きづらいと感じることもあるでしょう。本コラムで解決策を解説しましたので参考にしてみてください。また人が嫌いな気持ちを非常に強く感じる方は心療内科や精神科の受診も視野に入れましょう。

?
・人が嫌い傾向(やや強い)25?31
*長所
人が嫌い傾向がやや強いと言えます。人が嫌いと感じるものの、少なからず人と関わる場面に参加している方が多いでしょう。また人が嫌い傾向がある方は、距離感を保ちながなら人と接するため、礼儀正しい印象を持たれることが多いと言えます。人の気持ちに敏感なので、相手の心を細かく描写するのが得意な人もいます。

*注意点
人が嫌い感情は「回避行動」と結び付きやすいと言われています。人と話す場面を長期的に避ける続けると社会性がなくなり、さらに人が嫌いになってしまう可能性があります。本コラムで予防策を解説しました。興味がある方は参考にしてみてください。


・人が嫌い傾向(やや弱い)21?24
*長所
人が嫌い傾向はやや弱いと言えます。人が嫌いという気持ちは少なく、社交的な場面に参加をされている方が多いでしょう。人が嫌い傾向が弱い方はソーシャルスキルが高く、孤独感も低下することが分かっています。円滑な人間関係の中で健康なメンタルヘルスの方が多いでしょう。
?
*注意点
人が嫌いな気持ちが大きくなると回避行動に結び付きやすいと言われています。対人場面を長い期間さけてしまうと生活を続けると社会性がなくなり、生きづらさを感じることになります。現段階では問題ないですが、本コラムで予防策を解説しましたので興味がある方は参考にしてみてください。
?
・人が嫌い傾向(弱い)8?20
*長所
人が嫌い傾向はほとんどないと言えます。人が嫌いと感じることは少なく、積極的に社交場面に参加をされている方が多いでしょう。人が嫌い傾向が弱い方はソーシャルスキルが高く、孤独感も低いことが分かっています。良好な人間関係の中でメンタルヘルスも安定した方が多いでしょう。営業職・接客業など人と関わる仕事も向いていると言えます。

*注意点
人が嫌い傾向が弱い方は、行動的である一方で、「主導権の握りすぎ」が問題となることがあります。特におとなしい方、口下手の方と接する時は相手の話を聞く、自分が話すぎないなど配慮をしながら話すことも意識しましょう。

 

人が嫌い傾向(MAX 40)

人が嫌い傾向(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど、人が嫌いな傾向があることを示しています。以下の基準を参考にしてください。

 ・32~40 強い
 ・25~31 やや強い
 ・21~24 やや弱い
 ・8~20    弱い

人が嫌い傾向(MAX 40)

人が嫌い傾向(MIN 8)

あなたのライン

年代別の比較となります。ご自身の年代と比較してみましょう。

あなたが所属する群

以下の2群に当てはまった方は注意しましょう。

 ・32~40 強い
 ・25~31 やや強い

  • 総合

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 新潟県 39 1
    2 静岡県 35 1
    2 山梨県 35 1
    4 北海道 34 1
    5 宮崎県 33 1
    5 兵庫県 33 1
    7 東京都 32.5 10
    8 鹿児島県 31 3
    9 神奈川県 30 1
    9 京都府 30 1
    11 富山県 21 1
  • 男性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 新潟県 39 1
    2 東京都 35 3
    3 神奈川県 30 1
    4 富山県 21 1
  • 女性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 静岡県 35 1
    1 山梨県 35 1
    3 北海道 34 1
    4 兵庫県 33 1
    4 宮崎県 33 1
    6 東京都 31.43 7
    7 鹿児島県 31 3
    8 京都府 30 1

2018年9月18日から調査を開始しています。現在集計中です。

*長所
人が嫌い傾向が強いと言えます。人が嫌いな傾向が強い方は、慎重に他人に接するため、リスク回避ができます。また過剰に自分をひけらかすことをしないので、周りから不快に思われることも少ないでしょう。対人関係に敏感なので、人の内面を正確に描写できる方もいます。距離を取りながらじっくり関係を築きたい方と相性がよさそうです。

*注意点
人が嫌いな傾向が強いと回避行動が多くなると言われています。対人場面を長期的に避け続けることでと社会性が弱まり、生きづらいと感じることもあるでしょう。本コラムで解決策を解説しましたので参考にしてみてください。また人が嫌いな気持ちを非常に強く感じる方は心療内科や精神科の受診も視野に入れましょう。

*長所
人が嫌い傾向がやや強いと言えます。人が嫌いと感じるものの、少なからず人と関わる場面に参加している方が多いでしょう。また人が嫌い傾向がある方は、距離感を保ちながなら人と接するため、礼儀正しい印象を持たれることが多いと言えます。人の気持ちに敏感なので、相手の心を細かく描写するのが得意な人もいます。

*注意点
人が嫌い感情は「回避行動」と結び付きやすいと言われています。人と話す場面を長期的に避ける続けると社会性がなくなり、さらに人が嫌いになってしまう可能性があります。本コラムで予防策を解説しました。興味がある方は参考にしてみてください。

*長所
人が嫌い傾向はやや弱いと言えます。人が嫌いという気持ちは少なく、社交的な場面に参加をされている方が多いでしょう。人が嫌い傾向が弱い方はソーシャルスキルが高く、孤独感も低下することが分かっています。円滑な人間関係の中で健康なメンタルヘルスの方が多いでしょう。

*注意点
人が嫌いな気持ちが大きくなると回避行動に結び付きやすいと言われています。対人場面を長い期間さけてしまうと生活を続けると社会性がなくなり、生きづらさを感じることになります。現段階では問題ないですが、本コラムで予防策を解説しましたので興味がある方は参考にしてみてください。

*長所
人が嫌い傾向はほとんどないと言えます。人が嫌いと感じることは少なく、積極的に社交場面に参加をされている方が多いでしょう。人が嫌い傾向が弱い方はソーシャルスキルが高く、孤独感も低いことが分かっています。良好な人間関係の中でメンタルヘルスも安定した方が多いでしょう。営業職・接客業など人と関わる仕事も向いていると言えます。

*注意点
人が嫌い傾向が弱い方は、行動的である一方で、「主導権の握りすぎ」が問題となることがあります。特におとなしい方、口下手の方と接する時は相手の話を聞く、自分が話すぎないなど配慮をしながら話すことも意識しましょう。

この診断を友達に伝える


あなたの診断結果

コミュニケーション講座について♪

コラム1は折り返し地点です!ここで少しだけお知らせをさせてください♪ 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、暖かい人間関係のある社会を創ることを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

心理療法やソーシャルスキルの練習を勉強したい方はぜひお待ちしています。1人で抱え込まずに、専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。もしコラムを読んでみて、もっと心理学を学習したいと感じたら、こちらのコミュニケーション講座のページを参照ください。それでは先に進みましょう!

人間嫌いに対処する3つの克服法

診断の結果はいかがでしたか?思いもしない結果がでた!という方もいらっしゃるかもしれませんね。今のあなたの心の状態を確認したところで、「人が怖い」の原因と解決策について考えていきましょう。人間嫌いの原因と克服方法は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね。

①ポジティブな完璧主義を目指す

マイナスの完璧主義が原因
皆さんは人との関わりの中で「ミスをしてはならない」という気持ちはありますか?もちろん、誰にでもある気持ちだと思いますが、マイナスなことを考えすぎる場合は注意が必要です。失敗してはならない・・・と強く考える完璧主義を「消極的完璧主義」と呼ぶ事があります。消極的完璧主義は、対人恐怖と関りがあることがわかってきています。

積極的な完璧主義に!
この消極的な完璧主義な考え方には「消極的→積極的に変える」のが有効となります。「積極的な完璧主義」とは何を意味するのでしょうか?「失敗してはいけない」と考えることが多いという方はコラム②で答えをチェックしてみてくださいね。

②ポジティブな部分に目を向ける

ネガティブに注目するクセ
皆さんは人付き合いについてポジティブなイメージを持っているでしょうか?それともネガティブなイメージが強いでしょうか。例えば、飲み会やパーティーに参加した帰り道・・・「楽しかったな~、また参加したい」と思うことが多いでしょうか?それとも「時間の無駄だ、もう行きたくない」と感じることが多いでしょうか。

実は人間嫌いな人の特徴として、人間関係のマイナス面に注目するという傾向があります。人付き合いのマイナス面を進んで考えることで、苦手意識が大きくなってしまい、知らない間に人間嫌いになってしまうのです。人間は一度●●と考えると、なかなかその思い込みを取り払えず、それを裏付ける情報をどんどん集めてしまうのです。

捉え方を変換する
人間嫌いな気持ちや不安感が強くなっている時は、視点を増やすことが重要です。1つの見方にこだわらず視野を広げて考える事が大切です。当コラムでは、広い視野を持つための具体的にご紹介します。いつも人間関係のネガティブな部分に目を向けてしまう…という方はコラム③を確認してみてくださいね。

③自分の考えを大切に

周りの目を過剰に気にする
人間嫌いといった対人不安な傾向の人は「周りにどう見られるか気になっている状態」といえます。周りの視線を気にすることで、ミスをした自分に対して「自分はどうしようもないダメ人間だ」といったマイナスな考え方をしてしまい、人間嫌いをを強めてしまいます。

自分を正しく捉えよう
このようマイナスな捉え方は「相手にどう見られるか?」が引き金となっているため、自分で正しく「自己評価」することが大切です。当コラムでは、自己評価を適切にする方法として承認欲求の解説と事例、人間嫌いな気持ちを克服できない時の前向きな捉え方を詳しく解説します。いつも周囲の目が気になってしまう・・・という方はコラム④を確認してみてください。

3つの克服法で人間嫌いを解消!

人間嫌いを強めてしまう大きな原因は「マイナスな完璧主義」「ネガティブな面に注目する」「周りの目を気にしてしまう」3つというのが分かりましたね。

人に対する不安や焦りは恐怖を生むきっかけになり、人間嫌いを倍増させ辛い状態が続いてしまいます。これからご紹介する人が怖い気持ちの対処法を知ることで、人間嫌いの克服を身に付けてくださいね。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

次回は、人間嫌いを克服する1つ目の方法「いい完璧主義を目指す」についてご紹介していきます。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★ 人間嫌いは定期的な診断がオススメ!克服法方法を抑えよう

*出典・参考文献

中学生におけるソーシャルサポートと自他への肯定感に関する研究 細田 絢,田嶌 誠一 2009 年 57 巻 3 号 p. 309-323
堀井 俊章 横浜国立大学教育人間科学部紀要.  横浜国立大学教育人間科学部 編 16, 135-143, 2014-02
音羽健二・森田正哉(2015),「特集:社交不安症<総説> 『社交不安症の疫学 -その概念の変遷と歴史-』」,不安症研究,7(1),p18-28.

  • 日本精神神経学会 監修 (2014) DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル
  • 音羽健司・森田正哉 (2015) 社交不安症の疫学―その概念の変遷と歴史―

 



診断・チェックしよう