>
>
>
人間嫌いを改善

人間嫌いでコミュ障を改善する「積極的完璧主義」とは?②

コラム①では、人間嫌いに対して3つの解決策をあげました。具体的には「①ポジティブな完璧主義を目指す」「②捉え方を変換する」「正しい自己評価」でしたね。今回のコラムでは、人が怖い気持ちの解決策として「ポジティブな完璧主義を目指す」について解説していきます。

完璧主義の2つのパターン

いきなりですが、皆さんは完璧主義傾向があると思いますか?人間なのでしっかりしなくてはという考えは誰にでもありますよね。しかし、この完璧主義が実は人間嫌いな気持ちを高めている可能性があるのです。

完璧主義は2つのパターンに大別することができます。1つは消極的完璧主義、2つ目は積極的完璧主義です。

・「消極的な完璧主義」
 人と話すときに失敗してはいけない
 何があっても恥をかいてはいけない
 相手に不快な思いをさせてはいけない

・「積極的な完璧主義」
 絶対に楽しく会話しよう
 必ず会話を盛り上げる!
 今日は絶対にユーモアを大事にして話す

どちらも考え方が極端なので完璧主義と言えるでしょう。前者は失敗してはいけない、という消極的な完全主義で視点がマイナスに向いています。逆に積極的な完全主義はポジティブな方向に視点が向いてますね。

マイナス完璧主義=人間嫌い

齋藤(2009)は、東京都の大学生474名に対して、完璧主義と心理的な影響について調査を行いました。その結果、失敗を恐れる完璧主義のある方は「集団にとけこめない」「人の目が気になる」「社会的場面で当惑する」傾向があることがわかりました。以下の図を眺めてみてください。

まず失敗過敏の段を見ると、「集団に溶け込めない」「人間関係の当惑」がUPしていることが示されています。ただ、同じ完璧主義でも目標を高く持つ積極的な完璧主義を持つ方は、こうした傾向はみられなかったのです。それどころか幸福感がUPしていることが見て取れます。

人間嫌いという感覚が大きい方のほとんどが「失敗したくない」「悪い印象を持たれたくない」という完全主義な考え方を強く持っています。こうした感情が自分自身に大きなプレッシャーをかけ、さらに人間嫌いな気持ちや人への不安を強める1つの原因になっているのです。

マイナスに気を取られると失敗する

失敗してはいけない・・・という気持ちが強いと、実際に悪いの結果をもたらしやすくなることがわかっています。失敗してはいけないと考えることで、本当にミスを招いてしまう心理を「ゴーレム効果」と言います。根気のない考えや予言を信じて、行動することで、起こり得ない結果(予言)が本当に)実現しやすくなるのです。

毎日の生活では、例えば、「絶対に嫌われたくない」「絶対に相手に不快な思いをさせてはいけない」と考えて人と話すとします。しかし嫌われたくない、と考えると嫌われたときの自分に意識が引っ張られてしまい、会話の所々で顔色を伺うような言動が出てしまいます。

その結果、実際に会話がうまくいかなかったという経験を重ねやすくなります。失敗を繰り返すと、自信が薄れてきてがその場面が嫌になるものです。失敗体験がさらに人間嫌いな気持ちを高めてしまうのです。

積極的な完璧主義の特徴

繰り返しになりますが失敗を過度に避けようとする完璧主義の特徴は、
「絶対に○○はダメ」
「〜しなくてはならない」
「〜は厳禁だ」
という考えを持ってしまう事です。思わず力が入ってしまうようなフレーズで、気持ちもポジティブになりづらいですよね。このように人が怖いという気持ちの原因にもなってしまう完璧主義ですが、必ずしも悪いことばかりではなく、完璧主義が良い方向にに作用することもあります。それは

〇〇するぞ!

と考える完璧主義です。

例えば、サッカーの試合1点リードしているときに、「失点してはならない」「クリアミスしてはいけない」と思うのがマイナスの完璧主義です。緊張してしまい返ってミスが出やすい状態になってしまいます。ここで、積極的な完璧主義のひとは、 

「1つ1つのプレーに集中して守り切ろう!」と考えるのです。失敗しないように・・・ではなく、守り切る!とプラスな表現の完全主義に変えるのです。

コミュニケーションの場面で考えると、「話しかけて悪い不快な印象を持たれたくない(=だから話しかけない)」と思うのがマイナスの完璧主義です。これに対して、「せっかくだからどんどん話しかけなくちゃ!」と思うのがプラスの完璧主義です。

とはいっても今までマイナスな完璧主義の考え方をクセにしていた方が急に意識を変えるのは困難かと思います。まずは、口にする言葉だけでもOkです。数か月、失敗を恐れるイメージではなく、積極的な完璧主義を試してみてください。

練習!人間嫌いの考え方をチェンジ

ここで、練習問題にチャレンジしてみましょう!以下に、人間嫌いの原因である「消極的な完璧主義」の考えが並んでいます。これを、積極的な完璧主義の考え方に変換してみましょう。

練習問題1
発表会では絶対にミスをして恥をかいてはいけない

プラスに変えてみましょう

 

解答例
プラスに変換
⇒今までの練習を信じて本番を楽しむぞ!

 

練習問題2
初対面の挨拶だから、変な印象持たれてはいけない

プラスに変えてみましょう

 

解答例
プラスに変換
⇒打ち解けるために1回はだけアイスブレイクを入れよう!
(楽しめる事に変えるのも1つの方法です)

積極的に考えて「人間嫌い」を克服!

練習問題はいかがでしたか。解答例は、あくまで1つの例です。みなさんが積極的になれて、人間嫌いが軽減される解答であれば、それが正解です。またこれらのチャレンジはすぐに思いつかなくても気にする必要はありません。自分のペースで積極的な完璧主義の考え方を身に付けていってください。

少しずつチャレンジをしてみて、いい完璧主義を追及してみてくださいね♪完璧主義をプラスの力に変えることができれば、人間嫌いを改善できるでしょう!

次回は、人間嫌いを克服する2つ目の方法「捉え方は変化する」についてご紹介します。

★積極的完璧主義を身に付けて、人間嫌いを克服!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

*出典・参考文献
・中野正大 (1995)予言の自己成就―<意図せざる結果>と<誤った>状況の期待―(中野正大 ソシオロジ 1995)
・”予言の自己成就”と合理性 : ブール代数分析による思考実験 社会学評論 47(2), 156-170, 1996-09-30  

・自己志向的完全主義の特徴 : 精神的不健康に関する諸特
性との関連から 2009 齋藤, 路子; 今野, 裕之; 沢崎, 達夫
対人社会心理学研究. 9 P.91-P.100