>
>
>

人間嫌いの原因と心理を理解!

人間嫌い,原因,心理


人間嫌いの原因と心理「周囲の目が気になる」④

コラム③では、人間嫌いの2つ目の原因である「ネガティブな面に目を向ける」をご紹介しました。ミスをした時の感情にとらわれず、視野を広げて、可能性を広げた考え方をすることが大切でしたね。今回は、人間嫌いを克服する方法の3つ目「周りの目を気にしすぎない」について考えていきます。

人間嫌いの心理状態とは?

私たちは何かアクションを起こす時に、少なからずの他人の評価や意見が気になるものです。立ち振る舞いやファッション、女性であればメイクが周囲の人と合っているか、TPO をわきまえているかなど考えることもこれにあたります。また、「これを言ったら 相手どう思われるだろう?」と考えて、口に出さないようにすることも当てはまります。

公的意識が強すぎる

このように周りからどう見れられるかに意識が集中することを「公的自己意識」呼びます。「公的自己意識」が強くなると対人不安が起こりといえます。なぜなら他人からの評価はその都度変わるからです。日々の生活のなかで、あなたのことを好きな人もいれば、嫌いな人もいるでしょう。あなたの仕事が好きな人もいれば、嫌いに思っている人もいます。また、あなたの出身地が好きな人もいれば嫌いな人もいます。

このように毎回コロコロ変わる他人からの評価にいちいち付き合っていると常に不安にさいなまれることになります。もちろん公的自己意識は社会の中で生活するうえで必要なのですが、強すぎる方は注意が必要です。

私的自己意識は安定

一方で、私的自己意識とは、自分自身がどう感じるか?どう振る舞いたいかを大事にする心理を意味します。周りからの意見は自分を客観的に見るうえで大事ですが、それと同じぐらい、自分自身がどうありたいかに重きを置く考え方です。

私的自己意識はそこまで大きく変わることはなく安定していますので、多少批判や否定があっても揺るぎません。「自分とは○○な人間だ」と自分について深く理解することで、他人とは違う自分というアイデンティティを確立していくことができ他人を目を気にしすぎることがなくなります。

もちろん100%自己中心的に決めることはNGですが、人間嫌いな気持ちが強いの方は私的自己意識を大事にすることもおすすめします。

「人間嫌い」を克服したヤマモトさん

ここで、私的自己意識を大切にすることで、人間嫌いな気持ちを克服したヤマモトさんの事例を見てみましょう。タカナさんは、物静かで真面目な性格で男性です。婚活のためにお見合いの相談にいくと、相談員から

「表情が固い」
「もっと元気に笑顔で!」

と言われました。そこで、ヤマモトさんはいい笑顔のために、表情を明るくする練習をしました。練習の成果もあってか、婚活パーティーでカップルになることができました。ところが、1回目のデートでフラれてしまいます。女性にその理由を聞いたところ、

「笑顔が嘘っぽい」

とのことで、ヤマモトさんは自信を無くし女性不信になってしまいました。この経験から、ヤマモトさんはさらに表情が固くなってしまい、今までよりも周りの目が気なるなど公的自己意識が過剰になってしまいました。

私のところに訪れたに来たヤマモトさんは「周りの人が・・・」というフレーズが口ぐせになっていました。そこで私は「ヤマモトさん自身がどうしたいか?」を深堀りしていきました。最終的に、タナカさんは

「嘘くさいと言われようと笑顔を大事にする」

と自分の芯を見いだし、婚活を続けました。笑顔に固さが見えるものの「それはそれでOK!」と受け入れて、自分の意見を大切にしたヤマモトさんは、半年後に新しい彼女を作ることができました。

私がヤマモトさんに「ヤマモトさん自身はどうしたいのか?」を探ったのは、私的自己意識を大事にすることが目的でした。「周囲が否定したとしても、それはその人の考えであってダメなわけではない」「自分の価値観を大切にする」という意識を持ってもってもらいたかったのです。

自分のダメな部分を受け入れよう

不安が消えないときや人間嫌いな気持ちがある時には、ヤマモトさんのように「自分自身がどうしたいか」を考えることが大切です。そこで「自己評価」が形成されると、自信が生まれ人間嫌いが軽減されます。不安が消えないときや人間嫌いな気持ちが強い時は、アイデンティティの形成のチャンスだとプラスに考えて、自分らしさを改めて考えてみるようにしましょう!

次回は、これまで解説してきた内容のまとめです。一緒に確認していきましょう!

★ 人間嫌いな時は、自分の「価値観」に従って行動しよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



過度に周囲の目を気にせずに