>
>
>
褒める力がUP!褒め言葉20選・褒め上手になる3つの視点

褒める言葉簡易診断とチェック②

褒める言葉を診断するために、定期的にこちらの褒める言葉簡易診断で自己チェックしておくことをお勧めしています。客観的な状況を知りたい方はご活用ください。

褒める言葉能力診断

それではここで実際に今の状況を知るために、「褒める言葉能力診断」をしてみましょう。

褒める言葉能力診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
相手の長所を見つけることができる
2.
相手に好感を持つことが多い
3.
短所をポジティブに捉えなおす
4.
相手の失敗を前向きに励ます
5.
褒める語彙が豊富にある
6.
短文ではなく根拠を示して褒める
7.
結果ではなく過程をほめる
8.
相手の人柄をほめる
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は?  
あなたのお住まいは?
診断についての注意

褒める言葉‐能力診断

注意事項
・当褒める言葉‐能力診断は精神保健福祉士川島の監修の元作成しました
・医療的な診断を行うものではありません
・予備調査の段階となります
・参考程度にご使用ください

以下、褒める言葉‐能力診断についての、作成手順や趣旨が明示されています。尺度について疑問を持たれた方、専門家の方、興味がある方はご一読ください。

尺度作成の趣旨
現代社会では、主にスマフォーとフォンでの検索やアプリが入り口となっており、多くの方がメンタルヘルスに関わる疑問や、問題解決の糸口をWEB検索から始める傾向があります。当該入り口において方向性を誤ると、会話について誤った努力をしてしまう可能性があります。

そこで弊社では、メンタルヘルスやコミュニケーションの問題につながりやすい種々の感情に焦点を当て、簡易的な自己判断ができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、予防機能、メンタルヘルスに興味をもって頂くことを趣旨として作成します。

 

褒める言葉‐能力診断作成の条件
尺度を作成するにあたっては以下を意識して作成する。
・電車や喫茶店で簡易的に読める文章を心掛ける
・学術的な表現は控える
・断定はしない あくまでヒントとして診断をする
・尺度の限界を明示する


①尺度作成について概観

褒める言葉を使う能力については、心理面の研究とスキルとしての研究が数は少ないが存在する。
ⅰ先行研究
人間一般に対する基本的な信頼感を測定するために、堀井(1993)は高校生283名、大学生225名を対象に調査を行った。その結果、対人信頼感を計る17項目の尺度を作成した。しかし、対人信頼感と褒める心理の源泉は正の相関関係にあると考えられるが、直接使用できるものではないので参考程度として活用する。

ⅱ先行研究
三又・山口(2017)は教育者のほめ方が、どのように成績を伸ばすかについて、大学生96名、高校1,2年生69名を対象に調査を行った。 その結果、動機づけ全体として、「能力ほめ」≦「性格ほめ」<「努力ほめ」】という仮説は,支持されなかった。ただし、当実験は母集団が少なくまた実験デザインとして、褒める教育者のスキルの測定をしていないという問題がある。

 

② 尺度抽出について
このように褒める言葉については、間接的な論文はあるがその能力を直接計る論文は存在しない。そのため、近接する論文・学術書と、臨床心理士・精神保健福祉士・社会心理学の大学院を卒業した者が協力し質問項目をブレーンストーミングを行い、質問項目を網羅した。

 

参考文献
教授者のほめ方のスタイルと学習者の年齢が,
学習者の達成目標傾向と失敗回避動機に及ぼす影響
三 俣 貴 裕・山 口 陽 弘
群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編
第 66 巻 211―220 頁 2017

 

対人信頼感尺度の作成および信頼性と妥当性の検討に関する研究
堀井 俊章 日本性格心理学会発表論文集 2(0), 34, 1993

精神科看護師による統合失調症患者への褒める声かけに関する研究
菊地 淳 , 板橋 直人 , 吉岡 一実
ヒューマンケア研究学会誌 9(2), 65-70, 2018

実習生の褒められ・叱られ経験と実習の達成度・満足度に関する検討
浅野 信一
理学療法学 Supplement 2015(0), 1730, 2016

 

③ KJ法によりグルーピングを行い
  4グループにまとめ、ラベリングを行った
  WEB対応簡易型雑談力尺度とするため
  4グループ質問項目についてそれぞれ2項目採用した
  *通常であれば予備調査で説明変数から多い順に
   採用するが今回は川島の判断で選択した
  *採用した項目は一部表現を改変した

 

・他者肯定感
相手の長所を見つけることができる
相手に好感を持つことが多い

・リフレーム
短所をポジティブに捉えなおす
相手の失敗を前向きに励ます

 

・言語的褒めスキル
褒める語彙が豊富にある
短文ではなく根拠を示して褒める

 

・無条件のストローク
結果ではなく過程をほめる
相手の人柄をほめる

 

④ 診断結果については、因子ごとの評価は行わず
  総合点について4段階で注意事項を200文字程度で作成した
  
  ・5件法
  ・33~40  褒める言葉‐能力高い 
  ・26~30  褒める言葉‐能力やや高い 
  ・20~25  褒める言葉‐能力やや低い
  ・8~19  褒める言葉‐能力低い
  
の4段階とする。優劣はないため、結果については長所と注意点の2方面からバランスよく記述することを心掛ける。診断結果については提案程度にとどめ、自己決定できるように記述を行う。

⑤ 今後の予定
  →回答数が充分集まった段階で
   因子分析と他の尺度との関連を精査し、
   精度を高めていく予定である

  →読み物としてのつまらなくならないように
   ラベリングはキャッチーに作成した

診断結果

・褒める言葉‐能力高い 33~40
*長所
褒める言葉について能力が高いと言えます。相手のポジティブな面を積極的に見つけて、短文ではなく根拠を示しながらしっかり褒める言葉を使っている方が多いでしょう。他者肯定感が育っている方は、自己肯定感も高い傾向にあり、メンタルヘルスも良好であることが分かっています。この習慣を続けていきましょう。お仕事においては、対人援助職、営業職、販売職など人と関わる仕事でも能力を発揮できると言えそうです。

*注意点
褒める言葉の能力が高すぎると、相手があなたに依存してしまうことがあります。場合によっては抑制的に話すことも必要です。また、自分の目的のために他人を動かすこともできてしまうため、営業などでは倫理的な面に注意しましょう。

 

・褒める言葉 やや高い 26~32
*長所
褒める言葉について能力がやや高いと言えます。相手のポジティブな面を積極的に見つけて、短文ではなく根拠を示しながらしっかり褒める言葉を使っている方が多いでしょう。他者肯定感が育っている方は、自己肯定感も高い傾向にあり、メンタルヘルスも良好であることが分かっています。この習慣を続けていきましょう。お仕事においては、対人援助職、営業職、販売職など人と関わる仕事でも能力を発揮できると言えそうです。

*注意点
褒める言葉を健康的に使うことができていますが、まだ伸びしろがある状態です。以下のコラムで心理面、スキル面で褒める言葉について解説しています。参考にしてみてください。

 

・褒める言葉 やや低い 20~25
*長所
褒める言葉を使うことがやや苦手な傾向があります。褒める言葉を安易に使うことがないため、なれ合いになることなくお互いの距離感を大事にしながらじっくりコミュニケーションすることができると言えそうです。褒めるということは、「ゴマすり」「表面的」と勘違いされることもありますが、このような誤解を受けることは比較的少ないでしょう。また日常的にほめる言葉をあまり使わないことで、逆にいざというときに褒めるとその言葉に重みが出てくるとも言えます。


*注意点
他者肯定感が育っている方は、自己肯定感も高い傾向にあり、メンタルヘルスも良好であることが分かっています。褒める言葉を使うための心理やスキルに興味がある方は以下のコラムを参考にしてみてください。

 

・褒める言葉 低い 8~19
*長所
褒める言葉に関する能力が低い傾向があります。褒める言葉を安易に使うことがないため、なれ合いになることなくお互いの距離感を大事にしながらじっくりコミュニケーションすることができます。褒めるということは、「ゴマすり」「表面的」と勘違いされることもありますが、このような誤解を受けることは比較的少ないでしょう。また日常的にほめる言葉をあまり使わないことで、逆にいざというときに褒めるとその言葉に重みが出てくるとも言えます。


*注意点
他者肯定感が育っている方は、自己肯定感も高い傾向にあり、メンタルヘルスも良好であることが分かっています。褒める言葉を使うための心理やスキルに興味がある方は以下のコラムを参考にしてみてください。

 

 

⑤ 今後の予定
  →回答数が充分集まった段階で
   因子分析と他の尺度との関連を精査し、
   精度を高めていく予定である

 

褒める言葉の能力(MAX 40)

褒める言葉の能力(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど褒める言葉を使う力があります。以下の点数を参考にしてみて下さい。
・33~40  褒める言葉‐能力高い 
・26~30  褒める言葉‐能力やや高い 
・20~25   褒める言葉‐能力やや低い
・8~19   褒める言葉‐能力低い

褒める言葉の能力(MAX 40)

褒める言葉の能力(MIN 8)

あなたのライン

年代ごとの褒める言葉の能力比較です。ご自身の年代と比較してみましょう。

あなたが所属する群

以下の2群にあてはまった方は注意が必要です。

・20~25   褒める言葉‐能力やや低い
・8~19   褒める言葉‐能力低い

 

  • 総合

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 徳島県 30 1
    1 山口県 30 2
    3 和歌山県 29.5 2
    4 愛媛県 28.33 3
    5 鹿児島県 28.17 6
    6 静岡県 27.91 11
    7 栃木県 27.67 6
    8 石川県 27.5 2
    9 茨城県 27.43 7
    10 福岡県 27.28 18
    11 大阪府 27.08 50
    12 青森県 27 2
    13 神奈川県 26.98 43
    14 岐阜県 26.86 7
    15 三重県 26.82 11
    16 東京都 26.58 83
    17 岡山県 26.5 6
    18 山梨県 26.33 3
    19 兵庫県 26.3 40
    20 千葉県 26.06 31
    21 富山県 26 5
    21 奈良県 26 2
    23 宮城県 25.83 6
    24 愛知県 25.77 31
    25 群馬県 25.63 8
    26 山形県 25.5 2
    27 京都府 25.47 15
    28 熊本県 25.2 5
    29 広島県 25 8
    30 埼玉県 24.71 41
    31 福井県 24.67 3
    32 北海道 24.6 25
    33 岩手県 23.63 8
    34 香川県 23.5 2
    34 滋賀県 23.5 4
    36 秋田県 23.17 6
    37 鳥取県 23 2
    37 長崎県 23 2
    37 島根県 23 6
    40 高知県 22.67 3
    41 新潟県 22.33 9
    42 長野県 21.8 15
    43 佐賀県 21.5 4
    44 大分県 20.17 6
    45 沖縄県 19.75 4
    46 福島県 13.67 3
  • 男性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 鹿児島県 35 1
    2 栃木県 32 2
    3 三重県 31 2
    3 山口県 31 1
    5 神奈川県 29.79 19
    6 秋田県 29 1
    7 岐阜県 28 2
    8 千葉県 27.67 6
    9 大阪府 27.65 23
    10 群馬県 27 2
    11 岡山県 26.67 3
    12 熊本県 26.33 3
    13 宮城県 26.25 4
    14 香川県 26 1
    14 山梨県 26 1
    14 奈良県 26 2
    14 愛知県 26 12
    14 島根県 26 1
    19 茨城県 25.8 5
    20 東京都 25.3 33
    21 長野県 25.2 5
    22 岩手県 25 2
    23 北海道 24.67 9
    24 富山県 24.5 2
    25 静岡県 24.4 5
    26 愛媛県 24 1
    27 新潟県 22.5 4
    27 広島県 22.5 4
    29 埼玉県 22.17 18
    30 高知県 22 1
    30 福岡県 22 5
    32 兵庫県 21.2 5
    33 佐賀県 21 1
    34 大分県 19.2 5
    35 京都府 18.5 4
    36 福井県 18 1
  • 女性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 茨城県 31.5 2
    2 静岡県 30.83 6
    3 愛媛県 30.5 2
    4 徳島県 30 1
    5 和歌山県 29.5 2
    6 福岡県 29.31 13
    7 山口県 29 1
    8 福井県 28 2
    8 栃木県 28 3
    8 京都府 28 11
    11 石川県 27.5 2
    11 広島県 27.5 4
    13 東京都 27.42 50
    14 兵庫県 27.03 35
    15 青森県 27 2
    15 富山県 27 3
    17 大阪府 26.81 26
    18 鹿児島県 26.8 5
    19 埼玉県 26.7 23
    20 山梨県 26.5 2
    21 岐阜県 26.4 5
    22 岡山県 26.33 3
    23 千葉県 25.68 25
    24 愛知県 25.63 19
    25 山形県 25.5 2
    26 群馬県 25.17 6
    27 大分県 25 1
    27 三重県 25 6
    27 宮城県 25 2
    30 北海道 24.73 15
    31 神奈川県 24.65 23
    32 熊本県 23.5 2
    32 滋賀県 23.5 4
    34 岩手県 23.17 6
    35 高知県 23 2
    35 鳥取県 23 2
    35 長崎県 23 2
    38 秋田県 22.5 4
    39 島根県 22.4 5
    40 新潟県 22.2 5
    41 佐賀県 21.67 3
    42 香川県 21 1
    43 長野県 20.1 10
    44 沖縄県 19.75 4
    45 福島県 13.67 3

2018年7月15日から調査を開始しています。現在集計中です。

*長所
褒める言葉について能力が高いと言えます。相手のポジティブな面を積極的に見つけて、短文ではなく根拠を示しながらしっかり褒める言葉を使っている方が多いでしょう。他者肯定感が育っている方は、自己肯定感も高い傾向にあり、メンタルヘルスも良好であることが分かっています。この習慣を続けていきましょう。

お仕事においては、対人援助職、営業職、販売職など人と関わる仕事でも能力を発揮できると言えそうです。

*注意点
褒める言葉の能力が高すぎると、相手があなたに依存してしまうことがあります。場合によっては抑制的に話すことも必要です。また、自分の目的のために他人を動かすこともできてしまうため、営業などでは倫理的な面に注意しましょう。

*長所
褒める言葉について能力がやや高いと言えます。相手のポジティブな面を積極的に見つけて、短文ではなく根拠を示しながらしっかり褒める言葉を使っている方が多いでしょう。他者肯定感が育っている方は、自己肯定感も高い傾向にあり、メンタルヘルスも良好であることが分かっています。この習慣を続けていきましょう。

お仕事においては、対人援助職、営業職、販売職など人と関わる仕事でも能力を発揮できると言えそうです。

*注意点
褒める言葉を健康的に使うことができていますが、まだ伸びしろがある状態です。以下のコラムで心理面、スキル面で褒める言葉について解説しています。参考にしてみてください。

*長所
褒める言葉を使うことがやや苦手な傾向があります。褒める言葉を安易に使うことがないため、なれ合いになることなくお互いの距離感を大事にしながらじっくりコミュニケーションすることができると言えそうです。褒めるということは、「ゴマすり」「表面的」と勘違いされることもありますが、このような誤解を受けることは比較的少ないでしょう。

また、日常的にほめる言葉をあまり使わないことで、逆にいざというときに褒めるとその言葉に重みが出てくるとも言えます。

*注意点
他者肯定感が育っている方は、自己肯定感も高い傾向にあり、メンタルヘルスも良好であることが分かっています。褒める言葉を使うための心理やスキルに興味がある方は以下のコラムを参考にしてみてください。

*長所
褒める言葉に関する能力が低い傾向があります。褒める言葉を安易に使うことがないため、なれ合いになることなくお互いの距離感を大事にしながらじっくりコミュニケーションすることができます。褒めるということは、「ゴマすり」「表面的」と勘違いされることもありますが、このような誤解を受けることは比較的少ないでしょう。

また、日常的にほめる言葉をあまり使わないことで、逆にいざというときに褒めるとその言葉に重みが出てくるとも言えます。

*注意点
他者肯定感が育っている方は、自己肯定感も高い傾向にあり、メンタルヘルスも良好であることが分かっています。褒める言葉を使うための心理やスキルに興味がある方は以下のコラムを参考にしてみてください。

この診断を友達に伝える


あなたの診断結果

いかがでしたか、思った以上に褒めることが苦手だったという方もいれば、気にするほどでもないのかもと感じた方もいらっしゃると思います。自分の状態を客観的に知ることで、悩みの解決策が見つかったり、悩みそのものが小さくなることあります。

診断を受けて褒める力を伸ばしたいという気持ちを持たれた方は、当コラムでご紹介した対処法を学んで一緒に対策していきましょう。

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります

目次

①褒める言葉-概観
②簡易診断とチェック
③「語彙力」を鍛えよう
④「ストローク」とは
⑤「過程」から始める!
⑥リフレーミングで褒め上手
⑦「相手基準」でガンガン褒める
⑧「こだわりポイント褒め」

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→