>
>
>

褒める力を伸ばす方法!2つの置き換えで褒め上手に

褒める力


褒める力を伸ばす方法とは?2つの置き換えで褒め上手に③

恥ずかしさを克服して褒めよう

コラム②では、褒めることができない原因の1つである「褒める語彙不足」の対策を考えました。言葉のバリエーションを増やすこと、そして「誉める言葉」に具体的な表現を加えることが、褒める力を伸ばすコツでしたね。練習を繰り返して身に付けていきましょう。

今回は、原因の2つ目「褒めることが恥ずかしい」を解決するためのコラムです。練習問題を交えながらご紹介していきます。

日本人の褒める力とは?

日本人の褒める力は?相手を素直に褒めるということは、一見簡単なようで難しいことです。なぜなら、褒めるということは相手の良い部分を認めて、さらに言葉にして伝えなければならないからです。この「相手を認める」「言葉にして伝える」という行為に「恥ずかしい」という気持ちが働いてしまう時があります。

日本人は欧米人に比べて、思っていることをストレートに伝えるのを良しとする文化ではありません。そのため、素直に相手を褒めるのが苦手だと感じている人が多いようです。みなさんはいかがでしょうか。もし、褒めることに恥ずかしさを感じているようなら、これからご紹介する方法で、恥ずかしい気持ちを取り除いていきましょう。

 

違う言葉で置き換える練習問題

言葉を置き換えて褒める力を伸ばす恥ずかしさから褒める力に自信がない…という人は、「褒める」を次の2つの言葉に置き変える方法で、考えてみてください。恥ずかしい気持ちが軽くなると思います。

①「褒める」→「承認する」へ
「褒める」を「承認する」に置き変えてみましょう。承認されたときの自分の気持ちを整理することで、褒める力を伸ばすこともできます。ここで練習問題をやってみましょう。

練習問題
あなたは、上司から承認された時どんな気持ちになりますか。ポジティブな気持ちを書き出してみましょう。

 

 

 

 

解答例
・認められて嬉しい
・自信がついた
・自分を褒める気持ちが持てた
・相手に信頼感を持った

自分が承認してもらった時の気持ちをまとめることで、相手の気持ちを深く理解でき、褒めることへの苦手意識が軽減されます。

②「褒める」→「気付いてあげる」へ
「褒める」を「気付いてあげる」に置き変えて、「相手の良いところ」「がんばったところ」「日頃の努力」「変化」などを見つけて伝えてみると、自然に褒めることができます。練習問題をやってみましょう。

練習問題
あなたのお父さん(または、お母さん)の良いところ、頑張っているところなど、ポジティブな面を書き出してみましょう。

 

 

 

 

解答例


・運動を毎日欠かさず行っている
・どんな時間でも駅まで送迎してくれる
・母のわがままに耳を傾けている


・努力してダイエットした
・お弁当のおかずは全部手づくり
・地域活動を積極的にやっている

「気付いてあげる」は「褒める」に似た効果を相手に与えてくれます。「褒めよう!」と思うと恥ずかしいかもしれませんが、「気付いたことを伝える」だけならできる気がしませんか?相手の良い部分に気付くだけで、自然と褒める力は伸びていくのです。

 

置き換え言葉で褒める力をUP!

2つの「置き換え言葉」はいかがでしたか。言葉を置き換えるだけで、恥ずかしい気持がなくなり、楽な気持ちで褒めることができるようになります。

恥ずかしい気持ちが出てきたら、「承認する」「気付いてあげる」この2つの言葉を意識して、自分らしい「褒める」をぜひ実践してみてくださいね。

次回は、褒めることができない原因の3つ目「自分の基準で褒めようとする」の対処法をご紹介します。

★「褒める」を2つの言葉で置き換えて、褒める力を伸ばしていこう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座
 



置き換えで褒め上手を目指そう