>
>
>

褒める力を伸ばす方法!リフレーミングで褒め上手に

褒める力


褒める力を伸ばす方法?リフレーミングで褒め上手に③

視点を変えて褒めてみよう

コラム②では、褒める力を伸ばす方法の1つ目「褒める言葉は過程>結果の法則」について考えました。「褒める言葉」は過程から進めるとしっかり伝わります。練習を繰り返して身に付けていきましょう。今回は、褒める力を伸ばす方法の2つ目「リフレーミングで褒める力をつける」について、練習問題を交えながらご紹介していきます。

褒めるには多面的な視点が重要

相手を褒めることが下手な人は、物事を1つの視点でしか捉えられていないことがあります。1つの視点だけだと、相手の良い点に気づくことができず、うまく褒めることができません。褒める力をつけるためには、物事を多面的に捉えることが必要なのです。

例えば、仕事が遅いAさんがいたとします。毎回納期に間に合わず、遅れて仕上がってきます。このAさんの“仕事が遅い人”を少し違う視点で捉えるとどうなるでしょうか?

 仕事が遅い

  ↓
・マイペース
・慎重な人
・時間に縛られない人

などの視点で捉えられます。“仕事が遅い人”は短所として表しますが、“マイペース”だとその人の性格として捉えられ、褒めるポイントとして使えます。こうした多面的に物事を捉える技法の事を、リフレーミングと言います。

褒めるには多面的な視点が重要

リフレーミングとは1つの見方から抜け出し別の「フレーム」で捉え治すことを言います。心理療法の1つである解決志向型アプローチ(Solution FocusedApproach :SFA ) によって頻繁に使われる技法です。物事は1つの見方だけでなく色々な視点から見ることができます。

リフレーミングは、1つの見方(フレーム)に捉われることなく、多面的な枠で考えることを大事にします。褒める力をつけるためには、一つの視点だけでなく、多面的な視点が必要なため、リフレーミングの技法を身に付けることが大切です。では、これからリフレーミングを使った練習問題を行っていきましょう。

 

リフレーミングで褒める練習問題

問題1 相手の状況をリフレーミングで褒める
ある夜、あなたに友人のBさんから悩みの相談電話がきました。Bさんは、コミュニケーションがとても苦手です。どうにか会話の力を付けようと新しい社会人サークルに参加をしたり、飲み会に出ているのですが、うまく会話ができず孤立してしまうようです。リフレーミングして褒めるとどのように言えるでしょうか?

解答例
「自分から課題を見つけて、会話の力をつけようとしているなんて偉いね。サークルとか飲み会とか出て、積極的に取り組んでいると思うよ。今はうまくとけ込めていないようだけど、いずれ成果が出てくると思うよ!」

などの言葉で言い換えることができると思います。このように言い換えることで、上手に相手を褒めることができます。

 

練習問題2 相手の短所をリフレーミングで褒める
相手の短所をリフレーミングで長所に変えてみましょう。以下の性格を表す言葉を長所に変えてみましょう。

・せっかち ⇒ 

・消極的 ⇒ 

・頑固 ⇒ 

・人見知り ⇒

 

解答例

・せっかち ⇒ さっぱりしている 決断力がある

・消極的 ⇒ 慎重 謙虚

・頑固 ⇒ 芯が強い しっかりしている

・人見知り ⇒ やさしい 繊細   

 

置き換え言葉で褒める力をUP!

リフレーミングの技法はいかがでしたか。褒める力をつけるにはリフレーミングの技法はとても有効に使えます。何気ない相手の状況を言い換えて褒めたり、相手の短所を長所に変えて褒めることができます。ぜひ試してみてください!今回はリフレーミングを使って、相手を褒める方法について紹介してきました。

次回は、褒める力を伸ばす方法の3つ目「相手基準で褒める」についてご紹介します。

★「褒める」を多面的に捉えて、褒める力を伸ばしていこう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

 



リフレーミングで褒め上手を目指そう