>
>
>

褒める力をトレーニング!部下や後輩の「褒め方のコツ」を紹介

褒める力


褒める力を伸ばすトレーニング!部下や後輩の「褒め方のコツ」がわかる④

褒める力は相手の基準がカギ

コラム③では、褒める力を伸ばす方法の1つ「「褒める」を置き換える」について考えました。ご紹介した2つの置き換え言葉を使って、恥ずかしさを軽減してくださいね。楽な気持ちで褒めることができ、褒める力がグッとUPしますよ。

今回は、褒める力を伸ばす方法の3つ目「相手基準で褒める」についてのコラムです。相手の基準で褒める3つのコツをご紹介します。練習問題でトレーニングしながら、褒める力をさらに伸ばしていきましょう!

褒める力は相手に合わせることから

期待値で褒める会社で後輩や部下を褒めよう思っても
「褒めるポイントが見つからない…」
 そんな経験、ありませんか。こういった経験がある人の多くは、大変優れた能力を持っています。自分の高い基準で相手を見てしまうため、つい相手への評価が厳しくなってしまい、褒め方のポイントに気付けないのです。

自分より経験の浅い部下や後輩の場合、未熟さや欠点に目がいくのは当たり前のことです。当然、褒めるポイントも見つけにくくなります。しかし、誰にでも長所や得意分野はあります。そして、褒める基準は部下の行動に対する期待値で表すこともできます。

・もう少しで出来る
・本人らしく良い仕事だった

といった基準で良いでしょう。「自分の思ったように行動してくれたから褒める」という基準では、いつまでたっても後輩や部下は育ちません。

褒める力を伸ばす最大のポイントは「相手基準で褒める」ということです。

相手基準で褒める3つのコツ

褒め方のコツ3つそれでは、「相手基準の褒め方」を身に付ける3つのコツをご紹介していきましょう。

①自分の能力を忘れる
まずは、自分の持っている能力や基準を忘れてみましょう。自分を基準にした褒め方をやめると、相手の良いところ、伸ばしてあげたいところに気付くことができ、褒める力に必要な褒め方のポイントが見えてきます。

②小さな成果を積極的に見つける
褒める回数を増やすために、小さな目標や成果基準を設けてみましょう。たとえ小さな成果でも、たくさん評価できるようになれば、褒める頻度も多くなります。

また、
「以前より良くなった」
「また上達したね」
など、本人の過去と比較した褒め方も、相手が次に挑戦しやすい環境を作ってあげられます。

③相手の立場で考える
相手が喜ぶポイントに気付いて褒めてあげましょう。人によって評価して欲しいポイントは違います。「外見」「成果」など、見えやすいポイントで頑張っている人、とにかく「スキル」を磨いている人、しっかりとした「考え方」がある人など、その場でわかることもあれば、深く付き合うと見えてくることもあります。相手の立場になって観察すると、相手が評価して欲しいポイントが見えてくるはずです。

 

褒める力を伸ばすトレーニング!

先ほどご紹介した3つのコツを使って、次の練習問題でトレーニングしていきましょう。

練習問題1
まずは例文を読んで、取り組んでみてください。

(例文)
職場のA君は、今年の春入社したばかりの新人です。人柄がよく真面目なので、色々なことに積極的に組む姿勢があり、社内スタッフからの評判もいいです。しかし、営業職にも関わらず会話に苦手意識を持っているため、同期入社のスタッフと比較すると、自立までには時間がかかりそうです。

この例文から、A君を褒める言葉を一緒に考えていきましょう。

考える手順は、
① A君が努力していることを考える

②「①」の評価を具体的に考える

③ A君が喜びそうな言葉を考える

自分の能力は一旦忘れて、相手が喜ぶポイントを見つけてください。

 

① A君が努力していること

 

②「①」の評価を具体的に

 

③ A君が喜びそうな言葉

 

 

 

解答例
① A君が努力していること
⇒ 真面目にコツコツ学ぶ姿勢

② ①の評価を具体的に
⇒ ・任せられることが増えた
  ・社内での評判がいい

③ A君が喜びそうな言葉
⇒ 苦手に感じていることも、社内ではしっかりできている

 

これら①②③を元に、A君を褒めてみましょう。

 

解答例
⇒A君は、積極的に勉強しているから入社当初より頼める仕事が随分増えたね。

先日も○○さんがA君の□□の説明が分かりやすいって褒めていたよ。嬉しいね。

 

いかかがでしたか。部下や後輩に限らず、自分なりに周囲の仲間や友達を褒めてみてくださいね。ということで、先ほどの「考える手順」を参考に、もう1つ練習問題をやってみましょう!

 

 

練習問題2
父親・母親・兄弟・姉妹など、あなたの身近な人を一人褒めてみましょう。

 

 

 

 

 

解答例
① お母さんが努力していること
⇒ 家族全員の弁当を毎日作る
② ①の評価を具体的に考える
⇒ 健康になれる
③ お母さんが喜びそうな言葉を考える
⇒ お母さんの料理は美味しい!

お母さんを褒める
⇒お母さんは、毎朝早くからみんなのお弁当を作っているからすごいよね。お弁当になってから体調が良いんだよね。手づくりのおかずが多いからかな。一番好きなおかずは肉じゃがなんだ。お母さんの肉じゃがは最高に美味しいと思う。

 

相手の長所を見つけて褒めよう

褒める力を伸ばす練習問題はいかがでしたか。難しいと感じた人もいるかもしれませんが、トレーニングを繰り返すことでだんだんと身に付いていきます。自分のペースで褒める力を伸ばしていきましょう!

今回は褒める力を伸ばすための「相手基準の褒め方」について解説しました。まずは相手をしっかりと見て、相手に合わせようとする姿勢や態度を持つことが大切です。そして、誰にでも長所や得意分野があることを理解しましょう。それを見つけることができたら、あなたの褒める力はさらにUPしますよ。

次回は、褒める力コラムのまとめとしてお伝えしてきたポイントをご紹介していきます。一緒に確認していきましょう!

★3つのコツで褒める力をUP!相手基準で褒めよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



相手基準で褒めよう