>
>
>
本音を見抜くためには読みすぎないこと

本音を見抜くためには「読みすぎない」ことも重要④

コラム③では、相手の本音を知るための方法の1つ「先に自己開示をする」についてご紹介しました。相手との関係性に沿ってに話題を選びながらコミュニケーションを深めていきましょう。今回は、相手の本音を知るために注意しておきたい「心の読みすぎ」について解説していきます。

 本音を読みすぎると「勘違い」が起きる

「心の読みすぎ」は、相手のささいな言動の一部分だけを拾って、本音を考えすぎてしまうことです。例えば、仕事のシュチエーションで会議から返ってきた上司に、オフィスにいたあなたが話かけました。しかし、上司から返事がありません。もしあなたが、仕事が終わった後も相手の本音を読みすぎていたら要注意です。

・えっ?シカト。。何か悪いことしたかな?
・私は嫌われているのかもしれない・・・

これは、相手の本音をネガティブな方向へ考えてしまっている状態です。心を読みすぎると、断片的な言動だけ相手の本音を判断する事になってしまいます。しかし、実際のところ、本音はその人にしかわかりません。上司は「新しい企画について考えていた」など別のことを考えていたのかもしれません。もしくは声が届いていなかったことも考えられます。

もちろん相手の本音を読む事は、「機転が利く・配慮できる」など良い意味もあります。しかし、マイナスの方向へ読んでしまうと”一人相撲”のような形になってしまいます。自分の首を絞めないように注意したいものです。

本音を読みすぎのための3つの対処法

では本音を過度に気にしてしまう場合、どう対処法すればでしょうか。方法は3つあります。

①やるべき事に集中!

ある程度、本音を先回りして考えることは必要です。しかし、1日中考えているような場合は要注意です。この時、時間で気持ちを切り替えることが大事になります。例えば、ランチタイムが終わったら仕事に集中するなど、考えない時間をあらかじめ作っておくことが大切です。

②思い切って聞く

長い間、本音が気になってしまう際には、直接確認してみることが有効です。気になって仕方がない場合は、自己開示から入り、失礼がないように相手の本音を聞いてみましょう。意外にも自分の推測は外れていたというケースも多いです。

③嫌われことは人生で回避不能!と割り切る
人間関係において相手から嫌われることは付きものです。著名な芸能人や名の知れた人格者でも、必ず一部の人からはは嫌われます。そこで、嫌われてもいいと割り切ることで、過剰な心の読みすぎを防ぐことができます。

ポイントとしては「挨拶」「感謝」「約束を守る」など人間として最低限のマナーを守った上で、嫌われてしまったら、もうそれは諦めるしかありません。

残念なことではありますが、ポジティブな諦めによって、一人に依存せずに新しい人間関係を大事にするようにしましょう。また、その時はNGだったとしても別の機会に話しかけてみるとOKだったりすことも多いですよ。

本音について1人相撲に注意しよう

今回は、「心の読みすぎ」について解説しました。いかがでしたか。最後は少し抽象的なコラムになってしまいました。相手の本音を読んで行動する気持ちは大事ですが、読みすぎないように注意しましょう。誤解を招く恐れがあるので、思い切って相手の本音を確認するようにしましょう。

どんなに相手に気を使って、配慮しても嫌われてしまうことはあります。しかし、相手の尺度で自分を判断するのは、良くありません。自分の物差しを大事にして、固執しすぎないようにに気をつけましょう。

次回は、相手の本音コラムまとめとしてお伝えしてきたポイントをご紹介していきます。相手の本音を知る方法を一緒に振り返っていきましょう!

★本音を読みすぎると「誤解」を招く!3つの方法で対処しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



読心術をやめよう!