>
>
>

興味を持つには好奇心の木を育てよう!仕事や勉強の意欲をUP

仕事や勉強に興味を持つには


興味を持つには好奇心ツリーを育てよう!仕事や勉強のやる気UP②

コラム①では、興味を持つことができない3つの原因と解決策を上げました。具体的な解決策は「①好奇心ツリーを育てる」「②批判ポイントを探す」「③スモールステップで興味を持続」の3つでしたね。今回は解決策の1つである「好奇心ツリーを育てrる」を紹介します。

 

興味を持つには、常に自分の知らない新しいことに目を向けることが必要になります。しかし、手当たり次第新しいことに手を付けるのではなく、自分が今取り組んでいることから興味関心の幅を広げていった方が効果的です。

好奇心ツリーの書き方

ここで当コラムでは拡散的好奇心を高める、好奇心ツリーの書き方をご紹介します。 

①セットアップ
まずは、今の時点で興味があることを箇条書きで思いつく限り書きましょう。ほんの少しの興味でもOKです。

例えば
・会話力をつけたい
・おいしいレストランを見つけたい
・アーティストのLIVEを行きたい
・デートに行きたい
・心理学を学びたい

②順位づけ
①で出した事にランキングを付けます。

1 会話力をつけたい
2 心理学を学びたい
3 アーティストのLIVEを行きたい
4 デートに行きたい
5 おいしいレストランを見つけたい
→1位を採用します

③テーマに関連するワードで枝を作る
②で1位となったテーマにまつわる言葉で木をつくります。

テーマ「会話力をつけたい」
ⅰ真ん中に幹を描き、テーマを書きます
   ↓
ⅱ幹から太い枝を伸ばしていきます
 聴き上手 話し上手 笑顔 声
④お花や葉っぱや木の実などを書きます
例えば、話し上手だったら
・スピード
・相手との共通点
・オチ
・自己開示
・合わせる
など・・・・太い枝を見ていただければわかると思いますが、別々の情報が一つの枝に整理されて分かりやすくなっています。

⑤スペースがないかチェックする
➃を書いていくと、そのうち限界がきて思いつかなくなると思います。すると、木に葉っぱやお花が少なく、スペースが空いているところが出てきます。このスペースは皆さん知らない部分になります。

未完成な感じがしてムズムズするかと思います。すると好奇心ツリーを完成させたくなってきます。この完成させたいムズムズ感が皆さんの好奇心なのです。

⑥知識をふやして完成させよう!
空間があいてしまった部分はしっかと調べてお花や葉っぱを成長させましょう。調べ方としては、インターネットで検索しても良いのですが、身近な詳しい人に聞いてみたり、文献を探してみるのもおすすめです。1つの調査方法ではなく、いくつもの情報元があった方がいろいろな視点で物事を見ることができますよ。

今の興味を「深掘り」しよう 

好奇心ツリーはいかがでしたか。今まで気づけなかった自分の興味関心を知るきっかけになったのではないでしょうか?

興味を持つには、拡散的好奇心を高めていくことが重要です。いま自分が取り組んでいることや、少し関心のあるものを「深堀」して行くと次から次へと好奇心が湧いてきます。 ぜひ自分なり好奇心ツリーを作ってみてくださいね。

次回の興味を持つコラムでは、興味が持てない2つ目の原因「自分で考えない」の対策法「批判的思考」についてご紹介します。 

★興味を持つために「好奇心の木」を育てよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



好奇心の木で興味を持つには