>
>
>

会話の表現力ば伸びる「~ぐらい法」を解説

会話


会話の表現力がUP!「~ぐらい法」習得のポイント⑥

コラム⑤では、「繰り返し表現」をご紹介しました。自分の発話のなかで、相手にしっかり伝えたい気持ちにスポットをあてて言い換えて繰り返すという方法でしたね。

今回は「~ぐらい法」について解説していきます。

~ぐらい法とは?

「~ぐらい法」とは、発話の表現をふくらますことができる発話スキルです。具体的には、「~ぐらい」「~ほど」と言う言葉をプラスして会話を構成します。

例えば

「コーラが好き」

という感情について「~ぐらい法」を使ってみると、次のような文章になります。

①コーラは、自宅に10本くらいストックしていますよ。

②水分補給はコーラ!お茶代わりに飲むいくらい猛烈に好き!

どちらの文章も、「~ぐらい」を使って「コーラが好き」という感情を表現していますね。

2つの文章を比較すると、「コーラが好き」という気持ちの大きさに差があるのがわかりますか。

①の方が
好きな感情が小さく(感情小)
②の方が
好きな感情が大きく(感情大)

表現されています。

会話にボリュームを出してくれる発話スキル

「~ぐらい法」を会話に取り入れるメリット

「~ぐらい法」は、「~ぐらい」「~ほど」を使って例えを入れるため、伝えたい感情の大きさを調節することができます。

また例えがあることで、感情をイメージしやすく、表現しずらい感情についても伝わりやすい点が大きな魅力です。

会話力アップのコツを確認

ここで、「~ぐらい法」の例文をチェックしながら、実践のコツを確認していきましょう。

例文1
「吉野家に行きたい!」

感情小
「週1回くらいは吉野家に行きたい!」
感情大
「外食と言えば吉野家!というくらい吉野家に行きたい!」

 

例文2
「お城が好き!」

感情小
「毎年1回はお城巡りをするくらいお城が好き!」
感情大
「休みの日は必ずお城に行くほどお城が好き!」

 

例文3
「失恋が辛い…」

感情小
「何かに集中していないと彼思い出してしまうくらい失恋が辛い…」
感情大
「ベットから起き上がれないくらい失恋が辛い…」

~ぐらい法で会話力を伸ばそう

「~ぐらい法」の使い方はイメージできましたか。ここからは練習問題で実践していきましょう。

練習してみよう!

次のテーマについて、「~ぐらい法」を使って感情小・感情大の2パターンの文章を作ってください。

練習問題1
テーマ
「好きな動物」
私は「   」が好きです。

感情小
「         」
感情大
「         」

 

解答例
私は「カメ」が好きです。

感情小
ペットショップでずっと見ていられるくらいカメが好きです。
感情大
自宅で10匹ペットにするくらい、カメが好きです。

 

カメ。
お好きですか?
可愛いですよ♪

つづいて、2問目に進みましょう。

 

練習問題2
テーマ
「苦手な食べ物」
私は「   」が苦手です。

感情小
「         」
感情大
「         」

 

解答例
私は「レモン」が苦手です。

感情小
付け合わせのレモンは、いつも食べられないくらい苦手です。
感情大
レモンの写真を見るだけで味を思い出すくらい苦手です。  

言葉選びがカギ!会話で上手に生かそう

「~ぐらい法」は、感情表現に奥行きがでるため豊かな会話づくりに使いたいスキルですが、使う際は「言葉選び」には注意したいですね。

「~くらい」で例えば͡コトやモノがイメージしずらいと、相手に感情を伝えることができません。会話の相手に合わせた言葉選びをして使っていきましょう。

次は、会話力を伸ばすスキルの1つ「強調言葉くっつけ法」を解説します。お楽しみに!



例文と練習問題でコツを確認しよう