>
>
>
感受性とは何か?3つの感受性を知っておこう!②

感受性とは何か?3つの感受性を知っておこう!②

コラム①では、感受性について概観していきました。対処法は「認知療法」「ポジティブに捉える」「目的本位」でしたね。今回は、感受性の3種類について解説していきます。

感受性3つの種類

感受性は大きく3つにわけることができます。

①不安感受性
不安感受性とは、不安や不安に関連する感覚に対する恐怖で、予期不安や破局的な考えの基礎になるものとされています。小さなミスや他の人が気にしないようなことも大きく受け取ってしまいます。

②対人感受性
対人感受性とは、他者に関する過度な気づきや、他者の行動や感情に対する敏感さなどをいいます。感受性が豊かな人は相手に同情しやすいため、相手のマイナス感情も多く受け取ってしまい、相手に振り回されてしまいがちです。相手の顔色をうかがってばかりいたり、相手に同調しすぎて対人関係で疲れてヘトヘトになってしまうことが多いです。

③感覚感受性
感覚感受性は視覚や触覚など、外的な刺激に対する感受性です。身体的な感覚が大きくかかわっています。聴覚や視覚、嗅覚などの身体的な感覚が過敏であるといったこともあります。体の神経系の過剰な敏感さがあり、人よりもストレスを抱え込みやすいことがあります。感受性が豊かであるからこそ、ちょっとしたことでも大きなストレスとして心や体にのしかかってしまいます。

感受性が豊かな人の特徴を解説

このように、感受性が豊かだと、対人関係での問題があったり、不安やストレスを抱え込みやすいなどの問題があります。これらが長期的に続いたりすると場合によっては、不安神経症やうつ病などの精神疾患にもつながりやすくなってしまいます。

★感受性は「不安」「対人」「感覚」の3つがある!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります

人間関係講座

目的

①特徴・強すぎるHSPとは?
②3つの感受性を知っておこう!
③敏感の原因「HSP」とは?
④「居場所感」の不足が原因
⑤「認知療法」で拡大解釈をやめる
⑥「強みに変える」方法
⑦「目的本位」に行動する

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→