>
>
>
感受性の高さを「強みに変える」方法⑥

感受性の高さを「強みに変える」方法⑥

コラム⑤では、感受性の対処法「認知療法」について解説していきました。拡大解釈をやめて、現実的な考え方を参考にしてみてください。

今回は、感受性を「ポジティブに捉える」をご紹介します。

感受性を長所として活用する方法

感受性が高いことは相手の気持ちに左右されがちで、デメリットが多いように見えますが、自分はプラスの側面もあります。

感受性と近い概念の”敏感さ”には、2つの種類があります。平野(2012)は大学生などを対象に435名に調査を行い、「ネガティブな敏感さ」と「ポジティブな敏感さ」に分類しています。

ネガティブな敏感さ

・他人の気分に左右される
・生活に変化があると混乱する
・忙しい日が続くと引き籠りたい

ポジティブな敏感さ
・環境の微妙な変化に気づく方だ
・ミスをしたり物を忘れたりしないようにいつも気をつける
・人が不快な思いをしているとき、どうすれば快適になるかすぐ気づく

というように分類ができます。

このように、感受性が強い方は「ネガティブな敏感さ」ではなく「ポジティブな敏感さ」も持っているものです。些細なことを気にしてしまう性質は活かし方次第では大きな武器になります。感受性が高い人は「ポジティブな敏感さ」をご自身の長所として把握する一面も持っておきましょう。

実践!ポジティブな感受性に変換しよう

練習問題
以下の感受性の特徴は、どのようにポジティブな感受性に切り替えられるでしょうか?考えてみましょう。

①「飲食店で汚れのついたお皿が気になる」
⇒ポジティブな感受性に捉えると…

 

②「仕事でミスをしないか確認が多い」
⇒ポジティブな感受性に捉えると…

 

③「相手の気分を気にしてしまう」
⇒ポジティブな感受性に捉えると…

 

解答例
①「飲食店で汚れのついたお皿が気になる」
ポジティブな感受性に捉えると…
⇒自分自身が接客業をするときに活かせる
⇒自分自身は他人に失礼のない応対ができそう

②「仕事でミスをしないか確認が多い」
ポジティブな感受性に捉えると…
⇒ミスのないよう確実に仕事を進める
⇒ミスがあると取り返すのにも時間がかかるので慎重さも必要

③「相手の気分を気にしてしまう」
ポジティブな感受性に捉えると…
⇒相手の気持ちを察することができる
⇒相手を不快にしないよう気を遣える

感受性を逆手にとってプラス視点を取り入れよう感受性が高い人はさまざまなことに敏感になります。その敏感さをポジティブな方へ向けていくことを意識してみてください。自分の資質を長所だと捉えることで、お仕事や人間関係で誰も持ってない視点を発揮してほしいなと感じます。

★感受性は強み!ポジティブ面にも注目しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります

人間関係講座

目的

①特徴・強すぎるHSPとは?
②3つの感受性を知っておこう!
③敏感の原因「HSP」とは?
④「居場所感」の不足が原因
⑤「認知療法」で拡大解釈をやめる
⑥「強みに変える」方法
⑦「目的本位」に行動する

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
平野真理(2012) 心理的敏感さに対するレジリエンスの緩衝効果の検討―もともとの「弱さ」を後天的に補えるか― 教育心理学研究 60,343-354