>
>
>
傾聴姿勢を伝える「オウム返し」を解説

傾聴姿勢が相手に伝わる!言い換えるだけのオウム返し④

コラム③は、「①言葉を使った傾聴スキル」から、感情のオウム返しをご紹介しました。感情のオウム返しは、取り入れやすい傾聴スキルですが、注意点もありましたね。ポイントを参考に、生活の中に取り入れていきましょう。

「①言葉を使った傾聴スキル」の3回目となる今回は「言い換えのオウム返し」を解説していきます。*動画解説もあります。テキストが良い方は飛ばしてご覧ください。

言い換えのオウム返しとは?

言い換えのオウム返しとは、相手が言った言葉の中からおおむね同じ意味になる言葉を使って返す傾聴スキルです。

例えば、友人が次のように言ったとします。

「楽しみにしていたコンサートだったのに、台風のせいで中止になってしまったんだよね…。すごく残念だった。」

この発話に、感情のオウム返しをしてみるとこんな感じです。

「台風で開かれなかったんだ~、悔しいよね。」

言葉が言い換えられているのがわかりますか。

中止→開かれなかった
残念→悔しい

言い換える言葉は、相手が言った言葉の意味とおおむね似ていればOKです。

言い換えのオウム返しは、相手の言葉を使ってオウム返しをしているだけですが、とても自然な印象になります。

繰返してもok!違和感がでない傾聴スキル

言い換えのオウム返しは、相手の言葉を使ってオウム返しをしているだけですが、とても自然な印象になる傾聴スキルです。また言い換えのオウム返しは、繰り返し使っても違和感が出ない点が特徴です。

言い換えのオウム返しは、相手の言葉を言い換えるだけなので、4つのオウム返しの中でも比較的使いやすい傾聴スキルだといえます。

チェック!言い換えのオウム返しの事例

言い換えのオウム返しの特徴や魅力がわかったところで、事例を見ながら言い換えのコツを見ていきましょう。

例①

「お正月の恒例行事は、富士山に登って初日の出を見るの事かな。今年もすごく楽しみ!」
  ↓
「富士山で初日の出か~、それはワクワクするよね」

例②
「あの店のラーメンは、感動するくらいの味だよ。今度一緒に行こう!」
  ↓
すごく美味しいんだね。ぜひ連れていって~

例③
「最近筋トレにハマっているんだ。努力した分だけ効果が出るからすごくやる気になるよ。」

  ↓
熱心にやってるんだね。効果がでるとモチベーション上がるよね!」

言い換えのオウム返しは、相手が言った言葉から同じような意味合いの言葉を使って返すだけです。いろいろなシーンで使える傾聴スキルなので、日常の会話に取り入れてみてくださいね。

傾聴スキル言い換えのオウム返しの事例

練習してみよう!

それではここで「言い換えのオウム返し」の練習をしていきましょう。

練習問題
次の発話について、言い換えのオウム返しをしてください。

①「運動不足を解消するために、マラソンを始めたんだ。少しずつ慣れてきて、楽しくなってきた」

②「先週社員旅行で、ハワイに行ってきたんだ。すごく楽しかった!」

③「試験が近いから勉強疲れ…たまには遊びたいな~」

 

  ↓

さあ、
考えてくださいね~。

  ↓

 

それでは解答例を、
見ていきましょう!

解答例
①「運動不足を解消するために、マラソンを始めたんだ。少しずつ慣れてきて楽しくなってきた感じ♪」
  ↓
「マラソンの魅力にはまってきたんだね」

②「先週社員旅行で、ハワイに行ってきたんだ。すごく楽しかった!」
  ↓
「充実した旅行になったんですね」

③「試験が近いから勉強疲れ…たまには遊びたいな~」
  ↓
「気分転換も大切!フレッシュした方がいいよ」

発展スキル-高級すし傾聴法

言い換えのオウム返しができるようになったら、高級すし傾聴法にチャレンジしてみましょう。会話は高寿司を食べるようなイメージで聴きましょう!1つ1つの話題を大事にするコツを解説しました。福祉職の方やカウンセラーの方も必須のスキルです。良かったらチャンネル登録もお待ちしています♪

チェック!傾聴力を伸ばすポイント

今回は、「言い換えのオウム返し」をご紹介してきました。

言い換えのオウム返しは、繰り返し使っても違和感がでない使える傾聴スキルですが、言い換えのセンスが無いと相手の気持ちと相違が出てしまいます。

言い換えのオウム返しは、4つのオウム返しの中では比較的難易度が高めなので、とにかく練習をして慣れていきましょう。時間をかけ経験を積むことでしっかり習得できます。

1000回位の練習が必須!1000回も?と思われたかもしれないですが、はい・・・それが現実です。でも1日5回練習すれば、半年ぐらいでかなり自然な傾聴スキルが身に付きます。どんな会話場面でも使えるスキルなので是非練習をしてみてくださいね。

次回は、言葉を使った傾聴スキルから「要約のオウム返し」をご紹介します。引き続き傾聴力を伸ばしていきましょう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく実践練習をしてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

 

目次

①傾聴力を磨く方法を解説
②基礎:事実のオウム返し
③基礎:感情のオウム返し
④初級:言い換えのオウム返し
⑤中級:要約のオウム返し
⑥上級:感情の明確化
⑦適切な自己開示
⑧名詞的肯定返し
⑨人間性肯定返し
⑩5W質問
⑪感情の質問
⑫「間」の取り方・効果
⑬傾聴力の簡易診断!

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→