>
>
>

空気が読めない(KY)特徴は発達障害の可能性も

空気が読めない


空気が読めない(KY)人の特徴を確認!発達障害の可能性も④

発達障害の可能性も考えてみよう

コラム③では、空気が読めない原因の対処法の1つ「傾聴スキルを身に付ける」について考えました。ご紹介した4つの聴くポイントを意識して、相手の話を聴く姿勢を身に付けてみてくださいね。

今回のは、空気が読めない原因の対処法の3つ目「適切な専門機関を訪ねる」についてご紹介します。

 

もしかして発達障害…?

空気が読めない理由が発達障害の可能性も「空気が読めない人」といっても特徴は様々です。そして、空気が読めない人の特徴は発達障害の特徴ともいくつか類似している点があります。

例えば、思ったことをすぐに口走ってしまうといったことは、発達障害のADHD(注意欠如多動性障害)の特徴と似ているところがあります。また、興味のある話だけは食いつくけれどそれ以外には無反応だったり、一方的に自分の興味のある話ばかりしてしまうことは、発達障害のASD(自閉症スペクトラム)の特徴に似ているところがあります。

発達障害とは?

発達障害とは発達障害とは、先天的に脳機能の発達段階で何かしら損なわれるために社会生活で困難が発生する障害のことです。先ほどご紹介したADHD、ASDをはじめ、自閉症、学習障害など、さまざまな種類があります。また症状は、不得意や得意の差が大きかったり、一般的な人と異なる感じ方や考え方を持つのが特徴です。

ここでは、空気が読めない人の特徴と似ているADHD・ASDについてご紹介しましょう。

ADHDは”Attention Deficit Hyperactivity Disorder”の略で「注意欠如・多動性障害」と呼ばれています。多動性や不注意、衝動性が特徴で、具体的には

・絶え間なくしゃべり続ける
・段取り良く仕事ができない
・気が散って集中できない
・過度な集中で疲れてしまう
・他人を遮ってしゃべってしまう
・自分の話す順番を待てない
などの症状があります。

ASDは、”Autism Spectrum Disorder”の略で「自閉症スペクトラム」と呼ばれています。社会性やコミュニケーション、想像やこだわりが特徴で、

・空気を読む事ができない
・相手の気持ちをくみ取ることが苦手
・分かりやすく伝える事が難しい
・起こる出来事を想像できない
・ルールや環境に過度にこだわる
などの症状があります。

 

専門の医療機関に行くことも

このように空気が読めない人には、背景に発達障害の可能性も考えられます。しかし、空気が読めないからと言って必ず発達障害だという決めつけはしないでください。あくまで可能性の一つだという話です。周囲に空気の読めない人がいるからと言って安易に「発達障害じゃない?」というのはやめましょうね(汗)。それこそ「空気が読めない」行動になってしまいますから…。

もし、「自分はもしかしたら発達障害かもしれない…」と思ったら適切な専門機関に行くことをおすすめします。

次回は、空気が読めないコラムのまとめとしてお伝えしてきたポイントをご紹介していきます。空気が読めない原因・解決策を一緒に整理して、確認していきましょう!

★ 発達障害の可能性も。空気が読めない人と発達障害者の特徴は似ている

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



発達障害について知ろう