>
>
>

共感力を高める方法!事例を元にコツを知ろう

共感力


共感力を高める方法とカウンセリング事例を紹介!人間関係を良好にしよう②

共感力を高める方法を知ろう

共感力を高める4つの方法コラム①では、共感力が欠如する4つの原因とその対処法をあげました。共感力を高める方法は「①相手視点の考え方を身に付ける」「②共感が伝わるスキルを身に付ける」「③「感情」と「考え方」を分けて共感」「④程よい距離感で共感する」でしたね。

今回は、共感力を高める方法の1つ「相手視点の考え方を身に付ける」についてご紹介します。キーワードは「いったん相手になってみる」です。

共感が苦手な人は自己愛が強い

コラム①でも少しお話しましたが、人は子供の頃から成長していく間に
・自分は特別な人間だ
・周りは大したことない
・自分の意見と違うやつはおかしい
などの自分勝手な価値観を形成することがあります。

適切な自己愛が共感力を高めるカギ臨床心理学的には、自分勝手な価値観が強い方を「自己愛が過剰」と表現したりします。現場での経験上、
・母子関係が密着している
・親からのしつけがない
・過保護で、過度に肯定されて育つ
・友人との健全な喧嘩や議論がなかった
という方に多い特徴と言えます。

自己愛が過剰な方は「自分は特別だ」「自分は他人よりも優れている」など、自分を過大評価する傾向にあり、共感しにくい状況を自ら作り上げてしまっています。

自分と他人はそこまで変わらない

もしあなたが、共感力が低いと感じているなら、次の方法を試してみてください。それは「いったん相手になってみる」ということです。具体的には「自分も同じ状況になれば、同じ失敗をするかもしれない」など、いったん相手の悩みや状況をゼロから想像してみるのです。そのとき、自分の価値観はいったん忘れてください。共感力と自己愛

コラム①でお伝えした通り、共感とは相手と全く同じ気持ちにならなくても良いのです。「いったん」というのがポイントで、全部理解しよう!ではなく、あくまでも「私は私だけど、いったん相手になってみよう」これでOKです。

抽象的で少しイメージしにくいかもしれませんね。ここで、共感するのが苦手という悩みを改善したAさんについてご紹介させていただきます。

 

自己愛が強く仕事に厳しすぎるAさん

共感力を高めた事例カウンセリングにいらっしゃったAさんには、ある悩みがありました。Aさんは管理職でした。仕事は素早く丁寧で、有能です。しかし、周囲とぶつかる癖がありました。

「こんな簡単なこともできないの?」
「俺(私)ならこんなミスしないよ」

と、相手を見下したような発言をすることも多かったため、結果的に部下の信頼を失い、管理職としての評価がガタ落ちになってしまいました。

Aさんは苦しみながらも、カウンセリングで自分自身と向き合いました。その過程で、自分の身勝手な考えに気付くことができ、最終的に次のように考え方を改善したのです。

・自分も同じ状況になれば、わからないことがあるかもしれない

・自分も同じ状況になれば、失敗することがあるかもしれない

考え方が改善されたことによって、Aさんの言葉は変わりました。

「○○がわからなかったんだね。自分や他の人にもあるかもしれないよ。」
「失敗は誰にでもあるよ。」

このように、Aさんはコミュニケーションのとり方がかなり変わったようでした。頭ごなしに怒るという姿勢が改善され、部下との関係が定着・安定した段階で、カウンセリングを卒業されました。

 

共感力は焦らずゆっくり高める

共感力はゆっくり高めよう考え方を改善したAさんの例はいかがでしたか。

自己愛が過剰になっている場合、「すぐに修正して改善」とはなかなかいきません。相手に共感する言葉がけは、一朝一夕でできることではないのです。人の気持ちを察して共感を示すには、地道な努力が必要です。焦らずゆっくり、チャレンジしてくださいね(^^)

次回は、共感力を高める方法の2つ目「共感が伝わるスキルを身に付ける」についてご紹介します。

★自分勝手な考え方を改善して共感力を高めよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

*出典・参考文献
・『パーソナリティ障害とむきあう―社会・文化現象と精神科臨床』林 直樹,日本評論社(2007)
・『人格障害の臨床評価と治療』林直樹,金剛出版(2002)
・共感性と他者意識に関する研究 矯正協会附属中央研究所紀要第15号



高める方法を事例から学ぼう