>
>
>

共感性の意味とは?程良い距離感を大切にしよう

共感性,意味,とは


共感性の意味とは?程良い距離感を大切に⑤

コラム④では、共感性が欠如してしまう原因の1つ、「全てに共感しようとする」の対処法をご紹介しました。共感するポイント「感情」をしっかり押さえる事が大切でしたね。ご紹介したコツをぜひ実践してみてくださいね!

今回は、「相手と程よい距離感が保てない」についての対処法を解説していきます。

心地よい共感には距離感が大切

「相手も自分も無理なく気持ちいい」そんな心地よい共感が、だれもが理想に思うところかもしれません。しかし、そのさじ加減はなかなか難しいですよね。必要以上に相手の心理に合わせる癖をつけると「過剰適応」に繋がることがあります。過剰適応とは必要以上に自分を相手や環境に合わせることで、ストレスを溜めすぎることを意味します。

共感は人間関係で大事ですが、そもそも自分の心を痛めつけてまでするものではありません。注意が必要です。

心地よい共感には、コラム④でご紹介した共感するポイントを押させる事と合わせて、相手との程よい距離感を持つ事も大切です。例えば、相手の価値観に対して「なるほど、そういう人もいるのか」という程度で共感する感覚です。

とりあえず受け入れる程度の距離感で共感できれば、「共感疲れ」もなくなります。

練習問題で程よい距離感を

それでは、ここで距離感を確認するために、練習問題をやってみましょう!

練習問題
次の文を読んで、あなたはどんなリアクションをしますか?

「卵かけごはんにケチャップをかけると、めちゃくちゃうまいんだよね〜!」

あなたのリアクション⇒

 

解答例
A:「え…ありえない」「あ、それ無理」
B:「へ〜、おいしいんだね〜!」

あなたの回答は、ABどちらのリアクションに近いですか。詳しい解説を見ていきましょう

あなたの回答は程よい距離感?

回答例A「え…ありえない」「あ、それ無理」に近いリアクションの方は、注意が必要です。

回答例Aは、相手の好みを全否定していますよね。基本的な信頼関係ができればいれば、多少否定的なことを言ってもおもしろいかもしれません。

しかし、毎回否定されると誰でも、嫌になってしまいます。もし否定パターンが普段から多いかも…と思う方は少し注意が必要です。意識してみましょう。

 

回答例B「へ〜、おいしいんだね〜!」に近いリアクションの方は、ほどほどの距離感が保てているかもしれません。

回答例Bは、相手を尊重して受け入れているというリアクションです。共感する姿勢を出せています。

これ以上過度に受け入れなくても大丈夫です!間違っても、気が進まないのに無理してケチャップをかけた卵かけごはんを食べて、「おいしかったよ!」なんて伝えないでくてもよいのです。

気持ちを尊重して共感を示そう

練習問題をやってみていかがでしたか。相手の価値観を受入れる距離感がお分かりいただけましたか。

共感するために、相手の言葉を全力で肯定しなければ!と思う方がいるかもしれません。しかし、力が入り過ぎては自分も相手も疲れてしまいます。

相手の価値観を過度に受入れる必要はありません。相手の気持ちを尊重した上で共感する姿勢を伝える事ができれば十分です。今後の会話で意識してみてください。

次回の共感コラムは、これまで解説してきた共感コラムのまとめです。一緒に確認していきましょう!

★ 程よく距離をとって「共感疲れ」を防ごう!
★ 相手の気持ちを尊重して共感姿勢を示そう
★共感は無理なく程よく


程よい距離感で心地よいコミュニケーションを