>
>
>
真面目な人の特徴「完璧主義」を長所に!

真面目力をUP!3つの方法で特徴を高める②

コラム①では、真面目な人の特徴や長所・短所について解説しました。責任感や誠実さの高さ、他人と協調できるという長所がある一方で、抑うつのリスクや孤立になる可能性が高まるという短所がありましたね。そして、真面目さの特徴をバランスよく取り入れる方法として、真面目力を「UPする方法」「DOWNする方法」を提案しました。

このコラム②では、真面目力をUPする方法!として、以下の3つをお伝えします。

  • 積極的な完璧主義を目指せ
  • 自己決定をしよう!
  • 協調性には得が多い

真面目力UP① 積極的な完璧主義を目指せ

真面目力が低い人は、物事に対して真剣に取り組めず、周りに迷惑をかけてしまう状態になることがあります。そのため、周囲から不真面目に思われがちです。

不真面目さは、仕事での行き違いから思わぬトラブルを招くこともあるため、もし仕事で行き違いが多いと感じているなら、完璧主義傾向を強くした方がいいでしょう。

完璧主義といっても、さまざまな種類があります。

消極的完璧主義とは

完璧主義思考は、大きく2つに分けられます。

「消極的‐完璧主義」
・絶対に機嫌を損ねてはならない
・人前であがってはいけない など
「積極的‐完璧主義」
・絶対に会話を楽しく盛り上げるぞ!
・これからもずっと仲良くしたい など

いずれも極端な完璧主義思考といえますが、視点が大きく違っていることがわかりますか?前者の「消極的‐完璧主義」はマイナスに視点が向いており、後者の「極的‐完璧主義」は積極的でプラスに視点が向いています。

「消極的‐完璧主義」ような失敗してはいけないと過剰に意識することを「失敗過敏」といい、自分で自分にプレッシャーをかけ強めてしまう恐れがあるため、注意が必要です。

対人恐怖と関連

ここで消極的完璧主義の研究についてみていきましょう。

齋藤(2009)は、大学生474名に、完璧主義と心理的な影響について調査を行いました。その結果、

消極的完璧主義(正確には失敗過敏)のある方は
「集団にとけこめない」
「人間関係の当惑」
があることがわかりました。これに対し、
積極的完璧主義(高目標設定)のある方は、
特に顕著な差として
「幸福感」が高い
ことがわかりました。また消極的完璧主義にある傾向はありませんでした。

以下の図をご覧ください。図の数字は相関係数と呼ばれるものです。簡単に説明すると、AとBはどれぐらい関連しているかという数字で、心理学的には0.4~0.6の数値はある程度関連していると解釈していきます。

絶対にミスをしてはいけないと思ってしまう

この図から、人が怖いという感覚が強い方は消極的な完璧主義である「失敗したくない」「印象を悪く思われたくない」と考えるあまり、人へが怖い気持ちが増幅されていると読み取ることができます。

つまり消極的な完璧主義の中でも消極的完璧主義が過剰になると、人が怖い感覚が強くなるという事です。

メンタルヘルス的には、積極的完全主義は過剰にならない程度であれば、プラスの側面が大きくなります。逆に消極的完全主義はマイナスになることが多く、注意が必要だといえます。

適度な積極的完璧主義を取り入れるよう、心がけてみてくださいね。

真面目な人は積極的完璧主義を取り入れよう

失敗過敏⇒目標設定-練習問題

就活の面接や婚活パーティでは、緊張から完璧主義なりがちです。以下の「消極的な完璧主義(失敗過敏)」の考えを、積極的な完璧主義の考えに直してみてくださいね。

<練習問題1>
就活の面接では「少しのミスも許されない」と考えています。プラスに変えてみましょう!

 

解答例
「就活の面接では少しのミスも許されない」
→「練習の成果を出すぞ!」

 

<練習問題2>
婚活パーティでは「第一印象が大事。相手が不快にならないようにしなければ…」と考えています。プラスに変えてみましょう!

 

解答例
「第一印象が大事。相手が不快にならないようにしなければ…」
⇒「せっかくだから楽しい時間にしよう!笑えるネタを1つ話してみよう」

真面目な人の特徴には長所と短所がある

完璧主義思考は、真面目力をUPさせる方法としてとても有効です。ただし、過剰になりすぎるとストレス負荷が大きくなるため注意が必要です。

適度な積極的完璧主義を取り入れることで、真面目力UPを図っていきましょう!

真面目力UP②自己決定をしよう

ここまで、真面目力をUPさせる方法として「完璧主義」の種類や研究、使い方を見てきました。完璧主義には「消極的完璧主義」「積極的完璧主義」の2種類あり、プラスの側面が大きい「積極的な完璧主義」を適度に取り入れることが大切でしたね。

ここからは、2つ目の対策として「責任感」の側面から、真面目力をUPする方法を見ていきます。

自己決定が高める

真面目な人の特徴のひとつ「責任感」で大切なのは、「自己決定」「主体性」です。「7つの習慣」で世界的に有名な経営コンサルタントのスティーブン・R・コヴィー博士は、主体性を次のように定義しています。

”主体性とは人間として自分の人生に対して自ら選択し、自ら責任をとるということ”

自分で選択した場合、誰かのせいにすることが難しくなり、自己責任となります。そのため自然と責任感を高めることができます。実際に須甲(1988)が行った心理学の研究も、自分で決断することは責任感を高めることが分かっています。

主体性を持つことは、責任感にもつながり、自分で考えて決断できる力を伸ばしてくれるかもしれません。

真面目な人の責任感を高める方法

仕事で真面目力を生かす

自己決定による責任感は、本人の意識で自由に持つことができます。しかし会社では、好き勝手な判断はできませんよね。

会社での自己決定のポイントは、互いがWINーWINになることです。4つのプロセスで考えていくといいでしょう。

①目的意識の共有
②目標設定
③WINWINを目指して行動
④失敗は恩返しにつなげる

たとえば「上司から部下」「部下から上司」2つの立場からまとめると、以下の図のようになります。

責任感 仕事

このようプロセスで、自己決定をしてみてくださいね。

強いプレッシャーから逃れるために、主導権を他人にゆずり自己決定をしていない人もいるかもしれません。しかし自己決定した行動はモチベーションがあがりますし、成果が出た時には、おおきな喜びも得ることができます。

自己決定をする機会を増やすことで責任感を高め、真面目力をUPさせていきましょう!

真面目力UP③協調性の得は幸福へのカギ

ここまで、真面目力をUPさせる方法として2つの対策を見てきました。

まず1つ目の対策「完璧主義」では、2種類の完璧主義について確認しました。そして前向きな捉え方をする「積極的な完璧主義」を、過剰になりすぎない程度に取り入れることが大切でしたね。

そして2つ目の対策「自己決定」では、真面目な人の特徴「責任感」を高めるための自己決定についてみてきました。ご紹介した4つのプロセスで、自己決定する機会を増やして真面目力UPをしていきましょう。

ここからは真面目力をUPする3つ目の対策「協調性」について見ていきます。

協調性を高めて真面目な人の長所を伸ばす

協調性には得が多い

真面目な人の特徴のひとつ「協調性」は、高めることで人生をより幸せにする可能をもっている重要な性格です。

社会心理学の中で、協調性は特に重要な性格で、さまざまな研究がされています。ここでは浅野ら(2008)が行った研究から協調性が得するポイントを見ていきましょう。

・ポジティブ感情を増やす
浅野ら(2008)は、協調性、外向性、ポジティブ感情の関連について調べています。その結果、協調性は外向性の高さに結び付き、結果的にポジティブな感情に結び付く傾向があることがわかりました。

真面目な人の特徴を伸ばす協調性協調性が高い方は、
・周りから好感を持たれる
・楽しい経験が多く外向性が高まる
・周りから感謝される
・周囲から頼りにされる
そのため、ポジティブな感情が生まれやすいと考えられます。

・協調性はネガティブ感情を減らす
浅野はまた、協調性、情緒安定、ネガティブ感情についても調査を行いました。その結果、協調性は情緒の安定性に結び付き、結果的にネガティブ感情を減らす傾向があることがわかりました。

協調性が高い方は、人間関係が充実しているために
・ソーシャルサポートを受けやすい
・情緒が安定しやすい
・喧嘩や対人トラブルが減る
そのため、ネガティブ感情が減るといえるかもしれません。

つまり真面目な人の特徴「協調性」は、周囲から好かれやすく人間関係が充実することから、ポジティブな感情が生まれやすいといえます。そのため、周囲からのサポートも厚く、得することが多くなります。協調性の高さは、幸福な人生を歩んでいくポイントといえるかもしれませんね。

協調性とは、
「性格や意見などの違う者同士が、互いに譲りあって双方の調和と均衡を保とうとする力」
です。「協調性=自分を押し殺して手伝う」という意味ではありませんから、お互いの価値観の調和を保つことを意識してみると、ストレスをためずに付き合うことができると思いますよ。

3つの方法で真面目さを高めよう

真面目力をUPする3つの対策をご紹介しました。いかがでしたか。

ご紹介した「完璧主義」「自己決定」「協調性」はいずれも注意すべき特徴がありましたね。上手に取り入れながら、真面目力UPを目指してくださいね。

★ 3つの方法で真面目力UPを目指そう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。つも

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
須甲(1988)児童・生徒の自己決定感 学校教育研究科学校教育專攻. 生徒指導了-7 M87078B
浅野壮志・小田島 裕美・宮 聡美・阿久津洋巳(2008)「性格5因子とポジティブ・ネガティブ感情,ストレス反応,対人不安の関連」岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要 (7)116-128.