>
>
>

ブリーフセラピーでその気を高める!心の問題を回復しよう

ブリーフセラピー


ブリーフセラピーでその気を高める!心の問題を回復-臨床心理士が解説①

ブリーフセラピーを専門家が解説

みなさんはじめまして!臨床心理士の杉野です。私は臨床心理士として、こちらの講座で講演をしたり、学校で心理学の講義をしたり、結婚相談所で婚活のカウンセリングをしています。当コラムは「ブリーフセラピー」をテーマに専門家が解説をしています。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

その気になるための心理療法

ブリーフセラピーで心のあり方を学ぼう

次のような悩みを持ったことはありますか?
・人前でうまく話せるようになりたいけど…
白馬の王子様(または白雪姫)を待っているけど…
ダイエットをしたいけど…

そして「どうせ」「けっきょく」などの言葉が頭に浮かんで、がんばる気持ちになれずあきらめてしまっていませんか?このように「その気になれない」「やる気が出ない」時はどうすれば良いでしょうか?まずは「その気になれない」ことから「その気になる」ことに目を向ける発想の転換が必要です。

当コラムでは「その気」を高める心のあり方(マインド)とやり方(スキル)を、ブリーフセラピーという心理療法を通してみなさんにお届けします。

心理療法ブリーフセラピー

 

ブリーフセラピーとは?

ブリーフセラピーとは、男性用下着のブリーフの股下が短いように、できるだけ短い時間で困りごとを解決するアプローチです。セラピーの期間が短く軽快であることで、効率や効果、インパクトなどの満足度に重きをおくアプローチです。

ブリーフセラピーで大事なことは、変化を促す思考回路を作ることです。原因探しばかりをしていては「どうせ」「けっきょく」などの言葉が頭の中に浮かんで、無変化の思考回路ができあがってしまいます。まず行動を起こすことが大切です。

ブリーフセラピーには、数種類のサブタイプがありますが、当コラムでは最もよく使われる解決志向ブリーフセラピー(Solution Focused Brief Therapy : SFBT)をご紹介します。

解決思考ブリーフセラピー

解決思考ブリーフセラピーでは、「例外の質問」「ミラクル・クエスチョン」などの質問を通して変化を促す思考回路を作っていきます。当コラムでは3つの質問方法「もしも探し」「使える探し」「とりあえず探し」を取り上げます。それぞれの質問で得られる変化は、次の通りです。

1:もしも探し
・過去→未来
・問題→解決
・うまく行かない自分→うまく行く自分

2:使える探し
・ないもの→あるもの
・弱み→強み
・今の悪循環→かつての良循環

3:とりあえず探し
・やらないこと→やること
・できないこと→できること
・やりたくないこと→やってもよいこと

3つの質問から得られる変化で、上手くいく自分を目指していきましょう

 

実践!3つの質問で上手くいく場面を

ここでは、ブリーフセラピー3本柱の1つ目「もしも探し」についてみていきます。もしも探しは、ブリーフセラピーでは、ソリューション・イメージ(解決像)に当てはまります。「もしも」「だとしたら」という言葉を使い、うまく行く自分を具体的にイメージさせその気を高める方法です。

ブリーフセラピーを実践3つの質問

うまく行く自分をイメージするための「もしも探し」3つの質問テクニックをみていきましょう。っと言いたいところなのですが、その前に、今の気持ちの元気度を100点満点で評価してみましょう!直感でOKです。評価してみましたか?!

それではワークに進みましょう。

ワーク①奇跡探し
ブリーフセラピーではミラクルクエッション呼ばれます。これは奇跡を想定した問いかけです。

例えば
「もしも今晩、眠っている間に奇跡が起きたら。その奇跡とは、人前でもっとうまく話せる魔法の杖が目の前に。その魔法にかかったら、明日の朝に目覚めてから、まずどんな違いに気付くかな?どんな1日になるかな?」

みなさんは、この質問を投げかけられて、どんな想像をしましたか?いくつか想像してみましょう。ばかばかしい!と感じたあなた・・・効果は後で説明します。とりあえずやってみましょう!

朝…
・鏡の前の自分が生き生きしている
・自分から元気な挨拶をする
昼…
・食事中、同僚に軽く笑いをとる
・お客様に堂々とプレゼンしている
・そして、新規の契約受注している
夜…
・隣の部署の気になる人を食事の誘ってOKもらう

など自由に想像します。

ワーク②未来探し
ブリーフセラピーではタイムマシン・クエッションと呼ばれます。これは、未来を想定した問いかけです。

例えば
「もしもドラえもんのタイムマシンに乗って、3年後の自分に会いに行ったら。自分はどんな白馬の王子様(または白雪姫)と過ごしているかな?」

みなさんは、この質問を投げかけられて、どんな想像をしましたか? 

その相手は…
・明るい性格
・一緒にいると元気をもらえる
・趣味の同好会で出会った
・自分と同じ様に仕事を続けている
・専業主婦(主夫)になっている

などなどさまざまでしょうか?

ワーク③お告げ探し
これは、特にブリーフセラピーでの呼び名がないので、私がカリスマ・クエスチョンと名付けましょう。

これは、自分が尊敬する有名人や憧れるアイドル(カリスマ) に勝手になり切って、その人の言動を想定した問いかけです。それは、ありがたい「お告げ」の役割を果たします。

例えば
「もしも自分が憧れのあの人だったら。食べ過ぎないためにどうしてる?」

みなさんは、この質問を投げかけられて、どんな想像をしましたか? 

あの人だったら…
・大事なのはまず目標設定かな
・運動もしてそうだな
・最近話題のレコーディング・ダイエットをやってるかも

などでしょうか?

「もしも探し」3つの魅力

3つの質問テクニックは、いかがでしたか。それでは改めて今の元気度を100点満点で評価してみましょう。もしあなたの点数が最初よりもUPしていたら、この心理療法はあなたに合っていると考えていいでしょう。

その気になる方法3つの魅力を知ろう

普段なら考えもしない質問に戸惑ったかもしれません。しかし、素直にやってみると、思った以上に想像力が駆り立てられ楽しくなったのではないでしょうか。なぜ「もしも」を使うと心理的に前向きになるのでしょうか?

①インパクト
1つ目は、何と言ってもインパクトです。「もしも」の問いかけに前向きに想像していること自体がすでに「その気」を高めていると言えます。これは、想像力とやる気に関係する脳内の物質(ドーパミン)が活性化するからです。受け身ではなく、自分から何かしようとする積極的な心のあり方を引き出します。

②前向きに
2つ目は、前向きさです。「もしも」と想像する内容は、前向きな内容に限定させています。そうすることで、後ろ向きなことに深入りするのを避けられます。

他のセラピーでは「原因は何?」「なぜ治そうとしないの?」という問いかけがあります。このような原因探しの問いかけは、後ろ向きな気持ちを招いてしまいます。

心の問題は原因がたくさんあって絡み合っています。また、原因をはっきりさせたとしても、解決策が見つからないケースがあります。まずは、前向きに想像することが大切です。

③目的地を見る
3つ目は、目的地です。具体的で生き生きとした成功モデルを描くことで、頭の中で成功体験をします。これは、ちょうどスポーツ選手の「イメージ・トレーニング」に通じるものがあります。目的地をハッキリさせることで、具体的にどうしたら良いかという発想もしやすくなり、成功への推進力にもなります。

ワレンダ要因とは?

このように、うまく行くことに意識を向け続ければ、うまく行きやすくなるということです。逆に言えば、うまく行かないことばかりに意識を向けると、本当にうまく行かなくなってしまうということです。

この心理は、ワレンダ要因と呼ばれています。ワレンダとは、カール・ワレンダ(1905-1978)という天才的な綱渡り芸人です。彼は、最期に綱渡りで転落死しますが、その時の彼の妻によると「今までは綱を渡り切ることしか考えていなかったのに、その時に限って落ちないことに注意を向けていた」とのことです。

ブリーフセラピ―で前向きな自分を目指す

 

ブリーフセラピーで前向きな未来を

今回は、心理療法ブリーフセラピーがどのような療法かをご説明しました。また、ブリーフセラピー1つ目の柱「もしも探し」3つの質問テクニック・魅力をわせてお伝えしました。いかがでしたか。3つの質問テクニック「奇跡探し、未来探し、お告げ探し」を通して、うまく行く場合の自分の描き方のコツを身に付けてください。

次回は、ブリーフセラピー3本柱の2本目「使える探し」をご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★「その気にさせる」ためにブリーフセラピーを活用しよう
人間関係講座



心の問題を回復しよう