>
>
>

その気にさせる方法とは?「とりあえず」探し:前半

その気にさせる,方法


その気にさせる方法とは?「とりあえず」探し:前半⑤

その気にさせる方法「とりあえず」探しとは

前回までは、その気にさせる方法ブリーフセラピーの3本柱の1本目の「もしも」探し、2本目の「使える」探しをみてきました。今回は、いよいよその3本目、「とりあえず」探しについて具体的にみていきます。

「とりあえず」と聞くと、「ビールと枝豆」という声が繰り返し頭の中で響いてくるのは私だけでしょうか?この「とりあえず」を使った「とりあえず」探しは、ブリーフセラピーでは「ゴール・セッティング」(目標設定)に当てはまりますが、小難しい説明はやはり置いときましょう。「その気にさせる」ロケットのエンジンを点火して目的地をはっきり見て、「使える」補助燃料が揃っています。

そんな中、
「とりあえずビールと枝豆」
のように、
「じゃあとりあえずどう進む?」
という何かしらの次の第一歩を踏み出し、それを積み重ねていくことです。

そして、ちょっとずつうまく行く自分に近付いていくことです。だって、せっかく一生懸命に目的地や補助燃料を考えるだけ考えといて何もしなかったら、それはただの「絵に描いた餅」ですもん。
例えばこんな問いかけが思い浮かんできませんか?
「うまく行かない状態はいつまで続く?」
「白馬の王子様(または白雪姫)を待っててばかりで大丈夫?」
「じゃあ、どうする?」
「とりあえずできそうなことは?」
「今までと違ったことをするとしたら何?」
ここで大事なことは、どんな「とりあえず」にするかということです。
ヒントになるのは、コラム①でご紹介したかつての私の体験談です。その分析すると、私は英語を「何となく」「できるだけ」「いつか」話したいと思っていました。そうではなくて、とりあえず「何を」「どれだけ」「いつまでに」するかということです。それでは、この3つのポイントをみてみましょう。

 

とりあえず「何を」―具体的に「それ」

まずは、とりあえず「何を」です。
これは、「とりあえず」の行動の詳細化です。行動の詳細内容(質)と言えます。

例えば、次の「とりあえず」はどちらがよりできそうでしょうか?
A「とりあえず人前では緊張しない」
VS
B「とりあえず人前では笑顔をつくる」
みなさんは、どんな違いに気付きましたか?

A「とりあえず人前では緊張しない」は抽象的です。
抽象的だと、「何となく」になってしまい、何をしていいのかぼんやりとして、けっきょく何もできないことになります。
一方、B「とりあえず人前では笑顔をつくる」は具体的です。
具体的だと、「それ」をするということがはっきりしていて、第一歩が踏み出しやすくなります。そして、「笑顔をつくる」という一歩が踏み出せたら、「明るく挨拶をする」というふう次の一歩が踏み出せます。

 

「~しない」の罠にはまらないで!

また、もう1つの違いは、前の「とりあえず人前では緊張しない」には「~しない」という言い回しの罠があります。例えば、みなさんは、人前での発表前に「緊張しない、緊張しない、緊張しない」と呪文のように自分に言い聞かせようとして、逆に余計に緊張してしまったという経験はありませんか?

これは、あることを考えまいと考えると、逆に考えてしまうという人間の心理です(思考の逆説効果)。例えば、「手に人の字を3回書いて飲み込む」など、「緊張するかしないか」という考えではない別の具体的な何かに意識を向けることが良いのです。

もちろん、それは別の具体的な何かであれば、何でも良いわけです。ちなみに、この心理はさきほどご紹介したワレンダ要因(コラム③を参照)につながります。

 

その気にさせる方法「とりあえず」探し

今回は、ブリーフセラピーの3本柱の3本目、「とりあえず」探しの3つの方法のうちの1つを具体的にみました。それは、具体的に「それ」という行動の詳細化です。次回は、残りの2つのポイントをみてきます。

★「その気にさせる」ためにブリーフセラピーを取り入れよう
★「とりあえず」探しは、その気にさせる方法の1つ
★「とりあえず」探しで行動を細分化しよう


一歩を踏み出して、うまく行く自分に近づいて行きましょう