>
>
>
ネット依存の対策・治療に向けて

ネット依存による症状「身体・心理的への影響」③

コラム②では、セルフ診断・チェックができる「ネット依存診断」をご紹介しました。今回は、「ネット依存による症状」をご紹介します。

うつ病に注意 – ネット依存の症状・合併症

インターネット依存に陥っている人は、ほとんどの場合、うつ病などなんらかの精神疾患や情緒の不安定さを抱えていると言われています(小寺,2013. 他)

ネット依存には、具体的にどのような症状があるのでしょうか。

ネット依存の症状① 身体面

依存症専門外来・久里浜医療センターの中山(2015)先生が、トルコの中高生を対象に行った調査では、ネット依存している人は、BMI(体格指数)が高いことが分かりました。

以下の図は、BMI(正常値22)が25以上の人を示しています。

ネット依存の症状と肥満の関係

インターネットに依存が無い人が3%に対して、インターネット依存場ある人は28.4%と、とても高くなっています。この結果から、インターネット依存の症状は、肥満につながると言えそうです。

また河合ら(2011)の研究では、インターネットやSNSの利用実態とその影響について調査をしています。

以下の図は、インターネット利用による問題の高い項目です。「視力の低下」や「睡眠不足」など、身体面への影響が高いことが分かります。

ネット依存による身体的問題

ネット依存の症状② 社会生活面

大里ら(2014)は、大学生を対象に、授業出席率を調査しました。その結果、ネット依存がある人は出席率が低いことがわかりました。

以下の図は、授業出席率が75%未満の人を示しています。ネット依存が無い人が9.9%に対して、ネット依存がある人は16.1%ととても高くなっています。

ネット依存症と症状

インターネット依存の症状は、引きこもりなどにリスクがあると言えそうです。

またネット依存は、「将来のために使う時間」や「趣味の時間」などの大切な時間を失うことも見逃せないデメリットです。

以下のグラフは、河合ら(2011)が、SNSよって「どんな時間を犠牲にしたか?」を調査したものです。「勉強」「趣味」「仕事」など、本来やるべきことへの時間が少なくなっていることが分かります。

SNS依存と利用実態についての調査

ネット依存の症状③ 心理面

ネット上でのコミュニケーションが盛り上がると、やり取りが深夜まで続いてしまい、睡眠時間が大幅に削られてしまいます。

睡眠不足から、身体や精神の不調が強くなり、深刻化すればうつ病を発症する可能性もあり注意が必要です

佐藤ら(2015)は、中学生から大学生を対象に、インターネット依存度と精神疾患のテストを行いました。

その結果、全ての世代で、うつ症状とインターネット依存に関連のあることがわかりました。

ネット依存とうつ病の関連この結果から、インターネット依存の症状はうつ病と合併しやすいといえます。

ネット依存傾向が高くなることは、身体や心理面への悪影響に加えて、社会生活にも副作用を出してしまいます。インターネットは、適度な利用を心がける事が大切です。

気になる症状は早めの対処を

ネット依存の症状には波があることが多いです。そのため、ネット依存と捉えることができず、症状を放置してケースがあります。

また、スマートフォンなどで行う場合、周囲の目が行き届きにくくなり、発見が遅れることもあります。気になる症状があれば、早めの対処で症状を緩和していきましょう。

もし公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・心理療法の基礎
・対人不安の改善
・暖かい人間関係を築くコツ
・無条件の肯定のコツ

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。お知らせ失礼いたしました。それではコラム④に進みましょう!

人間関係講座

目次

①ネット依存の原因と診断基準
②簡易診断で依存度チェック
③身体・心理面への症状
④統計・症状の例
⑤ネット依存症の対策

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・中山秀紀(2015),「特集:現代の若者のメンタルヘルス 若者のインターネット依存」,日本心身医学会,55:1343-1352.
・河井ら(2011)SNS依存とSNS利用実態 日本社会情報学会全国大会研究発表論文集 26(0), 265-270, 2011
・大里貴子・松本さゆり・五味愼太郎,他「大学生におけるインターネット依存と学年ならびに日常生活状況の関連性に関する調査」,Campus Health,51,195-197,2014.
・佐藤 寛・松原正平・石川信一・高橋 史・佐藤正二(2014),「発達的観点に基づくインターネット依存の疫学調査」,研究助成論文集(50),68-76,明治安田こころの健康財団.
・中山秀紀(2015),「特集:現代の若者のメンタルヘルス 若者のインターネット依存」,日本心身医学会,55:1343-1352.
・大里貴子・松本さゆり・五味愼太郎,他「大学生におけるインターネット依存と学年ならびに日常生活状況の関連性に関する調査」,Campus Health,51,195-197,2014.