>
>
>

思いやりをもって行動「厳しすぎる認知を和らげる方法」

思いやり


思いやりをもって行動するための方法「認知の偏りをチェック」②

完璧主義な認知の偏りをチェックしよう!  

コラム①では、思いやりが持てない3つの原因と解決策をあげました。具体的な解決策は具体的には「 完璧主義な認知の偏りを見直す」「ポジティブストロークを贈る」「思いやりを行動で示す」でしたね。今回は、思いやりを持つ方法の1つ「 完璧主義な認知の偏りを見直す」について解説します。

自分や相手に厳しすぎる認知とは?

自分や相手に厳しすぎる認知とは、

・物事を白か黒かで割り切る。
・自分にも他人にも完璧を求める。
・完璧でなければ落ち込む

という完璧主義に偏った傾向があります。つまり、物事を良いか悪いかという極端な判断をしたり、完璧主義の考え方に偏ると、自分にも相手にも厳しくなりすぎてしまうのです。そのため相手に思いやりを持って接するようになるには、相手への厳しさを和げるようにすると良いでしょう。

厳しさを和らげるワークとは?

この相手に厳しくしすぎる考え方を、ちょうどよい状態に近づける方法として 厳しさを和らげるワーク があります。厳しい認知を和らげて思いやりの心を目指そう自分が相手に厳しくしすぎてしまう状況の考えに対して3つの質問をしていくワークです。その質問に答えていく過程でバランスの良い考えをみつけ、厳しさを和らげることができるようになります。

例題とともに具体的に説明します。最後にワークがあるのでやってみてくださいね。

例題                 
40代男性会社員のAさんは、自分に厳しいことから、業務のミスが少ない、責任感が強いと評判です。しかし、一方でミスをした部下を厳しく叱責してしまうなど他人にも厳しいためにうまく関係を築くことができないという悩みを持っています。Aさんは、完璧主義の認知の偏りから相手に厳しくしすぎてしまうことに気づきました。そこで、周囲の人に思いやりを持って付き合っていくために厳しさを和らげるワークを行うことにしました。  

<状況> 
昨日ミスをした部下を厳しく叱責した。 

<思考>
仕事にミスはあり得ない。集中していれば絶対にミスは起こらない。 

ここで、3つの質問で考えの幅を広げていきましょう。

質問1:その考えがその通りだと思える理由は?
A さんの回答:自分は仕事でミスはしない。自分は集中していればミスはないから。

質問2:その考えと矛盾する事実は?
A さんの回答:自分も若い時にはたくさんミスをした。集中していても絶対ミスが怒らないとは限らない。

質問3:その考えのままでいるデメリットは?
A さんの回答:他人との関係が悪くなる。自分を追い詰める。

 

A さんは、自分の完璧主義の考えから視野が狭くなり、結果的に自分も相手も追いつめていることがわかりました。そして、仕事でミスは防ぐべきだが、ミスは集中していても起こりうる可能性はあるという柔軟な思考に変化し、厳しさを和らげることができました。

それでは、練習問題をやってみましょう!

練習問題
あなたが相手に厳しく接してしまう状況を分析してみましょう。 

<状況> 

 

<思考>

 

 

質問1:その考えがその通りだと思える理由は?
あなたの回答:

 

質問2:その考えと矛盾する事実は?
あなたの回答: 

 

質問3:その考えのままでいるデメリットは?
あなたの回答: 

 

すべての質問に答えたら回答をまとめてみましょう。はじめの思考をバランスの良い考え方にするとどうなるでしょうか?

思いやりのなさは厳しさを和らげるワークで解消!  

練習問題はいかがでしたか。相手に厳しく接してしまう状況を分析し、厳しさを和らげるワークを行うことによって 

・完璧主義の認知の偏りに気づく
・自分にも相手にも厳しい考えから離れて違う考えがあることに気づく 
・相手の立場にたって考えることができる

などのメリットがあります。他者に思いやりが持てないという人は、自分の完璧主義な認知の偏りを見直し、厳しさを和らげてみましょう!

厳しさを和らげて思いやりの人を目指そう完璧主義の思考は誰しも持っているものです。しかし、その思考に飲みこまれ続けると自分も周囲の人も厳しくしすぎて追い詰めてしまいます。自分の思いやりのなさに気づいたらこの先どのように行動していきたいかに目を向けて、できることを始めてみましょう!

次回は、思いやりを持つ方法の1つ「ポジティブストロークを贈る」についてご紹介します。

★完璧主義は自分も相手も追いつめる!思いやりを持つために厳しさを和らげよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

*出典
竹田 伸也. マイナス思考と上手につきあう 認知療法トレーニング・ブック 心の柔軟体操でつらい気持ちと折り合う力をつける 逸見書房



認知の偏りをチェックしてみよう