>
>
>
思いやりのなさはポジティブストロークで解消!

思いやりをポジティブな言葉や態度で伝える-ポジティブストロークとは③

コラム②では、思いやりを持つ方法の1つ「完璧主義な認知の偏りを見直す」について解説しました。相手の立場に立った行動をとることで、厳しさを和らげていきましょうね。今回は、思いやりを持つ方法の1つ「ポジティブストロークを贈る」について紹介します。

ストロークとは?

ストローク(stroke)とはエリックバーンという心理療法家が提唱した概念で、「人の存在や価値を認めるための言動や働き」を意味します。言葉はもちろん、言葉以外(目を合わせる、うなづく、手を振る、頭を撫でる、さするetc.)のコミュニケーションも含まれます。ストロークは、円滑な人間関係に欠かせない要素となっています。思いやりを持つことができない状態を改善するために有効な手法です。ぜひ、取り入れていきましょう。

心理学におけるストロークは大きくわけて2つあります。

プラスのストローク
「プラスのストローク」は肯定的なストロークを意味します。やさしい言葉をかける・褒める・励ます・助ける・挨拶・ほほえむ・関心をもつ等が挙げられます。プラスのストロークで満たされている時、私たちはお互い思いやりをもった関係性を築くことができます。

例えば、笑顔であなたが接すれば、相手も笑顔になりやすくなります。こうして、プラスのストロークの循環ができ、お互いの思いやりが強くなっていくのです。まずは自分自身が、プラスのストロークを増やす!と決意を固めることが思いやりのある関係を築く上で大事になります。

マイナスのストローク
「マイナスのストローク」は受け取ると嫌な気持ちになるストロークです。邪魔をする・けなす・軽蔑する・見下す・にらむ等が挙げられます。マイナスのストロークが多いと、お互い普段なら気にもとめないような冗談にカチンとくる、鬱々とした気分になってしまいます。

人との接触を避け、お互いを思いやることができない関係性が増えてきます。そしてマイナスのストロークは、相手のマイナスのストロークも促します。例えば、あなたが思いやりもなく、冷たい態度を示せば、相手も冷たい態度になってしまいます。こうして、マイナスがマイナスを呼び、どんどんお互いの思いやりが名良くなって行くのです。

 

 

仕事が辛い時のストロークはネガティブになりがち

 

ポジティブ変換ストロークのワークとは?

ここでは、ポジティブストロークでコミュニケーションするためのトレーニングとして、ポジティブ変換ストロークのワークをご紹介します。ポイントは以下の2つです。

① 言葉のポジティブストローク
言葉をポジティブに投げかけていきます。欠点よりも、長所を中心に挙げ、結果よりも過程をしっかり認める習慣をつけます。また、たまにするのではなく、日々小まめにストロークをすることが重要です。

② 態度のポジティブストローク
態度をポジティブに投げかけていきます。言葉だけではストロークは未完成です。笑顔で挨拶する、親しい仲で同性であれば肩を叩く、握手をする、明るい声で褒める、感情を込めて長所を認める。こうした態度を大事にしましょう。

ストローク例題                   

 以前私が研修をした際の実例を元に例題をお伝えします。管理職Aさんは、部下が自分に業務報告をするときに委縮し、とても緊張していることに気づきました。Aさんは、「ここが間違っている。どうして君はそう注意散漫なんだ!」と日常的に睨みつけるように厳しく指摘します。自分の言動や態度が部下を委縮させてしまっていることに気づいています。そこで自分の言葉や態度を変え、もっとうまく部下と付き合うために、ポジティブ変換ストロークのワークを行うことにしました。

①言葉をポジティブストロークに変換
・頭ごなしに抽象的に叱るのをやめる
・ここを○○に修正した方がもっといいね
 などと具体的な修正ポイントを指す
・最後は
「期待しているよ」
「俺も昔は失敗だらけだった
「一緒に成長しような」
とポジティブなストロークをかける。

②態度をポジティブストロークに変換
・腕組みはしない
・相手を優しく見つめる
・最後は肩を叩く。

このように、ネガティブなストロークを減らし、ポジティブストロークへ変換することで思いやりを持つ上司になることができたのです。いかがでしょうか。皆さんはポジティブなストロークを心がけているでしょうか。ぜひポジティブなストロークを日々の生活で増やして行きましょう。

思いやりが持てない原因をポジティブストロークで解決

練習問題

最後に練習問題にチャレンジしてみましょう。あなたがネガティブなストロークで相手とコミュニケーションをとっている状況を分析してみましょう。  

<状況>

①言葉をポジティブストロークに変換

 

②態度をポジティブストロークに変換

 

すべての回答が終わったら、実際に同じ場面でポジティブストロークで相手と関わっている場面を想定して実際に練習してみましょう!

思いやりのあるポジティブストロークを!

練習問題はいかがでしたか。相手にネガティブストロークで接してしまう状況を分析し、ポジティブストロークに変換するワークを行うことによって  

・思いやりを増やすことができる
・暖かい関係性を築くことができる
・言葉と態度の2つの面から思いやり示せる

などのメリットがあります。ポジティブストロークで思いやりある人を目指そう

ポジティブストロークは対話の基本である(中田、1999)と言われています。ネガティブな言葉や態度は最小限にしなければ相手との対話はぎすぎすし、コミュニケーションがストレスになってしまいます。自分の思いやりのなさに気づいたらポジティブストロークを増やし、相手に思いを伝えてみましょう!次回は、思いやりを持つ方法の1つ「ユマニチュード・暖かい眼差し」についてご紹介します。

★ネガティブな気持ちもポジティブストロークに変換して思いやりのなさを解消! 

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

*出典・参考文献    
中田つかさ. (1999). 「対話を継続維持する」 ためには肯定的ストロークが必要不可欠であるという研究. 鈴鹿国際大学短期大学部紀要, 19, 23-47.



ポジティブストロークを贈ろう