>
>
>
自己紹介で面接に好感!長所の見つけ方

自己紹介‐応用編②長所の見つけ方・失敗を前向きにするコツ

コラム⑥では、緊張のほぐし方を解説しました。4つの手順を元に、緊張や不安を緩和して、自己紹介していきましょう。今回は、「自分の長所の見つけ方」としてリフレーミング技法を紹介します。

自己紹介では、相手に自分の特徴をプラスに捉えてもらえるような表現をすることが大切です。そんなポジティブな捉え方をしたいときに、リフレーミングは活用できますよ。

リフレーミング技法とは?

リフレーミングとは、出来事の枠組み(フレーム)を別の枠組みで捉えなおす方法です。リフレーミングは、さまざまな視点(多角的なフレーム)から考えることで、物事をポジティブに捉えることができます。

例えば、
・消極的
・暗い
・頑固
リフレーミングをすると次のように捉えることができます。

消極的 → 慎重に行動
暗い  → 落ち着いている
頑固  → 信念が強い

このように、自分が短所と思いがちなことも、リフレーミングすることで長所にかえることもできます。自己紹介など、自分をポジティブに捉えたいときにとても有効です。

短所を長所に変える

リフレーミング3つの方法

リフレーミングには「性格・状況・プラス価値」という3つの方法があります。それぞれの方法を用いて、自分の長所を引き出していきましょう。

①自分だからこそできる事をアピール

性格リフレーミングで捉えると、短所と考えがちな性格も、長所に変換できることが多いです。

例えば

作業が遅い ⇒ 仕事が丁寧

自分の性格だからこそできる事という考え方で、捉えなおすようにしましょう。

②失敗を前向きにアピール

状況リフレーミングで捉えると、失敗などの良くない結果もプラスに捉えることができます。

例えば

自己紹介カードに
失敗は最大のチャンス」と書き、
・○○の失敗から学んだこと
・失敗から新たな1歩を踏み出した
・○○の失敗で感じたこと など

失敗は意外と好感を持たれる要素です。自己紹介でのアピールポイントにしていきましょう!

失敗を前向きにとらえる

③自分の価値にプラスしてアピール

プラス価値リフレーミングは、今自分ができる事・持っていることに何かをプラスしたらさらに魅力になる!と考える方法です。

例えば

特技は似顔絵
→お店のPRに
(似顔絵付きのDMを作ってお客様にアピール)

趣味はお菓子作り
→栄養士の方とコラボ
(食べる人の健康にあったお菓子づくり)

自己紹介で自分の魅力を引き出すときには、この状況には「プラスの意味があるのでは?」と考えてみることが大切です。

長所の出し方・短所を長所に変える方法

短所→長所へ!自己紹介のコツを練習

ここからは練習問題にチャレンジしていきましょう。先ほどご紹介したポイントを確認しながら、リフレーミングをしてみてくださいね。

練習問題1
次の「短所」とかんがえられがちな言葉を、リフレーミングで「長所」ととれる表現に変えてください。

①飽きっぽい  →  
②あわてんぼう → 
③うるさい         → 短所と考えがちなことも捉え方しだいで長所に

 

出せましたか?

 

 

 

解答例
①飽きっぽい  → 素直・好奇心旺盛 
②あわてんぼう → 行動的・行動が早い
③うるさい   → 明るい・元気がいい

 

コツはつかめましたか?
もう少しチャレンジしていきましょう!

 

④気分屋    → 
⑤おしゃべり→ 
⑥感情的的 → 

⑦頑固       → 
⑧お人よし   → 
⑨神経質      → 
⑩心配性      → 

 

 

 

出せましたか?

 

 

 

解答例
④気分屋    → 気が付く・物事にこだわらない
⑤おしゃべり→ 社交的・頭の回転が速い
⑥感情的的 → 情熱的・人情がある

⑦頑固       → 意志が強い・信念が強い
⑧お人よし   → やさしい・人の気持ちを考える
⑨神経質      → 丁寧・清潔
⑩心配性      → 慎重・細やか

リフレーミングを活用して、自分の長所を整理する

練習問題はいかがでしたか。短所と考えがちなことも捉え方しだいで長所に変わります。自分にとって当たり前の事も、人にはキラキラ光る魅力になることもあります。今回ご紹介したリフレーミングを活用して、自分の長所を整理して自己紹介で活用してくださいね。

専門家の講義を受けたい方へ

ここまで自己紹介コラムにお付き合いいただき、ありがとうございました!ご紹介したスキルや考え方を元に、満足度の高い自己紹介を目指してくださいね。

そして最後に、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション教室への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★リフレーミングで短所を長所に!自己紹介で自分の魅力をアピール

目次

① 自己紹介必勝法の基礎
② 就職活動と自己紹介
③ 婚活自己紹介 男性編
④ 婚活自己紹介 女性編
⑤ 一般的なシチュエーション
⑥ 応用編-緊張をほぐす方法
⑦ 応用編-長所の見つけ方

助け合い掲示板

1件のコメント

コメントを残す

    • ひかり
    • 2020年3月26日 1:57 PM

    コメントさせて頂きます。
    ・注意力がない
    ・すぐキレる
    性格のリフレーミングをすると下記のような例があります。
    [注意力がない]をリフレーミング
    ・好奇心が高い
    ・行動に移すスピードが速いかもしれない。
    ・自分の思考に集中できている。
    [すぐキレる]をリフレーミング
    ・自分の意見や権利を主張できる。
    ・チームで働くときにリーダーとしての素質がある。
    ・意見や権利を主張できるということは影響力がある。
    使い方次第でこのような力を発揮することができますよ。
    性格や特徴のプラスの面を発揮させれるためには自分の個性を嫌うのではなく受け入れることからです。

    0
    返信する
    • 匿名
    • 2020年1月31日 11:12 PM

    ・注意力がない
    ・すぐキレる
    だったらどうリフレーミングしますか?

    0
    返信する

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→