>
>
>

誠実な人を見分ける3つの方法を臨床心理士が専門解説

誠実な人


誠実な人を見分ける3つの方法-臨床心理士が専門解説⑤

不誠実な人を見分けよう!

今回が「誠実」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

不誠実な人が見分けられない問題と3つの原因

コラム①では、不誠実な人を見分けられない3つの原因をご紹介しました。

・不誠実な人がわからない
・相手の言動を鵜呑みにしてしまう
・自分に自信がない

不誠実な人に過度に適応しようとすると、かえって自身のメンタル不全に陥る可能性があるので注意が必要でしたね。簡単診断できる「不誠実さを見抜けない度」セルフチェックで、自分の状況をまずは確認できましたか?まだの方はぜひトライしてみてくださいね。誠実な人を見分けることができない3つの原因

3つの原因を解決する具体的な方法

コラム②③④では、3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:客観的な視点を養おう!
1つ目の原因「不誠実な人がわからない」を解決するために、「ビックファイブ」、「Dark Triad」をご紹介しました。ポイントは以下の2つでしたね。

・ビックファイブの“誠実性”を知る
・Dark Triadの特徴を理解する

コラム②でご紹介した「誠実度チェック」「不誠実度チェック」の項目などをよく読んで、誠実・不誠実の特徴を理解しましょう。

2:認知行動療法
2つ目の原因「言動を鵜呑みにする」を解決する対処法。“不誠実”な相手の言動を鵜呑みにして思い込んでしまうのを防ぐポイントを3つご紹介しました。

・状況を「出来事」「認知」で整理する
・「出来事」は客観的に記述すること
・「認知」は「感情」と分けて考える

コラム③でご紹介した練習問題を繰り返しやることで、冷静に自分の「認知」を見定められるようになりましょう!

3:自己効力感
3つ目の原因「自分に自信がない」の対処法。自己効力感の高め方としてコツを2つご紹介しました。

・モデリング:うまくいっている人をよく観察する
・自己暗示:自分を励ます言葉を心の中で唱える

継続して成功経験を積み自信をつけることで、不誠実な人を見分けられるようになりますよ!

不誠実な人を見分けて、誠実な人を惹きつけよう!

「誠実」コラムでは、不誠実な人を見分けられない方・不誠実な人を見分ける方法を知りたい方・不誠実な人にうまく対応したい方向けに、誠実について正しい知識を解説してきました。

コラムを読み終えて「これなら自分でポジティブ思考になれそう!」と思っていただけたら嬉しいです。また。ご紹介した解決方法を実践する中で、あなたが不誠実な人を見分けることを邪魔していた3つの原因「不誠実な人がわからない」「言動を鵜呑みにする」「自分に自信がない」が少しづつ解消され、不誠実な人を見分けられる実感が沸いていただけたら幸いです。誠実な人を引き寄せよう

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「誠実」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!不誠実な人を見分けられるようになると、自ずと誠実な人も見分けられるようになり、自分の周囲の人間関係も豊かになっていくかもしれませんね。

まずは、ご紹介した技法や自主トレを使って実践してみてください。そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★3つの方法で誠実な人と不誠実な人を見分けよう



3つの方法で対処していこう