>
>
>
性善説を身に付けよう

性善説力を高める「まずは信じる法」とは③

コラム①では、性善説・性悪説について概観していきました。コラム③からは具体的な性善説の身に付け方を1つ1つより深く解説していきます。少しおさらいすると、「①まずは信じる法」「②ソーシャルサポート」「③現実検討力をつける」の3つでしたね。

今回は、性善説を身に付ける「①まずは信じる法」についてのコラムです。

信頼と安心の違い

「性善説」について理解を深める近道は「安心」と「信頼」の違いを知ることが大切です。

安心
→「しっかりとした根拠があり、相手を信じる」

信頼
→「しっかりとした根拠がなくとも、相手を信じる」

性善説と近い信頼と安心には、このような差があるのです。「あり」「なくとも」が重要です。ちょっとわかりにくいかもしれません。例えば、恋愛関係では、

安心
→「浮気をしていないか、相手のスマホを確認した
  異性とのやりとりはなかった!信じられる」

信頼
→「浮気をしていないか気になる。
  だが確認しなくても基本的に私は相手を信頼している。
  ありのままを信じよう。」

このような違いがあるのです。皆さんでしたら、この2人のどちらとお付き合いししたいと思いますでしょうか?ほとんど方は、確認しないで信頼してくれる性善説な人だと思います。

安心と性悪説

私たちは「安心できる人」=「性善説」というイメージがありますが、安心できる/安心できないという判断をしている時点で、性悪説な考え方なのです。

安心な家庭、安心な仕事、安心な生活・・・その安心するために私たちは多くの根拠を求めます。

例えば
・借金の保証人
・担保

などが挙げられます。賃貸物件契約においては、貸す相手をあまり信頼できなくても、保証人がいるから「安心」です。自分が損をしないことが明確な状況であれば人は「安心」するのです。しかし、「安心」を求めるということは、基本的に人を疑うこととイコールなので、性悪説な考え方だと言えるのです。

もう1つ例を出しましょう!

例えばの話ですが、あなたはある日
すばらしいビジネスモデルを思いつき、
起業をすることにしました。
しかし、残念ながら1000万円資金が足りません。

そこでまずは銀行にお金を借りに行くことにしました。

 

安心を求める銀行は、あなたの退職金を担保にして500万円貸してくれました。

しかし、もう担保になりうるものはなくなってしまいました。

もっと貸して欲しかったのですが、担保がないと安心できない!残りの500万円は貸すことができない!と言われました。

信頼してくれる性善説な投資家は
担保がなくてもOK!あなたを信頼します!
と500万円を貸してくれました。

あなたのビジネスは大成功。毎年1億円稼ぐまでになりました。さて!この後、担保がないと貸してくれなかった銀行と、担保がなくても自分を信用してくれて貸してくれた性善説な投資家か、どちらと関係を深めたいと思うでしょうか?

もちろん銀行には感謝をしますが、より信頼するのはあなたから担保を要求しなかった投資家の方が好感を抱くという方が多いでしょう。

信頼関係の理解を深める

このように、性善説な人は、裏付けがなくても相手をなるべく信じようとします。証拠がないと築けない「安心」な関係は実はもろいものでもあるのです。性善説を身に付けるには、根拠を求め過ぎず相手を信頼する習慣をつけることが大事です。

世俗的な言い方をすれば、「信じる気持ちが大切」としか言えないものが「信頼」なのです。騙されることや裏切られることが不安かもしれませんが、その不安と共に自分から相手を信頼すること気持ちが必要なのです。

人を信じて、信頼関係を築いていこう

少し長くなりましたが、性善説の本質を理解していただけたら幸いです。相手を疑うことが当たり前になっている場合、急に根拠もなく信頼するのは大変だと思います。

それでも、性善説を身に付けることで、きっと充実した人間関係が待っています。少しだけ勇気を出してこちらから根拠なく、信頼していきましょう。

次回は、性善説を身に付ける方法の2つ目「ソーシャルサポート」についてご紹介します。

★性善説を身に付けるには、「根拠なし」で信頼すること

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①性善説・性悪説-概観
②「愛着理論」との関係
③「まずは信じる法」とは
④「ソーシャルサポート」
⑤「現実検討力」を高めよう

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→