>
>
>
親近感を高めるポイントをまとめてチェック!心理の専門家が解説

親近感を高めるポイントのまとめ!心理の専門家が解説⑤

今回が「親近感」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

親近感のない生活環境では孤独感が増大し、死亡リスクが高まってしまう可能性があります。コラム①では、お互いの親近感が育たない3つの原因をご紹介しました。

・類似した部分のアピール不足
・共感力が低い
・自己開示の不足

コラム②③④では、3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

親近感を育てる3つの方法

1:類似性を見極めてアピールする
親近感が育たない1つ目の原因「類似した部分をアピールできない」を解決する方法。類似性に注目すると、お互いの親近感を育てやすくなります。ポイントは3つありましたね。

・外見(知覚的類似性に相当)
・時間(刺激や手がかりの類似性に相当)
・場所(概念的類似性に相当)

コラム②でご紹介した練習等を繰り返して類似するポイントに注目していくと、自然とその力も養われていきます。

2:共感力を高める
親近感が育たない2つ目の原因「共感力が低い」を解決する対処法。共感力を高めるポイントを3つご紹介しました。

・同じ経験をアピール
・苦労に共鳴する
・考え方の視点を広げる

コラム③でご紹介したポイントをと日常生活に当てはめながら実践してみましょう。

3:積極的な自己開示
親近感が育たない3つ目の原因「自己開示の不足」を解決する対処法。相手の心をつかむ「自己開示」のポイントを2つご紹介しました。

・事実を自己開示する
・感情を自己開示する

自己開示は事実を述べるだけでなく、楽しい、うれしい、やりがいがあるなど感情を加えながら話すと効果的です。

実感!親近感を感じてもらえる自分

「親近感」コラムでは、自分の中で親近感を育てたい方、相手に親近感をもってもらいたい方向けに、解説してきました。コラムを読み終えて「これなら親近感が育ちそうだ」と思っていただけたら嬉しいです。

親近感をもってもらえる自分を感じよう

ご紹介した方法を実践して、「類似した部分をアピールできない」「共感力が低い」「自己開示の不足」を少しずつ解消していきましょう。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「親近感」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!もっと専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。

コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★親近感がわく人になって、良好な人間関係を築こう



3つのコツを身に付けよう