>
>
>
愛情表現の言葉が苦手「ありがとう」で伝える

愛情表現の言葉「ありがとう」見つけ方・伝え方⑤

今回は、愛情表現が豊かになる方法のひとつ「感謝の言葉」について解説していきます。ありのままの自分を受け入れてくれる関りを増やして、人間関係を安定させていきましょう。

感謝の気持ち=幸福

みなさんは「ありがとう」の言葉を伝えていますか?夫婦や両親、友達など相手との付き合いが長くなると、相手に感謝の気持ちが薄れがちになってしまう…という人は多いのではないでしょうか。心理学の研究では、普段から感謝をすると幸福度が高まることが分かっています。

ここで、AllenW. Barton(2015)ら米国ジョージア大学の研究チームが468組の夫婦を対象に行った研究をご紹介しましょう。この研究では、感謝と幸福感の相関関係が示されました。

感謝=幸福
日常的に夫婦間で感謝できているかが幸福度の指標になる

積極的に伝える=関係修復
より積極的に感謝の気持ちを示す夫婦ほど、関係破綻の原因を乗り越えられる傾向がある

つまり、日常的に感謝する気持ちをもち、相手に積極的に伝えることで良好な人間関係を継続することができるといえます。

夫婦の愛情表現と幸福感また花井・宮本(2014)は大学生38名を対象にして感謝と幸福感の関連を調査したところ、感謝することが主観的幸福感を高めることが分かりました。主観的幸福感とは、自身の感情状態に加えて、家族・仕事など人生全般に対する満足を含む、広範な概念のことです。

このように、愛情表現のひとつ「感謝」と「幸福感」は密接に結びついています。感謝をたくさん見つけ、積極的に伝えていく事で幸福感を高めていきましょう

3つの手順!ありがとうを見つけて・伝える

さっそく、感謝を見つけていく具体的な方法を見ていきましょう。

本コラムでご紹介する方法は「ありがとう発見法」です。この方法は、夫がいなくなったら…母がいなくなったら…など「もしも〇〇がいなくなったら…」と考えることで、日々の暮らしにありがとうを見つけていく方法です。

ありがとう発見法の手順はこちら。

①〇〇がいなくなったら
②感謝の気持ちに変換する
③すぐに伝える

手順を「夫」の場合で確認していきましょう。

①夫がいなくなったら?
「もしも夫がいなくなったら…」どんなことが起きるでしょうか。出すときのポイントは、日常の些細な出来事にも、目を向けることです。

たとえば、
・毎日の悩みを相談できない
・給料が受け取れない
・子供が父親と遊べない

②感謝の気持ちに変換する
①で出した状況を感謝する言葉に変換してみましょう。

・悩みを聞いてくれてありがとう
・毎日休まず仕事に行ってくれてありがとう
・子供と遊んでくれてありがとう

③すぐに伝える
「ありがとう」が見つかったら、その場ですぐに相手に伝えることが大切です。素直な気持ちを添えて伝えてみてくださいね。

たとえば、
・いつもありがとう。本当にホッとできる。
・ありがとう。すごく楽しかった。
・気にかけてくれてありがとう!

家族がやってくれることが当たり前になりがちです。「もし夫がいなくなったら…」と考えると、夫の存在の大きさに気付け愛情表現をしたくなると思います。気持ちを伝える時には、言葉とタイミングにも工夫をしてしっかり伝えてくださいね。

・伝わる愛情表現「理由」をつけよう

「ありがとう」を見つけて伝えるだけでも十分な愛情表現にはなります。ありがとうの気持ちを受け取った相手は、うれしい気持ちになるでしょう。しかしもっと気持ちを込めるなら「具体的な理由」を言葉で伝えるといいでしょう。

たとえば
お弁当を毎日作ってくれる奥さんに対しての感謝を伝えるなら

朝早く起きて子供の世話で忙しい中、お弁当を作ってくれてありがとう」

ありがとうといいう一言より、感謝の気持ちが込もっているように感じませんか。「朝早く起きて」「子供の世話で忙しい中」といった理由をつける事で、相手への愛情表現がしっかりと届くようになります。

愛情表現が豊かになる言葉

・伝わる愛情表現「3つの非言語」を使う

感謝の気持ちを伝える愛情表現は「言葉」がベースとなります。ありがとうを見つけて、理由を添えたありがとうなら相手に感謝の気持ちは届くでしょう。しかし、言葉と同じくらい重要な要素が、表情、声の抑揚、姿勢などの「非言語」です。

たとえば、以下の表情で「あ、ありがとう・・・」とつぶやいたとします。みなさんならどのように感じますか?

気持ちがはいっていない…と感じる人が多いのではないでしょうか。せっかくの愛情表現が伝わらない事になってしまいます。感謝の気持ちを言葉に込めると同じくらい、表情や態度にもこだわりましょう。感謝の気持ちを伝える時には「表情」「視線」「姿勢」の3つをポイントにしてみてくださいね。

①表情
感謝の気持ちを抱いた時の嬉しい気持ちを笑顔で伝えると良いです。自然な笑顔は、顔全体の筋肉がほぐれていると作りやすくなります。笑顔が苦手だ…表情が硬いな…と感じた時は、頬、眉間、口角を意識して体操してみましょう。

・頬
頬がほぐれると顔全体が緩みます。
・眉間
意識してリラックスさせると、顔全体が優しい印象になります。
・口角
口角をしっかり上げると自然な笑顔になります。

②視線
自然な笑顔が作れたら視線も意識して取り入れてみましょう。感謝の気持ちを伝える場合は、相手の目を見るといいですよ。

③姿勢
しっかりと相手を向いて感謝の気持ちを込めて伝えましょう。背中越しや携帯電話を見ながらでの「ありがとう」では感謝の気持ちが伝わりません。また、腕組みや足組みは相手との距離を設ける意味になるのでNGです。

愛情表現の言葉ありがとうで伝えよう

良好なコミュニケーションは「言葉を伝える」だけでは成り立ちません。視覚や聴覚などさまざまな伝達方法を使って相手に伝わる愛情表現をしていきましょう。

感謝の言葉と態度で愛情表現を!

「愛情表現の言葉が伝えられない」「愛情表現が苦手だ!」という方向けに、愛情表現を豊かにする「ありがとう」の見つけ方、伝え方をご紹介しました。

ご紹介した方法をい実践する中で、日常には「ありがとう」があふれていることが実感できると思います。積極的に伝えて幸福感も高めてくださいね。

・専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「愛情表現」をテーマにしたコラムにお付き合いしていただき、本当にありがとうございました!人間関係において愛情表現は欠かせない要素です。愛情が健やかに育つ環境を作って、良好な人間関係を築いていきましょうね!

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★ 愛情表現が豊かになる言葉「ありがとう」を見つけて伝えよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・Howard J.Markman・Galena K.Rhoades・Scott M.Stanley・Erica P.Ragan・ Sarah W. Whitton(2010)「The Premarital Communication Roots of Marital Distress and Divorce: The First Five Years of Marriage」