>
>
>
シャイを克服する方法!

シャイを克服する方法!「ハードルを下げる」成功を積み重ねよう④

ハードルを下げてシャイを軽減

コラム③では、シャイな性格とうまく付き合うための方法の1つ「完璧主義を止める」についても紹介しました。今回はシャイな性格とうまく付き合う方法の見つめ「ハードルを下げる」について入試問題と合わせても紹介してきます。

シャイな人はハードルを上げる

そもそも、「ハードルの高さ」と「シャイ」がどう結びつきがあるの?と疑問に感じる方もいるかもしれません。大きな目標をもつことは、その目標に向かってチャレンジするという意味で、非常に有意義なことです。

しかし、そのハードルを高すぎると達成することが難しく、挫折や自分を嫌いになってしまうことも多く起こります。こうした失敗経験を重ねることで、「人間関係はうまくいかないもの」と言う思い込みが発生し、次第にシャイな性格を生み出してしまいます。そこで、ハードルが高すぎることが原因でシャイな性格が表れている場合は、自信を作り出す成功体験を優先していく必要があります。

コツは「低いハードル」

成功の回数を増やすポイントとしてはやはり目標設定です。コツは「低いハードル」です。ハードルを低くすることで、目標は現実的になり成功体験を積み重ねることができます。初めから大きな目標クリアしようとすると現実味がありませんが、目の前にある小さな目標を達成するのであれば、意外と簡単にできそうな気がしませんか?こうした低いハードルから始めていくときのポイントは

①現実的
②具体的

の2つです。この低いハードルの段階ごとに作成し、1つクリアできたら1段上に上がる、と言うように階段を登っていく形で最終的には大きな目標をクリアすることができます。この後の練習問題で、「現実的」で「具体的」な目標の設定方法を考えてみましょう!

達成できる目標設定の練習問題

まずは、現実的で具体的なハードルの低い目標の立て方を考えてみましょう。

練習問題1

30名が出席する心理学講座に参加するAさん、Bさんは、それぞれ講座での目標を設定しました。どちらの方が「現実的・具体的」だと言えるでしょうか。

〈Aさん〉
講座終わりに絶対に講師と仲良くなろう

〈Bさん〉
右隣の人に「こんにちは」と声をかけよう

 

 

 

解答
 ⇒Bさんの目標の方が現実的で具体的です。

現実的・具体的な目標立てるときのポイントは、「これならできそうだな」と考えられる目標を設定することです。社交的な人で、適切な手順を踏めば、講師と仲良くなることができるでしょう。この点はあなたができそうであれば問題ないです。しかし、この目標は「仲良くなる」というだけで具体性がまるでありません。

一方で、右隣の人に「こんにちは」と挨拶する、というのはハードルも低いですし、何をするかが明確です。仮に、右隣の人が苦手なタイプだったり、不機嫌な顔をしていても「こんにちは」と言うだけでOKなのです。そこからうまく話しが弾めば、ラッキーですね!

 

練習問題2
もう一問、現実的で具体的な目標設定を考えましょう。会話力講座に参加するAさん、Bさんは、別の目標を立てています。どちらの目標が「現実的・具体的」でしょうか?

 

〈Aさん〉
とにかく多くの発言をしよう

〈Bさん〉
グループワークでは、「私は〇〇だと思います。」と自分の考えを1回以上は発言する

 

解答例
⇒Bさんの目標の方が現実的・具体的

Bさんの良いところ誰もが「数字」を使っていることです。例題のAさんの場合、「たくさん」という言葉を使っていますが、人それぞれ感覚は違いますよね。Bさんの「1回以上」という具体的な数字は、誰もが判断できる基準です。

それに、「グループワーク以外は話さなくてもいい」「私は〜だと思います」1回話すだけでいいと考えると、気持ちが楽になってくるかと思います。さらにBさんのように分かりやすい判断基準は、成功した時の成果も明確にしてくれます。そのことで、小さな行動でも大きな達成感が得られるはずですよ。

小さな成功がシャイを軽減!

現実的、具体的な目標設定の練習問題はいかがでしたか。このような目標は、紙に書き出しておくと意識も高まります。もちろん、スマホなどにメモをするデジタルのやり方でもOKです。

重要なポイントは

目標設定

行動する

振り返る

というプロセスを明確にすることです。ハードルを低く設定して、それを1段1段クリアして登っている実感があれば、シャイな性格を抱えながらも自信を持って他人と接することができます。

例えば、
・苦手な人でも一度「こんにちは」と挨拶してみる
⇒意外と明るく返してもらえた!

・相手がどんなリアクションをするか不安だけど、反対意見を伝えてみよう
⇒相手が頷いてくれた

など、「行動できた!」「意外といい結果だった!」という小さな成功体験を積み重ねることが、シャイな性格と上手く付き合っていくポイントです。できることか一つずつ取り組んでいきましょう。

これまでのコラムを、通して自分のシャイ傾向によって多くの対処法があるとお分かりいただけたけたかと思います。ぜひ、自分に適した方法を見つけて、シャイな自分をうまく活用していくようにしましょう

次回は、シャイコラムのまとめとしてお伝えしてきたポイントをご紹介していきます。一緒に確認していきましょう!

★シャイな性格はハードルを低くすることでメリットに変わる

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



成功を積み重ねよう