>
>
>
シャイを受け入れる

シャイを受け入れることで改善する「森田療法」とは⑤

コラム④では、シャイを克服する3つ目の方法「ハードルを下げる」について対処法を解説していきました。小さく目標設定をして無理なく緊張する場面に向かっていきましょう。今回では、シャイを克服する方法の4つ目「緊張を受け入れる」についてご紹介していきます。

シャイを克服する森田療法

森田療法という心理療法を聞いたことがありますでしょうか?森田療法とは森田正馬という人が提唱した、主に神経症へアプローチした心理療法です。森田療法の理論は神経症だけでなく、うつ病などの気分障害にも用いられることがあります。

また、結構ストイックな心理療法なのですが、シャイを克服するためにかなり有効な考え方があります。シャイだった筆者の川島はとても森田療法が役に立ちましたた。身を持っておススメできる心理療法の1つです。

今回は森田療法の考え方を具体的に紹介していきたいと思います。

恐怖突入
恐怖突入とは恐怖心が現れた時に、逃げずにこらえ、恐怖へと突入していくことを言います。恐怖心から逃れようとするほど、ますます不安が増幅する性質があります。

回避は短い間しか効果が発揮せず、長期的に見れば、症状を悪化させてしまうのです。恐怖の性質から、森田療法では恐怖に左右されず、目的に従って恐怖の中に突入していくことを指導されます。なかなかストイックですね(^^;

あるがまま
もう一つ森田療法の理論で有名な考え方を紹介します。それは、”あるがまま”です。あるがままとは、気分や症状は起こるままに受け入れ、すべきことに目を向けていくというもの。

沸き上がるや症状に振り回されず、今やるべきことに集中することを指導されます。そのため、シャイがあったとしても無理に打ち消さず、シャイでありながら目的を達成するために行動していこうとするのです。

「恐怖に突入せよ」
「シャイでもOk」
「シャイを強引に抑えない」
「素の自分であれ」

これが森田の根本的な考え方になります。

シャイを強引に抑えない

「強引に抑えない」についてさらに解説を続けます。

「恥をかいてはいけない」という意識が不安を大きくし、ミスに繋がってしまうはら、いっそ不安な気持ちを抑えこもうとせず、あるがままに受け入れてみてはいかがでしょうか。

先ほども紹介した「森田療法」の考え方では、「不安」や「緊張」は危害を加えるものではなく、人間の自然な感情であると考えました。

森田療法では、不安や緊張は打ち消す存在ではなく、むしろ自然なものとして受け入れることが大切だとしています。そして目の前のやるべきに「ただ集中する」それが「あるがまま」ということなのです。

シャイを受け入れられる人の特徴とは?

シャイで積極的になれない人は、緊張の受け入れることでことで改善できることがわかりました。では、実際を抑えず、うまく付き合えている人はどのような特徴があるでしょうか?「考え方」と「行動」に分けて比較してみましょう!

このように、緊張しづらい人は「シャイは自然なこと」「シャイでもOKだ」と、感情を受け入れていることがわかります。シャイを否定せず、自然なこととして受け入れることが改善の近道だと考えることができます。

では、ちょっと事例を挙げて解説をします。

<事例>
「強引に抑えようともがくAさん」
「あるがままに恐怖突入できるBさん」

の比較をしてみましょう。シャイな二人は婚活をスタートしたばかりで、不安を感じていました。お見合いパーティーに参加して、トーク時間での2人に以下のような違いがありました。

Aさん:不自然にならないようにシャイを隠そうと努力する
     緊張がピークに達して、無言になり会話から逃げるように

   ⇒×Aさんは緊張に抗い、本来の目的から逃げてしまっています。
 
  Bさん:シャイで緊張していたがトークを続けよう
    失敗した部分もあったが、異性と会話を続けることができた
 
   ⇒○Bさんはシャイをあるがままにし、恐怖突入しました。
 

緊張や不安に振り回されない努力を

繰り返しになりますが、失敗への不安、緊張が出てしまったら、
「シャイを抑えこまない」
「ごく自然なこととして受け入れる」
のが重要です。シャイは実は、長時間持続することはありません、シャイは自分を受け入れて、不安や恥ずかしさを抱えながら一生懸命話すことに集中していけば、5分間程度でだいぶリラックスできるものです。

逆に、シャイを受け入れず、抑えこもうとするほど問題は悪化して改善が遅れてしまいます。シャイば人間の機能の1要素です。恥ずかしいことではありません。是非「あるがまま」の気持ちを持つようにしましょう(^^)

今回は少しストイックな心理療法の紹介でした。次回は、シャイコラムの最後です。これまでご紹介していきた方法をおさらいしていきます。一緒に確認しましょう!

★シャイな気持ちは自然なこと!恐怖突入で緊張しながら前に進もう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく、実際に心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は心理学講座、実践練習をしたい!という方は社会人講座をお勧めしています。私たちが講義をしている講座となります。それでは次のコラムへ進みましょう!