>
>
>

人見知りする原因「自意識過剰」対処法と人付き合いのポイント

人見知り


人見知りする原因は「自意識過剰」対処法と人付き合いのポイント②

人見知りは考え方の改善から

コラム①では、人見知りになってしまう3つの原因と解決策をあげました。人見知りを克服する方法は「①事実集めで考え方を修正」「②思考パターンをほぐす」「③小さな目標を達成する」でしたね。今回は、人見知りを克服する方法の1つ目「事実集めで考え方を修正」について、練習問題を交えながら解説していきます。

人見知りの原因

自意識過剰が引き起こす人見知り

人見知りの方の中には、

・人の目が気になるから、
 話しかけるのはやめよう…

・どう思われるかわからないから、
 
発言は控えよう…

と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。このようなタイプの人見知りさんは、ちょっと自意識過剰なのかもしれません。あなたが気にしているほど、他人はあなたを気にしていないものです。

自意識過剰でコミュニケーションの機会を逃してしまうのは、少しもったいないですよね。。とはいえ、急に「気にするな」と言われても、簡単にはできないと思います。そこで今回のコラムで、対処法を提案させて頂きます。

確認できな事実に悩まないようにしよう

自意識過剰な人見知りに対処する方法が、「事実集め→考え修正法」です。言い換えると、「根拠のないことにくよくよしない!」ということです。

例えば、
「周りの人は僕のことを
 会話が下手でつまらない!
 と思っているに違いない!」

と考えたとします。しかし。これは根拠があるのでしょうか?実際にその人に聞いたわけではないのです。もしかしたら、相手は恥ずかしがりやな自分に好感を持っているのかもしれません。

このように事実がないのに、頭の中でどんどん妄想を膨らませることをやめるようにしましょう。

事実集めが得意になると、
・必要以上に悩まなくなる
・思い込みが減る
・冷静な視点を持てる

というメリットがあります。客観的に自分を見ることができて、人見知りに対する考え方がラクになります。確認できない事実に悩まない!これが人見知りな自分とうまく付き合うコツの1つです。

事実ベースで考える練習問題

それではここで、練習問題に取り組んでみましょう。「事実集め→考え修正法」のコツは

・本当にそうなのか?
・根拠はあるのか?
・ない場合は考え方修正

という視点で行います。まずは例文にある考え方を、事実を意識しながら修正してください。

練習問題1 
あーあ、今日の服、似合ってないな。みんな私を見て、「うわー、似合いもしない服着て変な人だ」って思っているだろうな。

「事実集め⇒考え修正にチャレンジ」

→ヒント
・本当にそうなのか?
・根拠はあるのか?
・ない場合は考え方修正

 

解答例
⇒冷静に考えたら、みんながみんな、そんなことを思うはずがない。
⇒視線が気になると思ったけど、よく見たら私の服装なんて見ていない。
⇒根拠がないことに悩むのはもったいない

 

考え方を修正することができましたか?
それでは、次の問題にいってみましょう。

 

練習問題②
私は話すスピードが遅いから、周りの人はいつもじれったく思っているだろう。早くしゃべって!と怒られるくらいなら、しゃべるのをやめよう。

「事実集め⇒考え修正にチャレンジ」
・本当にそうなのか?
・根拠はあるのか?
・根拠が場合は考え方修正

解答例
⇒話すスピードが速いか遅いかなんて、
 誰も気にしていないだろう。
⇒実際に怒られたわけではない。
⇒根拠のないことで悩むのではなく、
 伝えるべきことをしっかり伝えよう。

いかがですか?自意識過剰が原因でコミュニケーションを避けたくなったら、まずは自分の考え方と向き合い、修正してみましょう。

「あれ?そんな小さなこと気にしなくていいかも!」
「誰も意識してないのに、気にしすぎだったかな」

など、ちょっと思い込みすぎていた自分に気付くことがあるかもしれません。

人見知りの特徴

自分の問題でチャレンジ

最期に自分の問題で取り組んでみましょう。

「あなたはFACEBOOKで同じ趣味の異性と連絡を取るようになりました。せっかくなので会いたいと言われ、OKを出しました。しかし、直前になると人見知りな心が出てきて、緊張と恐怖が出てきました。あなたの頭の中にどんな考えが巡りますか?」

・本当にそうなのか?
・根拠はあるのか?
・根拠がない場合は考え方修正

根拠がないことは気にしない♪で人見知りの改善を

事実を意識する練習はいかがでしたか?自分の考え方を見つめ直し、修正するコツがわかっていただけたでしょうか。慣れない方もあまり固く考えず、気軽な気持ちで取り組んでみてくださいね。

たった一つの、しかも自分が思い込んでいるだけのことで、「コミュニケーションは避けよう」「会話はもうしない」と思ってしまうのは、大変もったいないことです。

逆の立場ならいかがですか。あなたは「服が似合っていない」「話すのが遅い」という理由だけで、その人を嫌いになりますか?きっと、そんなことでは嫌いにならないはずです。相手もそうです。あなたのことを、そんな小さな理由で嫌いになったりはしないのではないでしょうか?!

ゆっくりでOKです。少しずつご自身の考えを修正してみてください。次回は、人見知りを克服する方法の2つ目「思考パターンをほぐす」についてご紹介します。

★自意識過剰な考え方の修正が人見知り克服のカギ!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



事実確認で思い込みを修正しよう